消費税増税の影響をわかりやすく!増税で景気は悪化!証拠アリ!

残念ながら、2014年4月から消費税の増税が決定されています。

今の予定では、

という2段階での増税です。

そこで、今回は消費税の増税が与える影響
という視点で考えてみたいと思います。

消費税増税の影響!増税反対の理由と証拠

財務省


当ブログは、
消費税増税には断固反対です( `ー´)ノ

決まってしまいましたが・・・

こちらが、その増税に反対する理由です。

~引用ここから~

【ウィキペディア「橋本龍太郎」より】

消費増税を実施した1997年度においては消費税収が約4兆円増えたが、2年後の1999年度には、1997年度比で、所得税収と法人税収の合計額が6兆5千億もの税収減にとなったと指摘し、消費増税の効果が「たちまち吹っ飛んで現在に至る」と評している。さらに、「橋本元首相は財務官僚の言いなりになったことを亡くなる間際まで悔いていたと聞く。」と述べている

~引用ここまで~


どういうことかというと、

1997年度に消費税を3%⇒5%に増税しました。

めでたく、消費税は、増税効果で約4兆円アップしました。

ふむふむ。

ここまでは、税収アップで予定通りですが・・・


しかし、その結果デフレをまねき、
所得税、法人税が、6兆5千億円減少し、

差し引き、2兆5千億円の税収減になりました!

スポンサーリンク

消費税引き上げにより景気が悪化した証拠!

さらに、増税をきっかけにデフレとなり、
それまで、GDPが緩やかながらも右肩上がりだったのが、
その後減少し、日本経済は、どんどんと景気が低迷してしまいました。

⇒以下、証拠です。

~引用ここから~
【内閣府GDP統計データより】

  • 1994:496兆円
  • 1995:505兆円(増加)
  • 1996:516兆円(増加)
  • 1997:521兆円(増加)
  • 1998:511兆円(減少)←消費税増税実施の次の年(涙)
  • 1999:507兆円(減少)
  • 2000:511兆円(増加)
  • 2001:502兆円(減少)
  • 2002:498兆円(減少)
  • 2003:502兆円(増加)

~引用ここまで~


増税後、見事に低迷しました(^_^;

上記の理由で、消費税の増税には、
せっかく芽が出てきた景気の後退リスクがあるため、断固反対です。

スポンサーリンク

増税しないと、日本は財政破たんするのでは?

日本の債務が増えすぎて、財政破たんの可能性があり、
それを回避するためにも、消費税の増税が必要という意見があります。

しかしこれは、経済全体を見ていないことになります。

なぜなら増税すると、
上記理由により景気が後退する可能性がかなり高くなり、
ほぼ、確実に悪化します。


消費税は増えたけど、
所得税・法人税が減少し、景気が悪くなってしまった

では本末転倒ですね。

そして、日本は
国債の債務不履行(デフォルト)が起きるような状態ではありません。

詳しくは、
国債のデフォルトとは?デフォルトするとどうなるの?
にまとめました。

現に今は増税していませんが、
アベノミクス効果により税収が増える見込みです。

~引用ここから~
アベノミクス効果で税収増 消費増税なしの財政再建可能

【2013年7月14日 MSN産経ニュースより】

財務省の統計によると、一般会計の税収総額は今年1月から増加し始めた。この5月分税収までを対象とする2012年度の一般会計税収は43兆9314億円で、前年度より2.6%、1兆988億円上回った。中でも、法人税収は同4.4%、4069億円増だが、実質的にはもっと増えている。12年度からは東日本大震災関連の復興特別法人税が徴収されるが、特別会計に区分けされているために、一般会計でいう法人税には含まれていない。それを合算すると、法人税収は実に同11.3%、1兆563億円増となった。さらに所得税収は同3.8%、5163億円、消費税収も同1.3%、1558億円増えた

~引用ここまで~


いかがでしょうか?

法人税、所得税、消費税、全て増加予定です^^

景気が回復すれば、自然と企業や個人はお金を使いだします。

消費増&投資増ですね。

その結果、シンプルですが企業も個人も潤い、
経済は活性化し、税収は増えるという流れです。

消費税を増税すると、景気は悪化する

さいごに

消費税の増税が与える影響についてでした。

消費税が8%になったあと、景気が低迷しなければ良いのですが・・・

<追記 2014/9/2>
やはり、景気は悪化してしまいました。

~引用ここから~

GDP年率6.8%減 4~6月、消費・設備投資落ち込む

内閣府が13日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比1.7%減、年率換算で6.8%減となった。

(後略)
~引用ここまで~


嗚呼、残念でなりません。

せっかく、景気が上向きかけていたというのに。

これで10%にするとかあり得ませんが・・・

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はな より:

    私も反対です。国民の国民の負担が増えますよね・・・

    このページ、すごくわかりやすいです。

    • japanandworld_kanri より:

      はなさま

      コメントありがとうございます。

      残念ですし、8%が間近に迫ってきて、家計への圧迫をひしひしと感じます(^^;

      ありがとうございました!

  2. 通りすがり より:

    アベノミクスで景気が良くなって税収が上がるのに、消費税を上げるなんてブレーキをかけながらアクセルを踏むようなものですよね。
    そもそも、アベノミクスが成功するという自信があるのなら、消費税をあげる意味がわからない。
    結局景気が悪くなって、富の再分配がうまくいかず、貧富の差が拡大するだけですよね。

    • オトメンパパ より:

      こんにちは!

      本当にそうですよね。
      消費税の増税を主張する人達を説得して欲しかったです。。。

      これでもまだ、10%にする方向性です。
      信じられません。

  3. 日の丸丸 より:

    日本を潰すな!

    日本を元気にしよう!

    景気が良くなる迄増税反対です。

    • オトメンパパ より:

      日の丸丸さま、こんにちは!

      まさにその通りですね!断固反対です・・・
      税金取りすぎです。