チベット問題とは?中国で起きている民族問題

先日、ダライ・ラマ14世※が来日しました。
※チベット仏教の最高指導者

ダライ・ラマ14世は、ノーベル平和賞の受賞者でもありますが、
中国からは、「危険人物」とも、みなされています。

これ、なぜでしょうね?

平和と危険は真逆のハズです。


答えは、中国国内で起こっている民族問題にありました。

調べてみると、単一民族である日本人からは、
なかなか想像がつかないような、問題がたくさんありました。
(北海道にアイヌの人々はいらっしゃいますが)

今回はこの、チベットの問題について、一緒に見ていきましょう。


同じ中国国内の民族問題に、ウイグル自治区の問題があります。
以前、こちらにまとめました。

ウイグル自治区とは?問題をわかりやすくまとめました

チベット問題とは?

チベット地図


チベット問題とは、チベット自治区に住むチベット族と、
中国当局が対立している問題のことをいいます。


なぜ対立しているのかというと、
かつてチベット自治区は、1つの国家でした。

そのため、チベット自治区でのチベット族の、政治的な地位の確立と向上を求め、
チベット住民と、それを許さない中国当局との間で、対立が続いています。

また、中国当局による、過去から現在進行中の、
チベット族への人権侵害と弾圧も、国際的にも注目をあびています。

スポンサーリンク

チベット問題!チベット族に対する弾圧

1950年の、チベットへの中国の武力侵攻以降
チベット人による度重なる対中蜂起⇒鎮圧⇒蜂起⇒鎮圧を繰り返しました。

そのため、犠牲者は合計100万人※とされています。
※餓死者・行方不明者を含む

チベット僧に対する弾圧

15万人の僧侶と尼僧は弾圧によって、
約1,500人に減らされたとされています。

人権侵害

思想が原因で逮捕・投獄され、
正しい裁判が行われていない可能性が指摘されています。

寺院が破壊行動の対象に

数千あったチベット仏教の寺院が、ほとんど破壊されてしまいました。

信仰の自由がない

ダライラマ


チベット族の政治的・精神的指導者である、
ダライ・ラマ14世の写真を、寺院以外の場所で掲載すると処罰されます。

寺院では許されているんですね。


ダライラマ14世は、中国当局からすると、
独立を扇動するテロリストのような立場とされています。

環境破壊

広大なチベット自治区内に核実験場をつくり、
核廃棄物や、産業廃棄物の捨て場としている疑惑があります。

チベット問題!抗議のための僧や住民の焼身自殺

また、もっともニュースで見聞きしていて、辛い事件が、
チベットでは抗議のため、毎年何人もの人が焼身自殺を行っています。

私も実際にYoutubeで動画を見ると衝撃が走りました。

このような最終的な方法でしか、
抗議できないような状態が問題であるといえます。

チベット問題!チベットと中国の近年

チベット


ざっと、近年のチベット問題を時系列でまとめました。

  • 1950年
    中国によるチベットへの武力侵攻が始まる。
  • 1951年
    首都ラサが陥落。
  • 1952年以降
    チベット各地で頻繁に、大規模な対中蜂起が起きるも、中国軍により鎮圧・平定。
    その度に数万~十数万人の犠牲者が出る。
  • 1959年3月10日
    身の危険を感じたダライ・ラマ14世インドへ亡命
    同じ日に、チベット各地で中国軍への一斉蜂起(チベット蜂起)。
    これ以降3/10にはデモが行われるように。
  • 1966年
    チベット自治区が発足。
  • 1966年
    文化大革命が波及し、紅衛兵がラサ進駐を開始し、
    年長世代による宗教や信仰が糾弾。
  • 2008年
    チベット族の暴徒達が、長剣やナイフで武装して、銀行や中国人の商店を襲撃し、略奪・放火・暴行を行った(チベット騒乱)。北京五輪を目前に控えた中国が、国際的な体裁から、強硬な対応がとれないことを見越してのものとされています。
  • 2011年以降
    僧を中心として一般人による焼身自殺が相次ぐ。


では、どうして中国は、強引にチベットを自国領としたのでしょうか?

スポンサーリンク

中国はなぜチベットを支配するの?

では、なぜ中国はチベットを併合したのでしょうか?

それは大きく2つありました。

1つめは、インドとの国境紛争の際に、間にあったチベットが緩衝地域であったため、
チベットを併合すると、領土問題を有利に進めることができるからです。

この件については、以前記事にしました。
中国がインドのカシミールへ侵入!インドの対策は?


2つめは、チベット内には広大な領土と、豊富な資源が眠るため、
とされています。

チベット支配の根拠(中国の主張)

中国によるチベット支配には、大きく3つの主張があります。

チベットは清王朝時代に支配下にあった

チベットは、清の支配下にありました。
そのため、現在も中国の一部である、と主張しています。

ただし、清王朝は、満州族と呼ばれる民族の王朝であり、
中国で現在大多数を占める漢民族のものではないため、
根拠として乏しいとも言われています。

チベットを西欧列強から守るため

当時、西欧列強がチベットの領土を狙っていたと
主張していますが、そういった証拠は出てきていません。

「封建農奴制からの解放」「民主改革」

チベットからの要請ではありませんが、
封建社会からの解放と改革を進めるため、と主張しました。

ダライ・ラマの提案

ダライ・ラマ14世は、チベットについて以下のように提案しています。

~引用ここから~

1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」より

  • チベット全土を平和地域とする
  • チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
  • チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
  • チベットの自然環境を保護し回復させ、チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
  • チベットの将来の地位について、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

~引用ここまで~


さらに、チベット人による高度な自治が認められれば、
独立は求めないと譲歩しています。

チベット問題から学べること

チベットは、自国を守れるだけの軍隊がなかったため、
中国に支配されました。

仮にですが、チベットが屈強な陸軍を保持していたとします。

攻め込むには、中国側も相当な損害を覚悟しなければならず、
陥落させるための時間と費用も莫大なものとなる。

こういう状態であった場合は、独立を保てたかもしれません。

このことから、強力な軍隊を保持することは、
国土防衛のために非常に大切なことで、

他国からの侵略を慎重にさせる意味があります。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする