憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!

長女が、学校で憲法9条について、学んできたようです。
そして私に、こんな質問がありました。

「どうして、憲法9条では禁止されている軍隊が、日本にはあるの?

です。

おお!これはまさに、私も小学校高学年の時に、大人達にぶつけた質問です。
なんだか感動p´Д`q ゚

スポンサーリンク

そこで、できるだけ簡単にわかりやすく、説明して聞かせました。

長女は納得してくれたので、今回は、日本国憲法の3大原則の1つ、平和主義について定められている憲法9条を、簡単にわかりやすく問題点についても、ご紹介しますね。

憲法9条とは?簡単にわかりやすく

ミニ兵士

憲法9条とは、わかりやすく言うと、次の3つのことを定めています。

憲法9条とは?わかりやすく3つに
  1. 戦争を放棄します
  2. 戦力を持ちません
  3. 国の交戦権を否定します

非常にシンプルですね。

戦争をしませんし、戦力も持ちません。
交戦する権利すら認めません。

とても平和的で、人類の理想ともいえる内容です(#^.^#)

ただ、憲法9条は、とてもシンプルな内容ですが、シンプル過ぎて具体的ではなく、そのままでは、現実とかけ離れているのが問題となっています。

次で、憲法9条の問題点を見てみましょう。

憲法9条の問題点は?現実に合っていない

憲法9条自体は、素晴らしい内容でしたが、実際には、現状と合っていないところが、問題点となっています。

まずは、条文を引用します。

~引用ここから~

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

~引用ここまで~

では、どのあたりが現実と合っていないのでしょう?

それは、次の2点です。

憲法9条が現実と合っていない点
  1. 武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
  2. 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

それぞれ見てみましょう。

戦争放棄!?でも自衛戦争はOK?

先ほどの条文では、全ての戦争を放棄しているように読めます。

しかし、平和な島国日本に住んでいるとピンとはきませんが、国際社会は弱肉強食です。

領土問題という名の侵略は、多々あります。

例をあげると・・・

領土問題
日本の尖閣諸島に対して、中国は「昔は我が国の領土だった」、という理由で、領有権を主張しています。

尖閣!中国はなぜ領有権を主張するの?その根拠をわかりやすく!

もう一つ。

2014年にロシアは、ウクライナの一部を自国に組み込みました。

「ロシア系の民族が多く住んでいて、虐待されている。救出せねばならない!」と言って。

ウクライナにロシアが軍事介入!その本当の理由とは?

そのため、攻めてこられた場合に自国を守る、

侵略に対する自衛戦争は、日本も認めているのが現状です。まあ、当たり前ですよね。

しかし、この点は次の条文と矛盾してしまっています。

武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する

次にもう1つの問題点、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない、です。

まさかの戦力不保持!?でも自衛隊はOK?

F2戦闘機

自衛隊は、海外でも評価の高い、立派な戦力です。

さらに日本の軍事費は、世界ランキングで常にベスト10入りしています。

先ほどご紹介した、「侵略」という事態が可能性としてある以上、自国を守る武力は必要です。

悲しい話ですが、武力がないとあっさり侵略されてしまいます(T_T)

実際に領土問題が起こると、すぐにドンパチやるわけではないかもしれません。

しかし、話し合いの場で背景となるのは、その国の国力です。

国力は、経済力(お金)と軍事力(武力)ですね。

武力をちらつかせて迫られたら、譲歩するしかないでしょう。

そのため、日本も自衛隊という立派な戦力(軍隊)を保持しています。

すると、先ほどの戦争放棄と同じように、現実と条文が矛盾してしまいますね。

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない

内容としては素晴らしい憲法9条ですが、実際の現状とは矛盾してしまっています。

(より詳しく、下記で自衛隊が違憲か合憲かについて記載しました。)

自衛隊の戦闘機
憲法9条!自衛隊って違憲?合憲?どっちなの?

ただ、矛盾しっぱなしでは、いけません。そのため、実際はどう運用しているのか見てみましょう。

スポンサーリンク

憲法9条の矛盾を現実と合わせるために

憲法の内容と現実が違う、この問題点に対して、日本は「解釈」という言葉で乗り切ってきました。

それは、次の内容です。

憲法の解釈
  • 侵略戦争は放棄するけど、自衛戦争は放棄しない
  • 侵略のための軍隊は保持しないけど、自衛する戦力は保持する

国として自国を守る必要がある以上、当たり前の話ですが、憲法の解釈というと、これはちょっと苦しいように思えませんか?

私は無理があるように思えます。

そこで、「憲法9条を現実に合わせて、改正しましょう」という議論が出てきています。改正して、じっかりと軍隊を保持することを明記して、自衛隊がどういう軍隊なのか?戦争を放棄するとはどういう戦争を放棄するのか?明確にする議論です。

ちなみに2014年に大きな話題となった、集団的自衛権の容認も、憲法の解釈変更で乗り切りました。

集団的自衛権!憲法解釈をどう変更するの?わかりやすく!

さいごに

憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!でした。

冒頭にあった、「日本はどうして、憲法で禁止されている軍隊を保持しているの?憲法に違反していないの?」という子供時代に私がした質問については、当時の大人達は誰もこの質問に、納得する回答はくれませんでした。

矛盾していることを大人達はわかりつつも、子供にそれをハッキリ伝える雰囲気ではなかったんでしょうね(^^;

人間は、大昔から戦争をしてきた事実があります(今も戦争中、紛争中、内戦中の国がありますよね)。

そのため、国を守る軍隊は必ず必要なのですが、それを「保持しない」なんて書いたために、ややこしい話になっているわけですね(笑)

追記
※改憲反対派の方へ:何度かあちこちで書いていますが、私は反対の意見も全然アリだと思っています。日本国の安泰のために平和憲法が必要なら、それは全然OKだと思っています。
今のままだと危ないのではないかな、改憲した方が国防の強度は上がるのではないかな?と考えているだけです。そのため、逆の意見が納得できるものなら、アッサリと私は改憲反対派になります(笑)今まで日本は平和に暮らせてきた素晴らしい実績もありますので。
なのでお願いです。コメントする場合は攻撃しないでくださいm(_ _)m リアルで他人と話す時のように、相手を敬って接すると良いと思うのです。ネットだから乱暴でいいや、なんていうことはありません。

42 Comments

くまきち

過去記事に失礼します。

過去の記事を含めて9条や集団的自衛権ついて、無駄のないわかりやすい記事で助かります。ぜひ、お酒でも飲みながら語り合いたいですね(笑)
現在、野党やデモやメディアがひっきりなしに反対をしていますが、自分的にはどうもしっくりこず、賛成でもないけど、安易に反対をしてもいけない問題だなと思っておりました。どこの記事を見てもなんだか納得できなかったのですが、ここに求めていた答えがありました。ありがとうございます。
私も、政治にはうとく、あまり詳しくはなしなどはできませんが、頭ごなしにしに否定するのはどうも苦手で。しっかり理解した上で反対か賛成を選びたいと思っています。

お忙しいところ恐縮ですが、もう一度、集団的自衛権と9条をまとめた記事など書いていただけたらありがたいです。なぜこんなにもヒートアップしてるのか?徴兵制度なんて現実味のない話は一体どこから生まれてきたのか?また可能性はあるのか?なぜ、国民の理解が浸透する前にどんどん進めているのか?
気になるところはたくさんあります。

長文失礼致しました。他の記事含め今後も勉強させていただきます。

返信する
オトメンパパ

くまきち様、こんにちは!

> 過去の記事を含めて9条や集団的自衛権ついて、無駄のないわかりやすい記事で助かります。

恐縮です。ありがとうございますm(_ _)m

> ぜひ、お酒でも飲みながら語り合いたいですね(笑)

そうですね(笑)
案外、そういう楽な感じで議論するのが良いのかもしれませんね。

> 現在、野党やデモやメディアがひっきりなしに反対をしていますが、自分的にはどうもしっくりこず、賛成でもないけど、安易に反対をしてもいけない問題だなと思っておりました。

そうですね。
なんだか、論点がすり替わっているような議論に、辟易しています(^^;

> どこの記事を見てもなんだか納得できなかったのですが、ここに求めていた答えがありました。ありがとうございます。

大変嬉しいコメントを、ありがとうございます。

> しっかり理解した上で反対か賛成を選びたいと思っています。

ですよね。

> お忙しいところ恐縮ですが、もう一度、集団的自衛権と9条をまとめた記事など書いていただけたらありがたいです。なぜこんなにもヒートアップしてるのか?徴兵制度なんて現実味のない話は一体どこから生まれてきたのか?また可能性はあるのか?なぜ、国民の理解が浸透する前にどんどん進めているのか?

書くようにしますね。

ただ、徴兵制については確かに現実味がないですよね。
私もあり得ないことだと思っています。

理由はいくつかありますが、日本人には受け入れられませんよ。
こんなことを言い出す政治家や政党は、確実に選挙で落ちるでしょう。

「徴兵制が必要です!」と思わせる教育というか情報操作というか、そういうものに長い時間が必要でしょう。

また、現在の最新ハイテク兵器は、熟練した技能が必要で、徴兵された兵士には大して扱えないという問題もあるようです。

というわけで、徴兵制は、自民党の敵対勢力が、自民党潰しにする良い材料、ということでしょうね。

それでは、今後とも宜しくお願い致します。

返信する
しもじ

過去記事に突然失礼しますm(_ _)m
私は今Googleの検索結果から訪問したのですが、この過去記事はNAVERまとめに丸ごとパクられてます。上位表示したのはNAVERまとめだったので最初「日本と愉快な仲間たち」さんがパクったのかと勘違いしました。

(URLは念のため、控えた上で削除しました)
※上のURLにhを足してhttpにしてアクセスして下さい。

NAVERに削除しろってクレーム入れないと、このNAVERまとめ作成者はどんどん記事をパクってるのでヤバいと思ってコメントさせていただきました。

(URLは念のため、控えた上で削除しました)
※上のURLにhを足してhttpにしてアクセスして下さい。

返信する
オトメンパパ

しもじさま、こんにちは。

> 私は今Googleの検索結果から訪問したのですが、この過去記事はNAVERまとめに丸ごとパクられてます。上位表示したのはNAVERまとめだったので最初「日本と愉快な仲間たち」さんがパクったのかと勘違いしました。

あらら!これはひどいですね・・・(涙)
パクリ側が上位表示されるなんて、やりきれない話です。。。

ちなみに、何のキーワードで検索した時か、教えていただけるとありがたいです。

クレームの問い合わせ先まで、ありがとうございます!
早速連絡致しますm(_ _)m

返信する
るる

過去記事に失礼します。
読ませていただいて、ちょっと思ったので書いてしまいます。

改憲論議が世間を騒がせていますが、ちゃんと議論することっていい流れですね。
ここに私の意見を書くのは筋違いかもですが(^^;
もし、9条改正で軍隊を持つとなれば
当然軍事費は増えるでしょうし、それで軍需産業が拡大すれば
原発と同じで、それで食べてる人がいるとか、経済効果が上がってるのにやめるのか
等、やっぱりやめた!は効かなくなると思います。
法整備や軍備ができた時、万が一戦争となれば
自分はもちろん、戦いに行ってくれるのは子供たち世代ももちろんだと思うので
そういう観点で私は9条改定に反対姿勢でいます。
経済成長を掲げる安倍さん的にも景気が上向けば実績になるし、
9条を改正しなければ国が守れないというかたもいますが
その前に私は経験者、広島や長崎、沖縄の声を聞くべきと思うのですが
どうお考えでしょうか?(^^;

また記事では徴兵制はないかのように書かれていますが
軍隊を持っていて、世界情勢がますます不安な時代になれば
9条が改正され、戦争準備が整うわけですから、当然あると思います。

小さい子のケンカでも、まず武器を持っていたら取り上げますよね?
相手も身内も傷つくのですから。
こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。

そう考えていくと、子供たちの未来に戦争ができる状態にはしたくないと願い、
私の考える限り、対話以外の方法が浮かばないのですが。。

返信する
オトメンパパ

るる様、こんにちは。

> 改憲論議が世間を騒がせていますが、ちゃんと議論することっていい流れですね。

はい、とても良いと思います。

> もし、9条改正で軍隊を持つとなれば当然軍事費は増えるでしょうし、それで軍需産業が拡大すれば原発と同じで、それで食べてる人がいるとか、経済効果が上がってるのにやめるのか等、やっぱりやめた!は効かなくなると思います。法整備や軍備ができた時、万が一戦争となれば自分はもちろん、戦いに行ってくれるのは子供たち世代ももちろんだと思うのでそういう観点で私は9条改定に反対姿勢でいます。

なるほどですね。そういう一面、デメリットもあると思います。

> 経済成長を掲げる安倍さん的にも景気が上向けば実績になるし、9条を改正しなければ国が守れないというかたもいますがその前に私は経験者、広島や長崎、沖縄の声を聞くべきと思うのですがどうお考えでしょうか?(^^;

声を聞くべきですね。そして、おかしな戦争に向かっていかないようにすべきです。

しかし今の日本人は、戦争反対がほぼ99%じゃないでしょうか?数字は適当ですが、私が言いたいことは、ほとんどの人が戦争なんて勘弁してくれ、絶対にあり得ない、という認識かと思います。

だから、首相並びに政府が戦争に向かっていく気配があれば、そんな政党は100%選挙で落ちます。なのでその点の心配はあまりいらないと私は思っています。

> また記事では徴兵制はないかのように書かれていますが軍隊を持っていて、世界情勢がますます不安な時代になれば9条が改正され、戦争準備が整うわけですから、当然あると思います。

あるかもしれませんね。

しかし、そもそもですが9条を現状維持すれば戦争が起こらない、ということは幻想です。侵略されれば憲法9条があっても戦争は起こりえます。その自衛の戦いで、兵隊が少なくなれば一般成人男性は徴兵されるでしょう。

もしくは、降伏するか、ですね。

> 小さい子のケンカでも、まず武器を持っていたら取り上げますよね?相手も身内も傷つくのですから。こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。

よく、そういう例えがありますが、、、一理あるとは思います。丸腰でいくのも大事でしょう。相手に敵意が全くない場合は。

しかし、こちらが武器を持っていなくても、蹂躙していく強盗・暴漢はいますよ?そういう輩に対する対策はどうなるのでしょうか?

丸腰で対応できない人も大勢いる現実の中で、どうやってサバイバルするのでしょう?今、南シナ海で起こっていることを確認してみてください。軍事的に弱い国々は、悔しいでしょうけど自国を侵略されています。

また、中国は武器を持たない平和な国であったチベットに侵攻しました。そして、何十万人とも100万人とも言われている殺人を行い、無理やり属国としましたが、この点からは、上記の「こちらが持っていなければ、相手を傷つけることはありません。」という理論は通じないことがわかります。この点が担保されなければ、私は怖くて武器を手放すことはできないと思っています。

チベット問題とは?中国で起きている民族問題

また、過去の何百年という人間の歴史において、弱者は強者に虐げられてきました。弱い国は強い国に滅ぼされるか、植民地や属国にされてきました。現代はそんなことはないよ、という方もいるでしょうが、その理屈が私にはわかりません。

返信する
ftuunooyajii

そういう考え方しかできない方は、お花畑で無抵抗のまま意味なく惨殺されてしまいますね。抗議すらできないまま。
私は、そんな無責任な死は迎えたくないです。

返信する
オトメンパパ

そうですね。今まではお花畑でも大丈夫でしたが、今後もそうとは限りません。
お花畑、平和ボケから脱却して、ちゃんと備えをした上で、平和を実現していきましょう。

返信する
神の創りし偉大な猫様

国際紛争を解決する手段としての戦争というのは国際法的には侵略戦争を指します。
パリ不戦条約 第一条 : 締約國ハ國際紛爭解決ノ爲戰爭ニ訴フルコトヲ非トシ且其ノ相互關係ニ於テ國家ノ政策ノ手段トシテノ戰爭ヲ抛棄スルコトヲ其ノ各自ノ人民ノ名ニ於テ嚴肅ニ宣言ス
九条第一項では自衛戦争の放棄はされていません。第一項の否定は国際法上認められない侵略戦争をするという宣言をするに等しいです。自衛権(いわゆる集団的自衛権も含む)は自然権として認められています。
以上の事から僕は憲法九条の改正は第二項に軍隊を持つと書くだけで十分だと考えます。
憲法論議は改憲派と護憲派の間でされる事が多く、改憲派の中では論議があまりなされていないように感じます。護憲は現状維持なので団結し易いですが、改憲派は改憲派の中での十分な議論が無いまま団結する事ができるのか疑問です。

返信する
オトメンパパ

神の創りし偉大な猫様、こんにちは!

> 国際紛争を解決する手段としての戦争というのは国際法的には侵略戦争を指します。
> 第一項の否定は国際法上認められない侵略戦争をするという宣言をするに等しいです。自衛権(いわゆる集団的自衛権も含む)は自然権として認められています。

このあたりを、もっと明確に書くと良いでしょうね。

> 以上の事から僕は憲法九条の改正は第二項に軍隊を持つと書くだけで十分だと考えます。

そうかもしれませんね!
コメントありがとうございます。

返信する
匿名

今の状態だと、アメリカが朝鮮から攻撃されたら、
日本が戦争に巻き込まれることになる。
「防衛戦のみに参加する。」ように変更すべきだ。

返信する
オトメンパパ

コメントありがとうございます。

> 防衛戦のみに参加する。

とても大切なことですね。

> アメリカが朝鮮から攻撃されたら、日本が戦争に巻き込まれることになる。

しかしこれは地理的状況や情勢からみて、当然ではないでしょうか?
巻き込まれるというか、日本もすでに当事者ではないですか?北朝鮮は日本に向けてもミサイルの標準を合わせていると発表していますし。

防衛戦のみに参加する。だから、アメリカが日本近海で北朝鮮から攻撃されても、日本は巻き込まれたくないから支援せずに知らんぷりをする、という言い分はさすがに通りませんよね。

巻き込まれるというか、それはもう日本への攻撃とみなされるでしょう。
なぜなら、仮にアメリカが攻撃を受けて撤退でもしたら(撤退をしなくても)、次は日本の米軍基地などが標的となるでしょう。

返信する
TBA

憲法英文書いた人はこうおもってたんだろうなと考えつつ訳してみました。 正確性をねらった下手な訳より意味内容はあっているのではないかと思います。

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

日本の人々は正義と秩序の上に成り立つ国際平和を願っています。日本の人々は、国の自治権を求める戦いであっても戦争は永久にしません。国際紛争をやめさせるために抑止力や武力を使いません。

In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air
forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

この目標を達成するため、陸、海、空の軍、さらに、戦争が出来る可能性のあるものは決して持ったり整備したりしません。憲法は、日本が「交戦国として認められる権利」を認めることもありません

返信する
TBA

憲法英文書いた人はこう思ってたんだろうなと考えつつ訳してみました。 正確性をねらった訳より本来の意味内容はあっているのではないかと思います。

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

日本の人々は正義と秩序の上に成り立つ国際平和を願います。日本の人々は、国の自治権を求める戦いであっても戦争は永久にしません。国際紛争をやめさせるために抑止力や武力を使いません。

In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air
forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

この目標を達成するため、陸、海、空の軍、さらに、戦争が出来ると疑われるものは決して持ったり整備したりしません。憲法は、日本は他国に認められているような「交戦国として認められる権利」を認めることもありません。

要するに「日本人は平和を願います,祈ります。それ以上の武力の維持、活動はいっさいしません」というのが趣旨です。 
常任理事国も国際法はゴミくずだ、隣国も国際ルール無視、としているので国際法やルールを持ってきた解釈はやめましょう。

返信する
オトメンパパ

TBAさま、こんにちは。

意訳をありがとうございます。
この世は弱肉強食ですので、理想だけでは国は守れませんよね。

返信する
Y・I

解説読ませていただきました。私の基本的認識は、戦後のある時期に解釈改憲がなされたというものですが、よくできた解釈改憲であるとも思っています。ただ、最近の憲法改正論議を見聞するにつけ、改正に賛成する人も反対する人も、憲法の用語をきちっと使っていないということです。憲法で言うところの「戦争」とは何か「戦力」とは何か「軍隊」とは何かが正確に定義されないままに、論議が展開されています。例えば、日常的な意味での戦争ではなく、法理的な意味での戦争について、言及する論者が極めて少ないことが残念でなりません。歴代の内閣法制局は、個別的自衛権は認めながらも、それは、侵略された場合の国内での武力行使を限度としており、自衛戦争を認める見解を公表したことはなかったというのが今までの私の認識でした。宣戦布告をしない戦争というものがあるのでしょうか。迎撃戦のみの戦争というものがあるのでしょうか。歴代政府は、自衛隊は戦争遂行能力がないと論じています。それは、物理的な意味なのか法理的な意味なのか判然としません。最近、歴代政府が自衛戦争は是としていると論じる人がチラホラ目につくようになりました。どうもその見方が正しいようなので個人的には困っています。長年の私の9条理解は誤りだったようで、内閣法制局に騙されていたという悔しさが募る、作今です。ともあれ、改正の価値判断をする前に、条文の用語の定義が必要だと思います。

返信する
オトメンパパ

Y・I様、こんにちは。
(本名のようでしたので、イニシャルに変更致しました)

貴重なご意見、ありがとうございます!

> 歴代政府は、自衛隊は戦争遂行能力がないと論じています。それは、物理的な意味なのか法理的な意味なのか判然としません。

> 最近、歴代政府が自衛戦争は是としていると論じる人がチラホラ目につくようになりました。どうもその見方が正しいようなので個人的には困っています。長年の私の9条理解は誤りだったようで、内閣法制局に騙されていたという悔しさが募る、作今です。

上記の2点が、まさに憲法に曖昧な点が残っていることが原因だと思うのです。
解釈で乗り切ってきたために、人によって受け取り方が違ったり、時代によって受け取り方が違うわけですよね。

本当は時代(国際情勢)に合わせて、柔軟に改憲していくのが本来の憲法のあり方だと思うのです。

おっしゃるように、「「戦争」とは何か「戦力」とは何か「軍隊」とは何かが正確に定義されないまま」、これが大問題ですので、この点はしっかり議論して、明確にしたいですよね。

大昔から(現在も)、人間は戦争してきました。そのため国には、防衛のための軍隊は必ず必要です。それを「戦力は保持しない」なんて書くから、おかしなことになるのです(笑)

返信する
クマクマ

憲法9条の全文は、以下です。

「第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、
  武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。」

この文章の、どこにも、侵略、自衛の区別は無く、「威嚇も武力の行使を放棄する。」と言ってますので、「何時いかなる時も、威嚇も武力の行使を放棄する。」と解釈されます。

さらに、その目的のための武力を保持しないと明記してますので、自衛隊は、威嚇すらできない装備ですから、あれは飾り物です。どんなに攻め込まれても、銃弾1発の威嚇も憲法9条違反になります。

この場合、PKOで、スーダンに派遣された自衛隊が、夜中にゲリラが攻めてきても、「威嚇
」で、発泡することはできず、スピーカで「日本の自衛隊です。攻撃しないでください。」と言うぐらいが、憲法9条に違反しないレベル。事実上の、丸腰。

さらに、PKOんキャンプに銃弾が撃ち込まれても、威嚇も武力行使はできないため、スピーカで、中止を訴えることしかできない。

私がゲリラなら、自衛隊が反撃しない事は分かっているので、使わない武器や装備を持っているが、決して武器を使わないほぼ民間人を責めるだけですから、さっさと皆殺しにして、武器と装備を奪えば良い。

紛争地域の論理です。

ロシアだって、ロシアからすれば、何をやっても拒否権があるので、国連からは攻められる事は無く、武力が弱く丸腰同然のウクライナからクリミア半島を奪い取り、誰も文句を言えない。

また、北朝鮮が、核弾頭付きICBMを日本の国土に打ち込んできても、武力行使である迎撃ミサイルを打つ事は、憲法9条で禁止されていますので、50万人ぐらいが死んでも、政府は、「遺憾である。国連に提訴する。」と言うだけ。

国連に言っても、ロシア又は中国が拒否権発動すれば、北朝鮮の国際法違反は不問にされる。

憲法9条維持はの方は、本当にそれを望んでいるのですか?

もしそうなら、他国に侵略される時、最前線に行って、丸腰、護衛もなしに、スピーカで、「私たちは、威嚇も武力の行使はしません。」と言いてくれるのでしょうか?

返信する
オトメンパパ

クマクマ様、コメントありがとうございます。

条文は普通に読むと、まさにおっしゃる通りだと思います。

> 憲法9条維持はの方は、本当にそれを望んでいるのですか?

反対されている方はたぶん、ここまで考えてはいません。
とにかく戦争はダメ!それを許す可能性のある9条の変更もダメ!が一番にあるのです。

これを変えないといけないのですが、クマクマ様がおっしゃるようなことを、学校やテレビでは説明していません。
ここが問題だと思います。
反対派の方の中にも、上記の内容を読めば「反対ばかりでは時代に合わないな、これではまずいんだな」と思われる方もきっと多くおられると思います。

政府は広報活動にもっと力を入れるべきかと思います(^_^;

返信する
日本山猫

自衛隊の存在は確かに九条に反していますね
ただ、中国は北朝鮮を使って日本を戦争に誘き出そうとしているのではないでしょうか
海洋進出するためにチャッカリ日本を手に入れたいのでしょう
仮に、改正して自衛隊の存在を自国民を護るためにだけ武器を持って戦います、としたとしても、『武力行使する』の一言だけクローズアップして、また日本は戦争をするつもりなのだと解釈されますよ
武力行使しないと明言しているから中国や北朝鮮は日本を攻められないのです
世界中を敵に回すのは損だからです
次にアメリカは日本に戦争をするなと決めさせておきながら、武器や戦闘機などを買わせるために自衛隊なるお飾りを暗黙の了解としてきたのですが、使わないお飾りにこれ以上お金を出させるのは難しいですよね
そこで海外への協力で自衛隊を派遣させてそこで身の危険を感じても自衛のための武力行使もできないのかと思わせたわけです
アメリカは日本のために戦うのにアメリカの援護射撃はしませんというのはどうなのか?とか。
しかしながら皆さんによく考えてみてほしいのです。
日本国内で様々な災害が多発しているのに自国を放っておいて海外協力?
『自衛隊』ですよね?
そもそも一番矛盾しているのはアメリカだと思いせんか?
戦争しないと決めさせて徐々に戦争に加わるように仕向けているのですから。
九条改正した途端に自衛隊は戦争できる軍隊と認識されて北朝鮮からの威嚇射撃が日本に向けられますよ
すぐに戦えない日本は降伏するしかありませんよね。
アメリカが守ってくれる、或いは一緒に戦ってくれると安易に考えているかもしれませんが、日本国内が戦場になるんですよ
戦場です。安倍さんはその意味が本当に分かってないか、中国に統一されたいかのどちらかでしょうね
アメリカ本土は無傷でしょう?
アメリカは日本を大切にとか平和を維持させたいとかは思ってないですから。
沖縄でアメリカ軍の人が事件ばかり起こしている現状を見ても窺えるでしょう?
経済が頭打ちだから、ちょっとだけ壊してまた立て直せばいいのではないか、なんて安易に考えているようですが、『注意一秒、ケガ一生』です。

あなたはこの稚拙な罠にかかって九条を改正してあげたいですか?
日本人の屁理屈なんて北朝鮮や中国に通じませんよ

だから私は反対します!

返信する
オトメンパパ

日本山猫さま、こんにちは。

そういう考えはありますよね。
しかし、

> 武力行使しないと明言しているから中国や北朝鮮は日本を攻められないのです
> 世界中を敵に回すのは損だからです

私は違うと思いますよ。
日本を攻められないのは、日米同盟があるからです。

中国は世界中を敵に回しても、南シナ海を奪い、軍事要塞にしたじゃないですか。ごくごく最近のわかりやすい証拠です。
そのため、中国>日米 又は、米国が出てこない、と中国が考えた時に尖閣奪取は実現するでしょう。
日本の憲法は関係ありません。

> そもそも一番矛盾しているのはアメリカだと思いせんか?
> 戦争しないと決めさせて徐々に戦争に加わるように仕向けているのですから。

ごもっともですね(笑)
日本は軍事をアメリカに丸投げしているため、矛盾していようがしていまいが、アメリカの意向には逆らえません。

> あなたはこの稚拙な罠にかかって九条を改正してあげたいですか?
> 日本人の屁理屈なんて北朝鮮や中国に通じませんよ

うーん、なんだか感情的&話が飛躍しているように感じられます(^_^;)
そのように言われると、「おっしゃる通りに進むなら、憲法は改正しない方が良いでしょう。」と言うしかありません。。。

反対も良いと思うのです。今まで日本は平和にやってこれたわけですし。
徹底的に議論して、様々なケースを検証した結果の改憲や護憲だと思うので。

返信する
日本を守ろうと思う男

日本国憲法は、海外に向けての憲法ではありません。日本国が日本人に向けての憲法です。護憲派の人は、憲法を正しく理解してくざさい。外国は、日本国憲法は、関係ありません。戦後、日本は戦争がありませんでした。憲法9条があるからではありません。日米安保条約があり、アメリカ軍の基地が有ったからです。中国は、何回か沖縄に侵攻しかけましたが、アメリカ軍が、空母を沖縄の近くへ移動すると、引き上げました。護憲派の人も、知っているはずです。憲法9は、海外には、通用しません。日本を守ろうと思えば、憲法9条改正しかありません。

返信する
オトメンパパ

日本を守ろうと思う男さま、こんにちは。
良い名前ですね^^

アメリカが決めた憲法なので、戦後秩序を壊そうとしている!という情報戦に気をつけつつ、良い改憲が行われると良いですね。

返信する
サンダース軍曹

憲法9条改正大いに賛成です。

憲法9条の解釈は、2項の「前項(1項)の目的を達するため(達成するため)」の文言に大きい意味があるのではないでしょうか。

2項を言い換えれば、日本は紛争の解決策として武力の行使をする戦力(1項)は保持しない、ただし文言は無いが自衛の為の戦力保持は否定しないと解釈できます。

憲法改正は2項にはっきり自衛隊あるいは国防軍を置くと明記してもらいたいと思います。

憲法学者の一部から、学者本人が今暮らしている日本の国防を担っている自衛隊が違憲と発せられたと、メディアが何の疑いもなく平気で発信しているのには納得いきません。

日本の国防を最前線で担っているのは陸海空自衛隊なのです、以前憲法9条の存在する日本また同憲法を守ってきた日本人をノーベル平和賞(笑)候補にと騒いだグループが存在しました、いやまだ騒いでいるかもしれません、叫ぶだけでは国を守ることは出来ません早く気付いてほしいですね。

国防には当然リスクが伴います、リスクばかり唱えて真剣に防衛問題を考えない無責任平和論者が一部存在します、何党とは言いませんが稀少価値(笑)があるのでメディアもとりあげます、図に乗って大いばり言論の自由を謳歌しています。
無責任な発言ばかりしないで真の国防の為の汗をながせ、こう言いたいものです。

返信する
オトメンパパ

サンダース軍曹さま、こんにちは!

いや~まさにその通りですね。
国防軍はハッキリと明記すべきですし、侵略も致しません!と明記すればOKだと思うのです。
そこがきちんとされてから、その他の議論をすれば良いのでは(^_^;)

> 真剣に防衛問題を考えない無責任平和論者が一部存在します、

真剣ではあるかもしれませんが、平和ボケてはいますよね。
戦争反対!でも今のままでは時代に合わない。だからどう変えていく?を議論したいものですね。

返信する
I・志郎

はじめまして!
明日改憲反対デモに参加しに行きます。
私はあまり頭が良くないので詳しいことは分かりませんが、この矛盾は一種の抑止力なんじゃないですかね?
ルールは基本的に厳しめに設定されてるもので、それは人間はルールを逸脱しがちなものであるからだと思います。
過去の日本の犯した過ちを2度と繰り返さないためにも、ある程度矛盾していてでも理想的な平和憲法を維持して行くべきだと思います。

返信する
オトメンパパ

I・志郎様、はじめまして!(名字をイニシャルに変更しました)

> 明日改憲反対デモに参加しに行きます。私はあまり頭が良くないので詳しいことは分かりませんが、この矛盾は一種の抑止力なんじゃないですかね?

なるほど、そういう考えもあるのですね。

様々なシミュレーションなどをした結果、今のままで平和が続く、仮に他国が攻めて来ても上手く立ち回れる、と予想できるのであれば何も問題はないと思います。
なんとなく、は危険です。
端的に言うならば、改憲しようがしまいが日本が平和でいられるならどちらでも良いと言えますね。

返信する

初めまして、今日アベさんの憲法を変えようと実行しょうとしてるのを見ました、簡単に言うと自衛隊を明確にすると言う事ですね?
攻めて来たら戦うぞと言う自衛隊を憲法(国)を明確にですね。
それをしてしまうと今度は戦争の元となる軍事産業を受け入れてしまうと思います。
戦争そのものは意見違い(宗教)だけでは無く。
領土の取り合いそこにアメリカなど北が実験していたミサイルをお金で売り戦争を差し向ける軍事産業のシナリオを日本は受け入れるようになってしまうじゃないか?と思います。
同時に日本国民1人1人が戦争の意味を調べて考える為の憲法9条ではないのかとも思いました。
勿論、自国を守る為に改正をするのも1つですがもう少し戦争のシナリオを調べて答えを見出だして改正をして欲しいです。
マナーやモラル(人徳)は法律で縛られるモノでは無く。
安心を目指す1人1人の心のあり方だと知りましたので。
それをするのに今の報道では説明不足であり、勘違いの元(歴史)の繰り返しではないでしょうか?
まだまだ無知なのですが国(集団)では無く国民(人間)と考えたら
心は金や地位や名誉には囚われる事は無いので。

返信する
オトメンパパ

学さま、はじめまして!

> それをしてしまうと今度は戦争の元となる軍事産業を受け入れてしまうと思います。
> 戦争そのものは意見違い(宗教)だけでは無く。
> 領土の取り合いそこにアメリカなど北が実験していたミサイルをお金で売り戦争を差し向ける軍事産業のシナリオを日本は受け入れるようになってしまうじゃないか?と思います。

軍事産業を受け入れることが良くないという趣旨がよくわかりませんでした。
アメリカなどにたくさん武器を買わされ、それを使うための戦争をさせられる、それが怖い、ということでしょうか?
確かにそれは怖いことですが、少し飛躍しすぎというか別問題かな、と思います。

> 同時に日本国民1人1人が戦争の意味を調べて考える為の憲法9条ではないのかとも思いました。
> 勿論、自国を守る為に改正をするのも1つですがもう少し戦争のシナリオを調べて答えを見出だして改正をして欲しいです。

本当にもうおっしゃる通り!だと思います^^
改正して、本当に戦争になったら本末転倒です。あくまで戦争を避ける確率を上げるための改正でないと。

最後の部分、素晴らしいお考えですね。実際に勘違いもあるでしょうし、それは政府の説明不足ですね。

返信する
PEACE

色々と見解を拝見していると、結局のところ、あなたも、時代に操られた単なるウヨクでしかない、ということなんですね。
今の安倍政権や、それにいいように利用され洗脳でもされてるがごとくの安倍シンパやウヨクのような輩から、日本を守るための憲法の本当の意味からしても、絶対に憲法改正などあってはならないし、常識的にみても当然反対です。

返信する
オトメンパパ

PEACEという方からのコメントへの返信です。

こういった敵意のあるコメントは数ヶ月に一度ごくたまに来ます。とても残念に思います。反対意見であっても、おおいに議論すれば良いと思うのですが、残念ながらそういうことができない方がいます。たいてい、スパムとして処理するんですが、今回は他の良識ある方との比較で残しておこうと思います。

「洗脳されている、安倍シンパやウヨクのような輩」

このような言葉を使って反対意見の人へ攻撃する方には、古来ある小さい子に言い聞かせる言葉をお返ししましょう。

「バカという方がバカ」

私は反対や賛成、色々とあって、議論して良い方に進めば良いと思っています。自分が考えている逆方向も当然アリです。その時に、相手に敬意を払うのは、常識のある大人として最低限のマナーです。
それができないような残念な人にはなりたくないな、と強く思いました。

返信する
サンダース軍曹

今日本は右や左、タカやハトヤマ?失礼ハトと言っている
場合ではないですぞ。
軍事的脅威がわんさかありますぞ。
日本を守ってくれている自衛隊を正式に日本国軍と位置づけましょう。
自衛隊員は日本を守る為に命を惜しまないと宣誓して
入隊しているのをお忘れなく。
何の理屈もいりません。
どこの国かは知らないが党を守るためには国民おも殺す
軍隊と一緒にしてもらいたくない。
日本は先の大戦の敗北で生まれ変わっているんです。
いつまでも旧日本軍の否定はやらなくていいです。
彼らは頑張ったじゃないですか。
民主国家には良い事も悪い事もありますよ、それは。
史実を曲げず、作らず、真正面から受け止めましょう。
右左でたとえるなら左の人に私は言いたい。
ちょっと興奮して内容がまともかどうかわかりませんが、
平和が一番に決まっていますよね。

返信する
オトメンパパ

サンダース軍曹様、こんにちは!

タカかハトヤマ(笑)

> 日本は先の大戦の敗北で生まれ変わっているんです。いつまでも旧日本軍の否定はやらなくていいです。彼らは頑張ったじゃないですか。

本当にそう思います。

> ちょっと興奮して内容がまともかどうかわかりませんが、平和が一番に決まっていますよね。

大丈夫です。まともです(笑)
本当に平和が一番です。そのための議論ですよね。それを、憲法9条を改正したら即戦争、改正しなかったら平和が続く、極端です。

返信する
サンダース軍曹

日本の領土竹島で韓国軍が演習、これって普通に考えてまともじゃないですよね。
日本は早く憲法9条を改正して、自衛の処置として自衛隊が行動することが出来ると
内外に早く発信しないと、いつまでもこのような理不尽な行動をとられてしまうわけです。

北の核「広島長崎のあの原子爆弾ですよ、私は科学者ではないので、
原爆の方がわかりやすいです」が、脅威脅威と言っていますが、
日本にとって本当に恐ろしいのはC国の原爆です。
日本の各主要都市に照準を合わせた核「原爆」ミサイルがかなりあるはずです。
憲法9条を早く改正して他国とバランスをとらないと、
バランスが崩れた状態が、一番危険なのではないでしょうか。
尖閣も同じ、自衛の処置として自衛隊が行動できる、これだけでいいのです。

原爆も脅威です、化学兵器、細菌兵器も脅威です、安心安全平和は行動出来る、
自衛隊が今必要です。

最後にPEACE様の文言の中で、「安倍シンパ」と書かれていたのですが、
意味がさっぱりわかりません、新しい派閥かなんかでしょうか、笑
どなたか解説を願いします。

返信する
オトメンパパ

サンダース軍曹様、お久しぶりです。

> 日本の領土竹島で韓国軍が演習、これって普通に考えてまともじゃないですよね。

はい、理解できません。挑発以外の何者でもないでしょう。ただ、今の状態で自衛隊が出動すると国内からも国外からも戦争反対!の大合唱となります。
前もって憲法や法整備以外の周到な準備が必要でしょうね。
私は憲法よりも国際情勢からの目線が重要だと思っています。竹島は完全に時期を逃しています。。。

> 尖閣も同じ、自衛の処置として自衛隊が行動できる、これだけでいいのです。

竹島を教訓に、迅速に日本の施設を建設すべきかと思います。日本の立ち位置は尖閣には領土問題はない、という状態なので、周辺の安全のための灯台と監視員を常駐させるべきでしょう。

> 最後にPEACE様の文言の中で、「安倍シンパ」と書かれていたのですが、意味がさっぱりわかりません、新しい派閥かなんかでしょうか、笑

はい、あれはPEACEという方が、「自分とは反対の意見を持つ人」を攻撃している様子です。なぜかわかりませんが、たまにこういう変な人がやってきますので、晒しておきますm(_ _)m

※改憲反対派の方へ:何度かあちこちで書いていますが、私は反対の意見も全然アリだと思っています。日本国の安泰のために平和憲法が必要なら、それは全然OKだと思っています。
今のままだと危ないのではないかな、改憲した方が国防の強度は上がるのではないかな?と考えているだけです。そのため、逆の意見が納得できるものなら、アッサリと私は改憲反対派になります(笑)今まで日本は平和に暮らせてきた素晴らしい実績もありますので。
なのでお願いです。コメントする場合は攻撃しないでくださいm(_ _)m リアルで他人と話す時のように、相手を敬って接すると良いと思うのです。ネットだから乱暴でいいや、なんていうことはありません。

返信する
robocat001

国会では、時々憲法9条の新解釈が発表されます。
なぜでしょうか?本来憲法は「国家の暴力を制限」する物で、
他の解釈が出来ない様に定めるべきなのです。
なぜ難解な言い回しでもはや解読しないと成らない文章なのでしょうか?
それは、当時の日本人側の草案者がGHQの監視を潜り抜け、
最低限の戦争行為を可能とするべくトラップを仕掛けたからです。
よく読んで見てください。
第9条(抜粋)
1.武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
は、「国際紛争を解決する手段としては」に限定して放棄しているのです。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
は、前項の目的以外の戦力保持は合法で、戦争行為の「交戦権」のみ禁止しています。
さらに言えば、英語原文の「交戦権」の禁止は永遠に未来の禁止です。

纏めれば、
相手を自称集団と断定すれば、「戦力」を保持し、
戦争行為の「宣戦布告」「交戦権」「終戦」が可能なのです。
英語原文を引用しなければ、「宣戦布告」「終戦」となり、
更に危険な「先制核攻撃用の条文」に早代わりです。
日本政府がぶち切れて新解釈して最終戦争とか笑えません。

返信する
オトメンパパ

robocat001様、こんにちは。

> 相手を自称集団と断定すれば、「戦力」を保持し、戦争行為の「宣戦布告」「交戦権」「終戦」が可能なのです。英語原文を引用しなければ、「宣戦布告」「終戦」となり、更に危険な「先制核攻撃用の条文」に早代わりです。日本政府がぶち切れて新解釈して最終戦争とか笑えません。

なるほど、そういうご意見もあるのですね。
しかし私は、さすがにそのような解釈は「あり得ない」と思います(^_^;)

返信する
robocat001

憲法9条(超解釈)
「国際紛争を解決する手段」以外の威嚇又は武力の行使は容認する。
2「国際紛争を解決する手段」以外の陸海空軍その他の戦力は容認する。
国は戦争の流れの中において「交戦権」に限定して禁止している。

こう読み解くと「先制核攻撃用の条文」に大変身ですね。
だから、今の憲法を修正するのではなく、
諸外国と足並みを揃えて行動するのに
条文を追加するのは賛成です。

返信する
オトメンパパ

robocat001様、こんにちは。

> 憲法9条(超解釈)
> 「国際紛争を解決する手段」以外の威嚇又は武力の行使は容認する。2「国際紛争を解決する手段」以外の陸海空軍その他の戦力は容認する。国は戦争の流れの中において「交戦権」に限定して禁止している。
> こう読み解くと「先制核攻撃用の条文」に大変身ですね。

そのような解釈は、国際社会からも国内世論からも、とうてい受け入れられないでしょう。
ここまでは、心配不要かと(^_^;)

返信する
美しい日本

オトメンパパさん こんにちは~楽しく、わくわくしながら拝読させて頂いてます。僕はもう引退の時期が近い年齢なので、あなたのように日本のことを想う、若い方がいてくれてることに、ホッとします。さて、「どうして、憲法9条では禁止されている軍隊が、日本にはあるの?」ですが。軍隊では無く、自衛隊です(笑)民間で言えば、正当防衛に当たります。たとえば、アメリカに住んでいたとします。家に真夜中に強盗が侵入して、「キャーと言う悲鳴のあとにパン!!パン!!ト」と発射音が聴こえたとします。その時に命を、家族を守るために使用するのが武器です。その武器が自衛隊に成ります。当たり前ですよね?自分の家族が目の前で、襲われ殺傷されてて、自分の命もあやういのに「僕は戦争を放棄してるんで。どうぞ!どうぞ!」って言えますか?(笑)これは、国連憲章でも、個別の自衛権として規定されていますし、それ以前に、太古から、個人として人として国家として当たり前の権利です。なので、軍隊では無く。家族を守る、自衛の武器であり。自衛隊です。でっ、憲法9条1項をもっと わかりやすく文脈を並び変えると、日本は侵略戦争はしない。国際紛争を解決する手段としての、武力による威嚇又は武力の行使はしない。これは、侵略じゃない自衛武力行使はするよ。紛争じゃない場合は自衛武力行使するよ。です(笑)でっ、さきの尖閣問題でも政府は、両国間に”紛争”は存在しないって明言してたはずです。紛争って単語を使用すると”武力による威嚇又は武力の行使は、国際 【紛争】 を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。”・・・・紛争って言葉を使った瞬間に尖閣盗られてました^^; 危なかった・・・もう 冷や冷やもんです。言葉ひとつ間違えると、アウトです。まぁ 日中の前哨戦でしたね。ヒラリークリントンは尖閣あげるよと約束してたらしいので。トランプで大正解ですよ。でっ 2項なのですが”前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。”これをさらに、わかりやすく解釈すると、侵略戦争や国際紛争を解決する手段以外のっ!自衛戦はするし、陸海空の自衛戦力は持つよって成ります。以上は、芦田修正からの解釈ですが、やはり解釈次第では、どうにでもなるってとこがあって。明確に自衛隊って言葉を盛り込んで頂きたいですね。でわ~

返信する
オトメンパパ

美しい日本様、こんにちは。

> オトメンパパさん こんにちは~楽しく、わくわくしながら拝読させて頂いてます。

ありがとうございます!

> わかりやすく解釈すると、侵略戦争や国際紛争を解決する手段以外のっ!自衛戦はするし、陸海空の自衛戦力は持つよって成ります。

おっしゃっていること、非常にわかりやすかったです!
このようにわかりやすく改憲すれば、国民からの支持も得られそうですね(*^^*)

> ヒラリークリントンは尖閣あげるよと約束してたらしいので。トランプで大正解ですよ。

こちらは何か信頼できるソースはありますか?新聞や他国の発表などです。あればブログで紹介したいと思いまして。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。