消費税の増税!私が絶対反対な理由はコレ!

増税反対!

先日、お昼のワイドショーを観る機会がありました。

その中のお題の1つに、「あなたは消費税の増税に賛成?反対?」というものがありました。興味深く見ていると、賛成派の経済学者を含め、芸能人の半数以上が「賛成」でした。

それぞれ理由はありましたが、学者さんの言い分は「社会保障費へ充当するため」です。芸能人の方の言い分は、「日本が財政危機だから?」というものでした(^^;

学者さんの意見を聞いていると、さすが、なるほどな~と思える内容もあるのですが、私は賛成できませんでした。

当ブログでは、何度も書いているように増税には大反対です。なぜなら100%景気が後退し、日本の長期泥沼デフレ経済から、さらに脱却しにくくなるからです。

過去に消費税を増税した際に景気が後退したことも、証拠付きで記事にしました。

消費税増税の影響をわかりやすく!増税で景気は悪化!証拠アリ!

しかし今回は、こういった数字に基づいた理由ではなく、当ブログ管理人が実際に体験したことから、消費税の増税に反対である理由を書きます。

ちょっと他の記事とは違う、やや感情出し気味でいきたいと思います(笑)

消費税の増税に反対する一番の理由

バツマーク

私が以前に仕事で経験したお話です。

とある官公庁と仕事上のお付き合いがありました。役所の担当の方とも関係は良好で、有難く仕事をさせていただいていました。

そこで経験したことから、景気が悪化する理由以外に、私が増税に反対する理由は次の内容です。


役所は無駄金が多すぎる(怒)!!

役人さんは、血税を大切な国民のお金と思っていない方が多いです。

自由に使える予算、と思っています(涙)

いや違いました、今年度中に使い切らないといけない予算だと思っています。


それではどういうエピソードがあったかご紹介しましょう。

スポンサーリンク

目の当たりにした官公庁での無駄の実態

官公庁の職員さんから実際に聞いたのですが、3月の年度末になり、予算が余っていると、雑談の中で話されました。

「これを使い切らないと、次年度では減らされる可能性がある」とのことです。

そこで、新しく巡回用の車を購入することにしたそうです。SUV(四駆)タイプの車で、車種は日産のムラーノです。

ムラーノという車、ご存知でしょうか?

新車価格は297万円~499万円の車で、日産では高級SUVとされています。

ただの巡回用の車になぜこれを選んだのでしょうか?

理由は、「予算が余っていたから!」です(;∀;)

無駄遣いイメージ

もしここで節約の意識があれば、同じ日産のSUVであるエクストレイルが、当時新車で199万円~343万円で売っていました。

軽やコンパクトカーとは言いませんが、エクストレイルで十分に役目は果たせるのです。動力性能や積載性では、ムラーノに劣りません。(細かい話では、馬力や排気量は違いますが、求められる性能という観点からは、全く問題ない、という意味です)


もう一度書きます。

予算を使い切るために、約1.5倍の値段のする車になったのです。少なくても、100万円は高い車になったのです。

100万円ですよ(^_^;

読んでいても、現実味がないかもしれませんが、私達から徴収されたお金です。それを大した理由もなく使われたのです。

これを贅沢と言わず、何と言うのでしょう(涙)


贅沢って、お金がたくさんある時にできるものですよね?

日本っていっぱいお金ありましたっけ・・・??

こんな状況で増税に賛成できるか!!という話です。

怒る女性


上記の出来事から、節約して大事に使う、という一般家計や、企業のコスト削減とは全く違った世界が、官公庁にはあります

こういった問題点、「私も知ってる!」「俺も聞いたことあるよ!」という方、多いのではないでしょうか?


実際には、官公庁でも節約が叫ばれ、そのように動いている公務員の方もいらっしゃるとは思います。建物もボロいままの役所も多いですし。

そういった方が読まれている場合は、申し訳ありませんm(_ _)m

また、私は親戚や友人に公務員もいますし、リスペクトしています。役人さんを否定する気持ちも毛頭ありません。


しかし、上記の実態が日本には現実として、あります。

お金が足りなくて増税する前に、このおかしい現状を変える必要があるのではないか?と思うのです。

ただこれは、役人さんが悪いわけではなく、仕組みがそうなっているのがおかしいと思います。

次で、この解決法を考えてみました。

無駄遣い問題の解決法

バツをする女性

無駄遣いというのが適当ではないかもしれませんが、一国民からするとそう見えたので、無駄遣いとします。

まず、予算を年度内に使い切らないと、次年度の予算が減らされる、という慣習があるようです。

これは次年度のおおまかな予算を把握できるため、一見、理にかなっているようですが、現状起こっている無駄遣いにつながってしまいます。


仮に、ある部署の長が、行政サービスを低下させずに予算を節約して、余らせたとしましょう。日本の財政状況からすると、大変素晴らしいことですよね(*^_^*)

しかし、現状は次年度の予算が減らされる可能性があります。予算が削減されれば、できる行政サービスも減り、その人の評価も下がる可能性があります。

これではとても、節約して余らせる気など起きません。


そこで、この問題の解決法として、行政サービスを低下させずに予算を余らせた場合、その部署の長をきちんと評価する。具体的には、次年度の給与に手当を付けるというのはどうでしょう?

行政サービスの低下をまねかずに予算を削減できたら、その功績は大きいですよね~。

手当は、月に数万円で良いと思います。例えば月に3万円なら年間36万円の年収アップ。これでもっと巨額なお金が節約されるなら、安いものです^^


そんなことをすると、予算を節約するため、委託されている業者さんも値切られるのでは?という懸念もあります。

実際に値切られるでしょうけど、それが本来の姿でもあります。民間企業同士はずっとそういう世界で切磋琢磨していますよね。

何よりも、このままでは日本はいつか大きく転ぶように思えます。


今は国内で消化できている国債も、永遠に続くとは限りません。

ドカーン!といずれ大ダメージを受けると思うのです。

借金をどんどん膨らませて、どんどん予算を組んで使って、100万円高い車を無駄に買って、税収が足りないから社会保障費が増えるから、じゃあ増税しようか~、は、やはりおかしいです。

正当性が感じられません。

人間関係で言うと、誠意が感じられません。

残念ながら、不信感いっぱいです(  ̄)з ̄)


続いては、冒頭でご紹介した学者さんの増税賛成理由の、「社会保障費が足りないから」を見てみます。

スポンサーリンク

社会保障への財源として?それ本当なの?

日本は今後、高齢者が増え若者が減るので、年金や医療費などの社会保障費が増え、このままでは社会保障費が払えななくなる!

という増税賛成論者の理由ですが、本当に増税分は社会保障費になるのでしょうか?

この話も、上記の不信感と関係しますが、信用できない理由があります。


現在、復興増税※が行われています。

※復興特別所得税、復興特別法人税が平成25年から平成49年まで、私達は支払うことになっています。サラリーマンの方は源泉徴収されています。

この復興増税ですが、「東日本大震災で被災した地域を復興」するためのお金なら、苦しいけど喜んで出そう、というのが国民の総意だと思います。

しかし、復興以外にも使われてしまいました

~引用ここから~
被災地復興予算、なぜ1.4兆円が無関係事業に流用?一部は東電救済に充当の可能性も

10月、東日本大震災の復興予算で実施された1401件の事業を調査していた会計検査院は、被災地復興とは関係のない事業が326件、金額にして1.4兆円に上っていると報告した。被災地復興のための臨時増税で徴収された税金が、全国各地の無駄な事業に使用されている実態が明らかとなった。

(後略)

出典:Business Journalより
~引用ここまで~


1.4兆円が復興とは関係ない事業に使われている

これ、どう思いますか?

国民の皆で、被災地が早く復興できるように出し合ったお金を、別の内容に使うその無神経さ。いい加減さ。不誠実さ。

不信感MAXです(泣泣泣)

ちなみに、当時は民主党政権で野田さんが首相でしたね。

復興の基本方針もおかしい?

怒りイメージ

さらに、政府が決定した、「東日本大震災からの復興の基本方針」には、次のように書いてありました。

~引用ここから~
東日本大震災からの復興の基本方針
平成 23 年7月 29 日
東日本大震災復興対策本部

(前略)

3 実施する施策

国は、国家的な危機である東日本大震災を乗り越えて復興を実現し、現在及び将来の国民が安心して豊かな生活を営むことができる経済社会を構築するため、被災者及び被災した地方公共団体の意向等を踏まえつつ、各府省一体となって、以下の施策を実施する。

(イ)被災地域の復旧・復興及び被災者の暮らしの再生のための施策
(ロ)被災者の避難先となっている地域や震災による著しい悪影響が社会経済に及んでいる地域など、被災地域と密接に関連する地域において、被災地域の復旧・復興のために一体不可分のものとして緊急に実施すべき施策
(ハ)上記と同様の施策のうち、東日本大震災を教訓として、全国的に緊急に実施する必要性が高く、即効性のある防災、減災等のための施策

出典:復興庁HPより
~引用ここまで~

書いてあることはもっともです。

しかし赤字で書いた部分ですが、被災地とは関係なくても、防災になるなら使えてしまうようです。

確かに防災は大切ですし、やっていただきたいと思います。しかし復興増税はあくまで復興のために使うべきではないでしょうか?

防災は別の税金から捻出して、早く被災地の復興に使いましょうよ。私の感覚ではこう思えます。

だから、無駄に高い車を買うのは本当にやめましょうよ。

さいごに

消費税の増税に大反対!という記事でした。

ちょっと、いつもの他の記事とは違ったコラムのような内容になりました(^^;

徳政令や打ち出の小槌はあると思っているのかもしれませんが、実際にはありませんよ~!

これで日本が少しでも良くなったらいいな、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook