憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!

長女が、学校で憲法9条について、学んできたようです。

そして私に、こんな質問がありました。

「どうして、憲法9条では禁止されている軍隊が、日本にはあるの?

です。

おお!これはまさに、私も小学校高学年の時に、
大人達にぶつけた質問です。

なんだか感動p´Д`q ゚


そこで、できるだけ簡単にわかりやすく、説明して聞かせました。


長女は納得してくれたので、今回は、日本国憲法の3大原則の1つ、
平和主義について定められている憲法9条を、簡単にわかりやすく
問題点についても、ご紹介しますね。

憲法9条とは?簡単にわかりやすく

ミニ兵士


憲法9条とは、わかりやすく言うと、次の3つのことを定めています。

  1. 戦争を放棄します
  2. 戦力を持ちません
  3. 国の交戦権を否定します


非常にシンプルですね。

戦争をしませんし、戦力も持ちません。
交戦する権利すら認めません


とても平和的で、人類の理想ともいえる内容です(#^.^#)


ただ、憲法9条は、とてもシンプルな内容ですが、
シンプル過ぎて具体的ではなく、そのままでは、
現実とかけ離れているのが問題となっています。


次で、憲法9条の問題点を見てみましょう。

憲法9条の問題点は?現実に合っていない

憲法9条自体は、素晴らしい内容でしたが、
実際には、現状と合っていないところが、問題点となっています。


まずは、条文を引用します。

~引用ここから~

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

出典:

~引用ここまで~


では、どのあたりが現実と合っていないのでしょう?

それは、次の2点です。

  1. 武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
  2. 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。


それぞれ見てみましょう。

スポンサーリンク

戦争放棄!?でも自衛戦争はOK?

先ほどの条文では、全ての戦争を放棄しているように読めます。

しかし、平和な島国日本に住んでいると、ピンとはきませんが、
国際社会は弱肉強食です。

領土問題という名の侵略は、多々あります。

例をあげると・・・

日本の尖閣諸島に対して、中国は「昔は我が国の領土だった」
という理由で、領有権を主張しています。

尖閣!中国はなぜ領有権を主張するの?その根拠をわかりやすく!


もう一つ。

2014年にロシアは、ウクライナの一部を自国に組み込みました。

「ロシア系の民族が多く住んでいて、虐待されている。救出せねばならない!」
と言って。

ウクライナにロシアが軍事介入!その本当の理由とは?


そのため、攻めてこられた場合に自国を守る、

侵略に対する自衛戦争は、日本も認めているのが現状です。


つまり、条文と矛盾してしまっています。

武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する


次にもう1つの問題点、
陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない、です。

戦力不保持!?でも自衛隊はOK?

F2戦闘機


自衛隊は、海外でも評価の高い、立派な戦力です。

さらに日本の軍事費は、世界ランキングで、
常にベスト10入りしています。


先ほどご紹介した、「侵略」という事態が可能性としてある以上、
自国を守る武力は必要です。

武力がないと、あっさり侵略されてしまいます(T_T)


実際に領土問題が起こると、すぐにドンパチやるわけでは
ないかもしれません。

しかし、話し合いの場で背景となるのは、その国の国力です。


国力は、経済力(お金)と軍事力(武力)ですね。

武力をちらつかせて迫られたら、譲歩するしかないでしょう。


そのため、日本も自衛隊という戦力を保持しています。


すると、先ほどの戦争放棄と同じように、現実と条文が、
矛盾してしまいますね。

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない


内容としては素晴らしい、憲法9条ですが、
実際の現状とは、矛盾してしまっています。


ただ、矛盾しっぱなしでは、いけません。

そのため、実際はどう運用しているのか見てみましょう。

スポンサーリンク

憲法9条の矛盾を現実と合わせるために

憲法の内容と現実が違う、この問題点に対して、
日本は「解釈」という言葉で乗り切ってきました。

それは、次の内容です。

  • 侵略戦争は放棄するけど、自衛戦争は放棄しない
  • 侵略のための軍隊は保持しないけど、自衛する戦力は保持する


ただ、これはちょっと苦しいように思えませんか?

私は無理があるように思えます。


そこで、「憲法9条を現実に合わせて、改正しましょう
という議論も出てきています。

次回では、この憲法の改正について、ご紹介したいと思います。


ちなみに、2014年に話題となった、集団的自衛権の容認も、
憲法の解釈変更で、乗り切りました。

集団的自衛権!憲法解釈をどう変更するの?わかりやすく!

さいごに

憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!でした。


冒頭にあった、

日本はどうして、憲法で禁止されている軍隊を、
 保持しているの?憲法に違反していないの?

という質問については、当時の大人達は誰もこの質問に、
納得する回答はくれませんでした。


矛盾していることを大人達はわかりつつも、子供にそれを、
ハッキリ伝える雰囲気ではなかったんでしょうね(^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook

コメント

  1. くまきち より:

    過去記事に失礼します。

    過去の記事を含めて9条や集団的自衛権ついて、無駄のないわかりやすい記事で助かります。ぜひ、お酒でも飲みながら語り合いたいですね(笑)
    現在、野党やデモやメディアがひっきりなしに反対をしていますが、自分的にはどうもしっくりこず、賛成でもないけど、安易に反対をしてもいけない問題だなと思っておりました。どこの記事を見てもなんだか納得できなかったのですが、ここに求めていた答えがありました。ありがとうございます。
    私も、政治にはうとく、あまり詳しくはなしなどはできませんが、頭ごなしにしに否定するのはどうも苦手で。しっかり理解した上で反対か賛成を選びたいと思っています。

    お忙しいところ恐縮ですが、もう一度、集団的自衛権と9条をまとめた記事など書いていただけたらありがたいです。なぜこんなにもヒートアップしてるのか?徴兵制度なんて現実味のない話は一体どこから生まれてきたのか?また可能性はあるのか?なぜ、国民の理解が浸透する前にどんどん進めているのか?
    気になるところはたくさんあります。

    長文失礼致しました。他の記事含め今後も勉強させていただきます。

    • オトメンパパ より:

      くまきち様、こんにちは!

      > 過去の記事を含めて9条や集団的自衛権ついて、無駄のないわかりやすい記事で助かります。

      恐縮です。ありがとうございますm(_ _)m

      > ぜひ、お酒でも飲みながら語り合いたいですね(笑)

      そうですね(笑)
      案外、そういう楽な感じで議論するのが良いのかもしれませんね。

      > 現在、野党やデモやメディアがひっきりなしに反対をしていますが、自分的にはどうもしっくりこず、賛成でもないけど、安易に反対をしてもいけない問題だなと思っておりました。

      そうですね。
      なんだか、論点がすり替わっているような議論に、辟易しています(^^;

      > どこの記事を見てもなんだか納得できなかったのですが、ここに求めていた答えがありました。ありがとうございます。

      大変嬉しいコメントを、ありがとうございます。

      > しっかり理解した上で反対か賛成を選びたいと思っています。

      ですよね。

      > お忙しいところ恐縮ですが、もう一度、集団的自衛権と9条をまとめた記事など書いていただけたらありがたいです。なぜこんなにもヒートアップしてるのか?徴兵制度なんて現実味のない話は一体どこから生まれてきたのか?また可能性はあるのか?なぜ、国民の理解が浸透する前にどんどん進めているのか?

      書くようにしますね。

      ただ、徴兵制については確かに現実味がないですよね。
      私もあり得ないことだと思っています。

      理由はいくつかありますが、日本人には受け入れられませんよ。
      こんなことを言い出す政治家や政党は、確実に選挙で落ちるでしょう。

      「徴兵制が必要です!」と思わせる教育というか情報操作というか、そういうものに長い時間が必要でしょう。

      また、現在の最新ハイテク兵器は、熟練した技能が必要で、徴兵された兵士には大して扱えないという問題もあるようです。

      というわけで、徴兵制は、自民党の敵対勢力が、自民党潰しにする良い材料、ということでしょうね。

      それでは、今後とも宜しくお願い致します。

  2. しもじ より:

    過去記事に突然失礼しますm(_ _)m
    私は今Googleの検索結果から訪問したのですが、この過去記事はNAVERまとめに丸ごとパクられてます。上位表示したのはNAVERまとめだったので最初「日本と愉快な仲間たち」さんがパクったのかと勘違いしました。

    (URLは念のため、控えた上で削除しました)
    ※上のURLにhを足してhttpにしてアクセスして下さい。

    NAVERに削除しろってクレーム入れないと、このNAVERまとめ作成者はどんどん記事をパクってるのでヤバいと思ってコメントさせていただきました。

    (URLは念のため、控えた上で削除しました)
    ※上のURLにhを足してhttpにしてアクセスして下さい。

    • オトメンパパ より:

      しもじさま、こんにちは。

      > 私は今Googleの検索結果から訪問したのですが、この過去記事はNAVERまとめに丸ごとパクられてます。上位表示したのはNAVERまとめだったので最初「日本と愉快な仲間たち」さんがパクったのかと勘違いしました。

      あらら!これはひどいですね・・・(涙)
      パクリ側が上位表示されるなんて、やりきれない話です。。。

      ちなみに、何のキーワードで検索した時か、教えていただけるとありがたいです。

      クレームの問い合わせ先まで、ありがとうございます!
      早速連絡致しますm(_ _)m

  3. るる より:

    過去記事に失礼します。
    読ませていただいて、ちょっと思ったので書いてしまいます。

    改憲論議が世間を騒がせていますが、ちゃんと議論することっていい流れですね。
    ここに私の意見を書くのは筋違いかもですが(^^;
    もし、9条改正で軍隊を持つとなれば
    当然軍事費は増えるでしょうし、それで軍需産業が拡大すれば
    原発と同じで、それで食べてる人がいるとか、経済効果が上がってるのにやめるのか
    等、やっぱりやめた!は効かなくなると思います。
    法整備や軍備ができた時、万が一戦争となれば
    自分はもちろん、戦いに行ってくれるのは子供たち世代ももちろんだと思うので
    そういう観点で私は9条改定に反対姿勢でいます。
    経済成長を掲げる安倍さん的にも景気が上向けば実績になるし、
    9条を改正しなければ国が守れないというかたもいますが
    その前に私は経験者、広島や長崎、沖縄の声を聞くべきと思うのですが
    どうお考えでしょうか?(^^;

    また記事では徴兵制はないかのように書かれていますが
    軍隊を持っていて、世界情勢がますます不安な時代になれば
    9条が改正され、戦争準備が整うわけですから、当然あると思います。

    小さい子のケンカでも、まず武器を持っていたら取り上げますよね?
    相手も身内も傷つくのですから。
    こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。

    そう考えていくと、子供たちの未来に戦争ができる状態にはしたくないと願い、
    私の考える限り、対話以外の方法が浮かばないのですが。。

    • オトメンパパ より:

      るる様、こんにちは。

      > 改憲論議が世間を騒がせていますが、ちゃんと議論することっていい流れですね。

      はい、とても良いと思います。

      > もし、9条改正で軍隊を持つとなれば当然軍事費は増えるでしょうし、それで軍需産業が拡大すれば原発と同じで、それで食べてる人がいるとか、経済効果が上がってるのにやめるのか等、やっぱりやめた!は効かなくなると思います。法整備や軍備ができた時、万が一戦争となれば自分はもちろん、戦いに行ってくれるのは子供たち世代ももちろんだと思うのでそういう観点で私は9条改定に反対姿勢でいます。

      なるほどですね。そういう一面、デメリットもあると思います。

      > 経済成長を掲げる安倍さん的にも景気が上向けば実績になるし、9条を改正しなければ国が守れないというかたもいますがその前に私は経験者、広島や長崎、沖縄の声を聞くべきと思うのですがどうお考えでしょうか?(^^;

      声を聞くべきですね。そして、おかしな戦争に向かっていかないようにすべきです。

      しかし今の日本人は、戦争反対がほぼ99%じゃないでしょうか?数字は適当ですが、私が言いたいことは、ほとんどの人が戦争なんて勘弁してくれ、絶対にあり得ない、という認識かと思います。

      だから、首相並びに政府が戦争に向かっていく気配があれば、そんな政党は100%選挙で落ちます。なのでその点の心配はあまりいらないと私は思っています。

      > また記事では徴兵制はないかのように書かれていますが軍隊を持っていて、世界情勢がますます不安な時代になれば9条が改正され、戦争準備が整うわけですから、当然あると思います。

      あるかもしれませんね。

      しかし、そもそもですが9条を現状維持すれば戦争が起こらない、ということは幻想です。侵略されれば憲法9条があっても戦争は起こりえます。その自衛の戦いで、兵隊が少なくなれば一般成人男性は徴兵されるでしょう。

      もしくは、降伏するか、ですね。

      > 小さい子のケンカでも、まず武器を持っていたら取り上げますよね?相手も身内も傷つくのですから。こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。

      よく、そういう例えがありますが、、、一理あるとは思います。丸腰でいくのも大事でしょう。

      しかし、こちらが武器を持っていなくても、蹂躙していく強盗・暴漢はいますよ。そういう輩に対する対策はどうなるのでしょうか?

      丸腰で対応できない人も大勢いる現実の中で、どうやってサバイバルするのでしょう?今、南シナ海で起こっていることを確認してみてください。軍事的に弱い国々は、悔しいでしょうけど自国を侵略されています。

      また、中国は武器を持たない平和な国であったチベットに侵攻しました。そして、何十万人とも100万人とも言われている殺人を行い、無理やり属国としましたが、この点からは、上記の「こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。」という理論は通じないことがわかります。この点が担保されなければ、私は怖くて武器を手放すことはできないと思っています。

      チベット問題とは?中国で起きている民族問題

      また、過去の何百年という人間の歴史において、弱者は強者に虐げられてきました。弱い国は強い国に滅ぼされるか、植民地や属国にされてきました。現代はそんなことはないよ、という方もいるでしょうが、その理屈が私にはわかりません。

  4. 神の創りし偉大な猫様 より:

    国際紛争を解決する手段としての戦争というのは国際法的には侵略戦争を指します。
    パリ不戦条約 第一条 : 締約國ハ國際紛爭解決ノ爲戰爭ニ訴フルコトヲ非トシ且其ノ相互關係ニ於テ國家ノ政策ノ手段トシテノ戰爭ヲ抛棄スルコトヲ其ノ各自ノ人民ノ名ニ於テ嚴肅ニ宣言ス
    九条第一項では自衛戦争の放棄はされていません。第一項の否定は国際法上認められない侵略戦争をするという宣言をするに等しいです。自衛権(いわゆる集団的自衛権も含む)は自然権として認められています。
    以上の事から僕は憲法九条の改正は第二項に軍隊を持つと書くだけで十分だと考えます。
    憲法論議は改憲派と護憲派の間でされる事が多く、改憲派の中では論議があまりなされていないように感じます。護憲は現状維持なので団結し易いですが、改憲派は改憲派の中での十分な議論が無いまま団結する事ができるのか疑問です。

    • オトメンパパ より:

      神の創りし偉大な猫様、こんにちは!

      > 国際紛争を解決する手段としての戦争というのは国際法的には侵略戦争を指します。
      > 第一項の否定は国際法上認められない侵略戦争をするという宣言をするに等しいです。自衛権(いわゆる集団的自衛権も含む)は自然権として認められています。

      このあたりを、もっと明確に書くと良いでしょうね。

      > 以上の事から僕は憲法九条の改正は第二項に軍隊を持つと書くだけで十分だと考えます。

      そうかもしれませんね!
      コメントありがとうございます。

  5. 匿名 より:

    今の状態だと、アメリカが朝鮮から攻撃されたら、
    日本が戦争に巻き込まれることになる。
    「防衛戦のみに参加する。」ように変更すべきだ。

    • オトメンパパ より:

      コメントありがとうございます。

      > 防衛戦のみに参加する。

      とても大切なことですね。

      > アメリカが朝鮮から攻撃されたら、日本が戦争に巻き込まれることになる。

      しかしこれは地理的状況や情勢からみて、当然ではないでしょうか?
      巻き込まれるというか、日本もすでに当事者ではないですか?北朝鮮は日本に向けてもミサイルの標準を合わせていると発表していますし。

      防衛戦のみに参加する。だから、アメリカが日本近海で北朝鮮から攻撃されても、日本は巻き込まれたくないから支援せずに知らんぷりをする、という言い分はさすがに通りませんよね。

      巻き込まれるというか、それはもう日本への攻撃とみなされるでしょう。
      なぜなら、仮にアメリカが攻撃を受けて撤退でもしたら(撤退をしなくても)、次は日本の米軍基地などが標的となるでしょう。

  6. 匿名 より:

    また「他国の防衛は含まない。」も付け加える必要がある。

  7. TBA より:

    憲法英文書いた人はこうおもってたんだろうなと考えつつ訳してみました。 正確性をねらった下手な訳より意味内容はあっているのではないかと思います。

    Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

    日本の人々は正義と秩序の上に成り立つ国際平和を願っています。日本の人々は、国の自治権を求める戦いであっても戦争は永久にしません。国際紛争をやめさせるために抑止力や武力を使いません。

    In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air
    forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

    この目標を達成するため、陸、海、空の軍、さらに、戦争が出来る可能性のあるものは決して持ったり整備したりしません。憲法は、日本が「交戦国として認められる権利」を認めることもありません

  8. TBA より:

    憲法英文書いた人はこう思ってたんだろうなと考えつつ訳してみました。 正確性をねらった訳より本来の意味内容はあっているのではないかと思います。

    Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

    日本の人々は正義と秩序の上に成り立つ国際平和を願います。日本の人々は、国の自治権を求める戦いであっても戦争は永久にしません。国際紛争をやめさせるために抑止力や武力を使いません。

    In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air
    forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

    この目標を達成するため、陸、海、空の軍、さらに、戦争が出来ると疑われるものは決して持ったり整備したりしません。憲法は、日本は他国に認められているような「交戦国として認められる権利」を認めることもありません。

    要するに「日本人は平和を願います,祈ります。それ以上の武力の維持、活動はいっさいしません」というのが趣旨です。 
    常任理事国も国際法はゴミくずだ、隣国も国際ルール無視、としているので国際法やルールを持ってきた解釈はやめましょう。

    • オトメンパパ より:

      TBAさま、こんにちは。

      意訳をありがとうございます。
      この世は弱肉強食ですので、理想だけでは国は守れませんよね。