インド滞在に必要な持ち物リスト!これだけは日本から持っていきたい!

インド滞在の持ち物リストイメージ

インドでいざ生活をはじめるために、必要な物って気になりますよね。

インドでは日本だとすぐ買えるような品がなかなか手に入りにくいので、一度滞在を始めると調達が難しいのが現状です。

スポンサーリンク

そこで、インド滞在経験者の日本人女性Fさんにおすすめの「これだけは日本から持って行くべき!」というインドへの持ち物の必需品リストを作成していただきました!

ではさっそくいってみましょう!

インド滞在に必要な持ち物リスト

旅行に持っていく物

私がインドで2年間生活をしていて、日本から持ってきた方がいいものを全てリストアップしてみました。

インド旅行から長い滞在まで、ぜひ参考にしてください♪

日本から持っていった方がいい物リスト

【電子機器】

  • 変換プラグ
  • カメラ
  • スマホ(SIMフリー)
  • ノートパソコン(もしくはiPad)
  • 電子辞書
  • Kindleなどの電子書籍

【日用品】

  • 歯ブラシ
  • マスク
  • 帽子
  • 筆記用具
  • 扇子
  • 爪切り
  • 英単語や英会話の本
  • スリッパ

【衣類】

  • 長靴
  • 汗を吸いやすい下着(ユニクロのサラファインとか)
  • ジーンズ&スニーカー
  • 薄手のカーディガン
  • ウインドブレーカーなど薄手の防寒具

【医薬品】

  • 常備薬
  • 虫さされ用の薬
  • 冷えピタ&体温計

【食品】

  • 日本の調味料(顆粒だし)
  • インスタントみそ汁
  • おかき
  • フリーズドライの雑炊

【女性向け】

  • 折りたたみの日傘
  • 勝負下着
  • ストッキング
  • パンプス
  • よそいきのワンピース
  • 化粧道具
  • コットン
  • 髪飾り

ふ~こんなところでしょうか。結構ありますね…(^^;)

それでは、それぞれについて詳しくご説明していきましょう。

電子機器:カメラやPCは使い慣れた物を持っていこう!

タブレットとカメラ

変換プラグ

日本の製品の充電や利用には変換プラグが必要です。インドの場合、B3かCが主流です。
一つのプラグでいろんな形状に対応出来る物をもっていると安心です。
変換プラグは何個か持って行くと便利ですね。

カメラ

使い慣れているカメラでインドの景色をバッチリおさめましょう。
ちなみに私はソニーの一眼デジカメを持っていったのですが、インドの国内旅行の途中でファインダーに傷が入り、壊れてしまいました…。
インドはホコリが多かったり湿気が高くて保管状態がよくないので、密閉容器や乾燥剤なども揃えておきたいところです。

スマホ(SIMフリー)

インドではiPhoneから格安ケータイまで様々な種類の携帯が売られています。
サムスンのスマホは手頃でインド人にも人気が高いですね。ただ、インドの携帯だと日本語表示や日本語入力が出来ない場合があるので、日本でSIMフリーの携帯を買ってインドでSIMを買う使い方が使いやすくておすすめです。

ノートパソコン(もしくはiPad)

旅の思い出や調べ物をするのにパソコンは必需品です。
私はインドに来る前にMacBook Airを買いました。こんな高価な物盗られたらどうしよう…とおののいていましたが、全くそんな気配はありませんでしたね(観光地や田舎には持っていかない方がベター)

電子辞書

仕事で英語を使うとき、わからない単語をさくっと調べられるので便利です。
頻繁に使う方は、予備電池も備えておくとよいでしょう。

Kindleなどの電子書籍

インドにいると、無性に日本の活字が恋しくなります…。そんな時に、電子書籍があればかさばらず、お気に入りの作品を楽しむことができます。

日用品:日本の高い技術力による歯ブラシや文具は必携!

日本の歯ブラシ

歯ブラシ

インドの歯ブラシはヘッドがとてつもなく大きいので、日本のコンパクトな歯ブラシがおすすめ。というか絶対必要!!まとめ買いしておきましょう。

マスク

インドに来たての時は、街の排気ガスがすごいのでマスクをしていました。慣れると必要なくなります。(というか、していると目立ちます…)

帽子

インドの強い日差しを防ぐためには、つばの広い帽子を持参した方がよいです。インドの帽子はデザインや形がイマイチだったりするので(^_^;)

筆記用具

日本の高性能なペンやノートはインドでは手に入りません。日本の文具はインド人にも人気なので、安価なペンをたくさん買ってお土産にしてもいいかも。

扇子

折りたたみ扇子があると、旅行や移動の時に大変役に立ちます。なんといっても暑いので…><

爪切り

日本の小さくて使いやすい爪切りは本当に便利!!!ひとつは持っていきたい物です。

英単語や英会話の本

インドに行って痛感する、英語力のなさ…。勉強しなきゃ!と思っても、勉強のための本がない!となりますので、先に持っていきましょう。

家でご飯を食べる時は、手よりもフォークよりも、やっぱり箸でしょ!

スリッパ

インドでは、基本的に室内にいるときは、日本と同じように裸足です。ただ床がほこりっぽいので、スリッパがないと足の裏が真っ黒になります(笑)

衣類:雨用長靴&意外に必要な防寒具は忘れずに!

長靴

インドのモンスーンの時期(7月~9月)は常に雨がふっており、時にはくるぶしくらいまで水かさが高まることもあります。インド人はサンダルでその中を歩くのですが、日本人にとっては衛生面が不安ですよね。そんなとき、長靴があればザブザブ歩けて安心です。

汗を吸いやすい下着(ユニクロのサラファインとか)

暑いインドでは、とにかく汗をかきます。吸収性の高い下着を揃えて、少しでも快適に過ごせるようにしたいところです。

ジーンズ・スニーカー

インドでは、西洋スタイルの服は結構値段が高いので、日本から持ってきた方が無難です。
そして、インド人は足がすっごく長くて細い!!!インド人サイズのジーンズを日本人が履くとトホホ…な状態になります。

薄手のカーディガン

インドは外は暑いですが、室内は冷房がギンギンなので肌寒いです。いつでもどこでもコンパクトに持ち歩けるカーディガンが必須です。

ウインドブレーカーなど薄手の防寒具

11月頃には意外と冷えるので、さっと羽織れる物があるといいですね。北の方は気温が低いので(1月は普通に寒かったです)、風を通さない上着が必要です。

スポンサーリンク

薬:効きすぎるインドの薬より、飲みやすい日本の薬を常備

常備薬

インドの薬局でもらう薬は、大きさも色も海外仕様で飲みにくいです…^^;
しかも、薬によっては異様にすぐ効くので、「含有量の規定は大丈夫なのか…」と不安になることも。
胃腸薬・便秘薬・頭痛薬・風邪薬・鎮痛剤など、使い慣れた日本の薬を揃えておくと安心です。

インドの薬
<インドのお薬>

虫さされ用の薬

インドでは、蚊や名の知れない虫に刺されることが多かったです。インドにもクリームのかゆみ止めはありますが、「ムヒ」や「キンカン」のようにスーッとするタイプも欲しいところです。

冷えピタ・体温計

日本の技術力!熱が出た時に、海外であれこれ買うのは本当に大変です。
冷えピタや体温計など、サッと出せるようにしておくとよいでしょう。

食品:やっぱり欠かせない!日本の調味料はかさばらない物をチョイス

味噌汁

日本の調味料(顆粒だし)

インドでも、野菜やお肉を買えば日本料理を作ることができます。
でもやっぱり、日本食に欠かせないのは調味料。本当は、しょうゆ・みりん・日本酒が揃っていると嬉しい限り。もしくはめんつゆ代用でもOKですが、重たくて持ってくるのが大変という場合は、せめて顆粒だしを持っていきましょう。軽くておすすめです♪

インスタントみそ汁

インド食に飽きたり、胸やけ・胃もたれしてしまう…という時にほしいのが日本のお味噌汁。
こちらもインスタントのみそ汁にすれば、かさばらずに日本の味を楽しめます。

日本の控えめな甘さの飴は、インドでは手に入りません。また、飴はベジタリアンのインド人でも安心して楽しめるお菓子のひとつ。出張時にお土産にあげると大変喜ばれます^^

おかき

インドにもポテトチップスやクッキーなどのお菓子はありますが、たまに猛烈にほしくなるのが日本のおかき。おかきならではの感触がたまらない~~~!こちらもベジタリアンのインド人もいけるので、お土産に最適でオススメ♪

フリーズドライの雑炊

風邪を引いた時に、こういったものがあると本当にホッとしますね…。フリーズドライの技術革新に乾杯!

女性向け:フォーマルな場に出る場合も想定したファッションを揃えて

スーツケースに持ち物をつめる

折りたたみの日傘

インドの日差しは本当にきついので、日本人女性にとって日傘は必需品だと思います。インドで使っていると、現地人からはかなり不思議な目で見られますが、そんなことは気にしていられません!

勝負下着

これ、意外に必要な時にないと困るもの。インドでは、サイズが合ってかわいい下着ってなかなかないんです。上下揃っている物を買おうと思うと意外に高いし…。2セットくらいは日本のかわいい下着を用意しておきましょう。いざという時のために!

ストッキング・パンプス・よそいきのワンピース

この3点セットは、インドでオフィシャルな場に出向く時に必要な物たちです。
いい物を買おうと思うとこれらも高くつくので、日本から持ってきた方が無難です。

化粧道具

こちらも日本で使い慣れたものを使った方が絶対よいです!ビューラー・マスカラ・チーク・ファンデーション・アイシャドウなど、日本のものを一通り揃えていきましょう。

コットン

インドでは肌が乾燥しやすいため、普段のスキンケアはもとより、化粧水を含めてパックに使うのもいいと思います。(インドにパックは売ってないので…)

髪飾り

こまごました髪飾りは、インドではデザインがださかったりするので、日本の100均とかで諸々揃えておきましょう。

★一言メモ
インドの特にムンバイは湿気が多いので、あまり高価な皮や上等な服を持っていくと、モンスーンの時期にはかびてしまう可能性もあるので要注意!あくまで日本の安めの洋服で、よそいき用も揃えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

インドで実際に暮らすとなると、旅行と違って細々とした物が必要になってきます。

私はインド滞在中にドバイに旅行したとき、一番盛り上がったのは「ダイソー」を見つけた時でした(笑)

駐在員の方々などは、よくシンガポールやタイに買い出し旅行に出かけています。

知り合いの駐在員は、日本から帰る飛行機の機内持ち込みで生卵を持ち帰り、インドで1年ぶりの卵かけ御飯を楽しんだそうです(笑)

それほど日本の物資が足りていないインドですが、逆にこれはインドでも買えるという物もあります。

「これはインドでも買える!」物リスト

ティッシュやスキンケアなど、「これはインドでも買える!」物リストをご紹介しますね。これらは現地調達できます^^

インドで現地調達可能な商品
  • トイレットペーパー
  • ティッシュ
  • 携帯の除菌ジェル
  • スキンケア用品(化粧品やクリームなど)
  • シャンプー&リンス
  • 生理用品

インドのスキンケア用品
<インドのスキンケア用品>

女性で気になる方は多いかと思いますが、生理用品は意外と揃っているインド。

ナプキンも薄型から夜型まで多種多様に揃っています。

ちなみに、インドで生理用ナプキンを普及させた男性の実話を映画にした「パッドマン 5億人の女性を救った男」という映画が日本でも公開されました。

「パッドマン 5億人の女性を救った男」

彼のおかげで、日本の女性もインドで快適に過ごせる訳ですね^^

さいごに

インドへの持ち物リストのご紹介でした!

インドといえど、デリーやグルガオンには日本の調味料などを買えるところも増えてきていますが、まだまだ十分とは言えません。

日本を発つ時には荷物制限もあるかと思いますので、はじめは必要最低限の荷物を持っていき、後から家族や友人から送ってもらうという手もあります。

ちなみに、私が送ってもらった荷物はこんな感じです(笑)

日本からインドへの贈り物

送り方はちょっと難しいですが、日本からインドにもきちんと荷物は届きますのでご安心を^^

その他、インド滞在関連記事はこちらです。良かったらインドにふれていってください♪

日本人がインドで働く方法について記事にしました。

インドで働く男性インドで働く方法は?女性は危なくないの?インドで就職した日本人が解説!

インドで一ヶ月暮らす生活費についてまとめました。

インドのリクシャインドの生活費!一ヶ月にいくら必要?食費や家賃など気になる費用を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。