JAW(日本と愉快な仲間たち)管理人より

地球と太陽

こんにちは!
JAW(日本と愉快な仲間たち = japan and world .net)管理人のヤナです。

当ブログは、難しく感じる国際情勢をわかりやすく、時には面白おかしく紹介しよう!と思ったのがきっかけで始めました。

なぜなら、日本は第二次世界大戦後、戦争や紛争もなく平和に発展することができました。世界中で戦争、紛争、飢餓が日常的に起こっている国もあるような中、おおむね私たちは幸福に生きてくることができました。

これは地理的なものや外部環境など様々な要因があると思いますが、先人の知恵と努力によるところが大きいでしょう。先人と言っても、国を動かす政治家や官僚のことばかりではありません。

私は、日本の国民1人1人が賢く頑張って生きてきた結果だと思っています。

そのため、今後も私たちは学び続けて、より良い日本の未来を選択していく必要があります。

しかし政治や経済、外交って難しくないでしょうか?難しいと言うよりややこしい(^_^;)

フウクマ

私も最初、社会が苦手だったわ!

これは私たち一般国民だけの感覚ではないよ。

パパクマ

面白いお話があります。

1939年の日本の平沼首相は国際情勢がわからなかった!?
昭和14年(1939年)、第二次世界大戦の直前で日本は国難の真っ只中の時期でした。非常に難しい舵取りが必要な時期、内閣総理大臣は平沼さんという方です。しかしこの平沼首相はなんと在任約7ヶ月であっさり辞めてしまいました。
その時に言い残した言葉が、「欧州情勢は複雑怪奇なり」でした。

要約すると、「ヨーロッパの国々が何考えているか私にはわかりません」です。ドイツとソ連の動きが予想より大きく想定外だったため、このような発言に繋がりました。

残念な発言だけど、本心だったのだろうね。。

パパクマ

その後、日本がどうなっていったかはご存知の通り、戦争に突き進み大敗しました。

当時のヨーロッパは非常にややこしい情勢だったと思いますが、首相がこんな状態ではその国の国民は不幸と言わざるを得ません。

そこで、現在日本は平和を享受できてはいますが、いつまでもこの平和が続く保障はどこにもありません。

その時その時の政府がきちんと稼働しているか、敬意を持ちながら監視する必要があります。偉い人たちも人間ですからね。

しかしその時に政治や経済、国際情勢が「複雑怪奇なり」を理由に学んでいなかった場合、何が正しい政策なのかがわかりませんよね。政治家に丸投げすることになります。

政治家も失敗して取り返しのつかない方向へ進むことだってあるからね。

パパクマ

フウクマ

私たち1人1人が自分の国の未来に責任を持つのね。

そこで、冒頭の当ブログ「日本と愉快な仲間たち(JAW)」を始めた理由につながります。

難しい国際情勢をわかりやすく、可能なテーマの場合は面白おかしく書いて、読みやすくなるようにしています。

記事を書いて編集しているのは管理人のヤナイです。
職業はシステムエンジニアで趣味はバラの栽培です。柔道は初段で剣道もしていますが、非常に弱そうな見た目をしています(^_^;)

記事の途中で、上でも何度か登場したフウクマとパパクマという2匹の親子グマが登場します。この2匹と一緒に国際情勢や政治経済、暮らしにまつわるお金のことなどをご紹介していきます。

フウクマ

よろしく!私も社会を勉強中なの。

よろしくお願いします。

パパクマ

より良い日本の将来をつかみ取っていきましょう!

当ブログを訪問されたあなたに幸福が訪れ、素晴らしい未来がありますように。

2 COMMENTS

馬渡・Y

大変良いお方に巡り会えました。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
大宮駅で日本交通埼玉のタクシー運転手をしております。
趣味 カラオケ 
大切にしてる事 感謝、謙虚、誠意
信じてる物 来世と未来
今の自分を良い方向に向かわせれば自分に関わる人たちも良い方向に向かうはず
と信じて居ります。

返信する
ヤナイ

馬渡・Yさん、こんにちは。

とても嬉しいコメントをありがとうございます。

> 大切にしてる事 感謝、謙虚、誠意

素晴らしいです。私も今まで生きてきて、これらが一番大切だなと思います。

> 信じてる物 来世と未来
> 今の自分を良い方向に向かわせれば自分に関わる人たちも良い方向に向かうはず

実際にそうだと私も思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。