GDPとは何か?気になる日本の順位は?

先日、とあるセミナーに参加しました。

このセミナーの最初に、講師の方が、
私に質問しました。

「日本のGDPはいくらですか?」

私「ん~だいたい500兆円です。」


と答えると、講師の方は意外な顔をされて、
実際にこう言いました。

「よくご存知ですね。どうして知っているのですか?」

え・・・いや、好きだから?です。

と答えました。

講師は、他のセミナー受講者にも質問していましたが、
誰も日本のGDPの額は知らないようでした。

あんまり興味がないと、けっこう知らないものなんだな~
と思いました。

でも、GDPは経済の指標で一番大事なものなので、
社会人であれば、知っておいて損はありません。

そこで今回は、そんな経済力の目安として使われる、
GDPとは何か?気になる日本の順位は?

こちらをわかりやすく、ご紹介したいと思います。

では、いってみましょう!

GDPとは何か?

statistics-76200_640


GDPは、Gross(総計) Domestic(国内の) Product(生産)
頭文字で、国内総生産(こくないそうせいさん)のことを指します。


そして、そのGDP(国内総生産)の意味は、
国内で1年間に、生みだされた商品などの生産物や、
サービスの金額の総合計(総生産額)から、

中間生産物※を差し引いた額を言います。

※中間生産物とは、例えば、家を作る場合の窓ガラスや瓦や柱などの部品にあたります。


家の値段の中には、窓ガラスや瓦や柱などの、
中間生産物の金額も含まれているため、
重複して計上しないようにしているわけですね^^


続いて、名目GDPと実質GDPの違いについても、見てみましょう。

スポンサーリンク

名目GDPと実質GDPの違い

GDPには2種類の、名目GDPと実質GDPがあります。

名目GDPとは、実際に取り引きされている価格
推計されたGDPです。


実質GDPとは、物価の変動分を除外して
計算したGDPです。


実際に取引されている価格が、仮に2倍になった場合、
名目GDPは2倍になり、実質GDPは変化しません

そのため、経済成長率を見るときは、
主に実質GDPを見ることが多くなります。

GDPは経済力の目安

ではGDPは、どういう使われ方をするのでしょうか?

それは、その国の経済力の目安として、使われます。

GDPは、その国の経済力を計る、もっとも重要な数値となっていて、
その伸び率によって、経済成長率が計算されます。

ニュースでよく、GDPが何%減だとか何%プラスだとか、聞きますよね。


では次で、日本のGDPは世界で何位なのかも、見てみましょう。

スポンサーリンク

日本のGDPと、世界での順位

それでは、日本のGDPはいくらで、
世界の中での順位は何位なのでしょうか?

日本の2003年度~2012年度まで10年間の、
実質GDPは次の通りです。

<日本の実質GDP>

  • 2003年度:490.8兆円
  • 2004年度:497.9兆円
  • 2005年度:507.2兆円
  • 2006年度:516.0兆円
  • 2007年度:525.5兆円
  • 2008年度:505.8兆円
  • 2009年度:495.5兆円
  • 2010年度:512.3兆円
  • 2011年度:513.7兆円
  • 2012年度:519.7兆円


途中、2008年のリーマンショックで、下がったりしていますが、
おおむね横ばい~やや右肩上がりとなっています。

まあ、私達庶民の生活は、

右肩上がりとは程遠いように感じますが(^_^;


次に、世界の中での日本のGDPの順位です。

<日本のGDP順位>

  • 1位:アメリカ 15.68兆ドル
  • 2位:中国 8.22兆ドル
  • 3位:日本 5.96兆ドル
  • 4位:ドイツ 3.40兆ドル
  • 5位:フランス 2.60兆ドル
  • 6位:イギリス 2.44兆ドル
  • 7位:ブラジル 2.39兆ドル
  • 8位:ロシア 2.02兆ドル
  • 9位:イタリア 2.01兆ドル
  • 10位:インド 1.82兆ドル


日本は長年2位でしたが、高度成長を続ける中国に、
2010年に抜かれました(残念!)


他にはアジアが3つランクインしていますね^^

そして、南アフリカ以外のBRICSも
ランクインしています^^


では、GDPを増やして豊かになるには、どうすると良いのでしょうか?

次で見てみましょう。

さいごに:GDPを増やすためには

symbol-95716_640

日本がもっと豊かになって、
GDPがガンガンに増えてほしいですよね^^

では、GDPはどうすると増えるのでしょうか?

GDPは、

生みだされた商品などの生産物や、サービスの金額の合計

でした。

なので・・・

政府や企業や個人が、
もっともっとお金を使えば、GDPは増えます( ´∀`)b


冗談みたいですが、本当です。


なので、個人でできることとしては、
しっかりと勉強にお金と時間を使って(投資して)、

たくさん稼ぎ、使う時はしっかり使う

ことかな、と思います。

1人1人が豊かになっていくことが、
国が豊かになることにつながりますね(^▽^)

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする