グローバル化の問題点とは?例え話でわかりやすく!

近年、盛んにグローバル化が叫ばれています。

「グローバル化を推進しよう!」
「グローバル化に乗り遅れるな!」

グローバル化が進むと、人やモノ、お金の流れが
活性化されるので、そのメリットも多くあります。

漠然と、良いことのような印象を受けますよね(#^.^#)


しかし、グローバル化って問題はないのでしょうか?

世界は複雑で、何事も良い部分とそうでない部分があります。

または、短期的に見ると良いことが、
長期的に見るととんでもないことだったり。

企業からすると良いことでも、国からすると良くなかったり。

そこで今回は、グローバル化の問題点について、
わかりやすくまとめてみたいと思います^^

グローバル化とは?おさらい

グローバル化


以前、グローバル化については、こちらでまとめました。

グローバル化とは?簡単に言うとこうなる!


さらっと読めますので、グローバル化とはなんぞや?

という場合は、一度読んでおくとわかりやすいと思います。


では、グローバル化の問題点、いってみましょう!

グローバル化の問題点

グローバル化の問題点です。

  • 産業の空洞化
    海外へ生産拠点を移すことにより、国内の工場の閉鎖や失業者の増加が起こる
  • 賃金の低下
    海外から、安価な労働力が入ってくるため、人件費の高い日本人の賃金が下がる
  • 失業率の増加
    海外から、安価な労働力が入ってくるため、人件費の高い日本人は失業する
  • 貧富の格差拡大と富の集中
    安価な労働力や、優秀な外国人に仕事を奪われた人:貧しくなる
    ⇒それほどの技術を要しない単純労働や肉体労働は、外国人にとって変わられる

    安価な労働力を使って、利益を拡大することに成功する経営者や高度な技術を持つ人材:豊かになる
    ⇒外国人も、高度な技術を身に付ける時代が来る可能性あり

  • 人権無視や過酷な労働環境
    発展途上国などの、法整備が整っていない国で、人権を無視した労働環境で現地の人を雇う
    ⇒その結果、日本へのマイナスイメージ
  • 技術の流出
    海外へ生産拠点を移したり、国内で外国人を雇うことで、技術が他国へ流出する
  • 人材不足
    グローバル化に対応できる人材不足・育成不足のため、企業の経営が圧迫される
  • 安価な商品との競争激化
    安価な労働力で生産されたそこそこ良い品質の商品(海外製品)と、国内の高い労働力で生産された高品質の商品(日本製品)で、競争するハメになる
    ⇒良い製品を作れば売れる時代ではなくなり、競争力のない企業は潰れる
  • 伝統的な文化の破壊
    良い悪いは抜きにして、それまで通りのやり方や伝統は通らなくなる(終身雇用や年功序列など)
  • 差別が生まれる
    失業した日本人⇒職を得た外国人への差別
  • 治安の悪化
    失業した日本人達と、差別される外国人達との対立
  • 金融危機の伝播
    グローバル化により密接に経済が結びついているため、危機が起こった場合に伝播するのが早く、大きな影響を受ける
  • 感染症の伝播
    今までは考えられなかったような、遠いアフリカの伝染病などが、国内で感染する可能性
  • 環境への負担
    グローバル化により、世界的に大ヒットした商品が発生した場合、その材料の過剰な乱獲が起こる可能性


かなり、たくさんありますね(´ー`A;)


ざっくりとした説明をつけましたが、わかりにくい部分も
あると思いますので、次ではいくつかの問題点を、
例をあげて、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

グローバル化のメリットその1:海外の低コストでの生産

グローバル化のメリットの1つに、こういったものがあります。

安価な海外の労働力を使って、低コストで生産できる


今まで、人件費や材料費や工場の家賃やらで、
2,000円かけて生産していて、3,000円で販売していた、
人気商品Aがあるとします。

Aの儲けは、差し引き1,000円ですね。

しかし、日本は社員さんの給料も、土地も高い。


企業は、基本的に更なる利益を追求しますので、
もっと儲けるために、何ができるか検討したところ・・・


お隣の中国では、1,000円で生産できることがわかりました。

儲けは、差し引き2,000円になります。


海外生産は、いくつもハードルがありますが、
今はグローバル化が進み、進出しやすくなっています。

このメーカーは、中国に生産拠点を移すことにしました。


その結果、当初の予定通り、
このメーカー企業は、とても儲かりました。

儲けが、1,000円⇒2,000円の倍ですからね(#^.^#)


これだけなら、とても良いことなのですが、
続きがあります。

グローバル化の問題点その1:国内の生産拠点が不要に

海外の工場


海外へ生産拠点を移したということは・・・

今までの、国内の生産拠点は不要になるということです。


工場、そこで働いていた社員さんが、不要になりましたので、
企業は工場を閉鎖したり、社員さんを解雇しました。


その結果、失業者は増加します。

政府は失業保険を支給しますので、
経済的な負担が増えることになりました。

そして、失業者は税金をほとんど納めませんので、
税収もダウンします。


また、海外で生産拠点を設けたということは、
海外の土地を借りて、海外の建設業者さんに工場建設を発注します。

工場で働く人達は、リーダーや幹部は日本から連れていき、
それ以外の従業員は、現地の人を雇うでしょう。

つまり、日本国内を潤したはずのお金は、
全部海外へいきます。


さらに、企業が経済的な活動をすれば、その国に
税金を納めることにもなりますので、日本の税収はその分も減るでしょう。


というわけで、企業が海外へ生産拠点を移す場合、
産業の空洞化という問題が起こります。

それに伴い、国内の関連する産業も影響を受けますね。


では、生産拠点は移さずに、海外から、安価な労働力を
国内へ呼び込んだ場合を考えてみましょう。

スポンサーリンク

グローバル化のメリットその2:海外からの安価な労働力

グローバル化のメリットの1つに、こういったものがあります。

安価な労働力を国内に呼びこみ雇うことで、低コストで生産できる


今回は、海外へ生産拠点は移しませんが、代わりに、
発展途上国などからの外国人を、安い給料で雇った場合です。


今までは、月に25万円払って雇っていた日本人の代わりに、
○○国の人は、月に15万円でも、元気に働いてくれます。

差し引き、10万円も人件費をうかすことができます。

多くの従業員を、日本人⇒○○国の人へ雇い直すことで、
海外への生産拠点の場合と同じように、生産コストを下げることができ、
このメーカー企業は、またもや儲けが増えました。

一番のコストは人件費って、よく言いますしね^^


しかしこの結果、次のような問題点が起こります。

グローバル化の問題点その2:日本人の不満

指をさす女性


月に25万円のお給料をもらっていた日本人は、
○○国の人のために、職を失いました

毎月25万円が、0円です。

すぐわかる問題としては、失業率の増加と、
失業保険などの国の支出の増加、税収のダウンですね。


でもこの問題は、解決のとても難しいものへと、
発展する可能性があります。


どういうことかというと、実際に職を失った人からすると、
○○国の人達を、良くは思えません。

あいつらのせいで、仕事がなくなっちゃたよ(涙)

と、不満を仲間内で話すでしょう。

「あー自分の国に帰れば良いのにな!」

と思うかもしれません。


そして、そういう不満を持つ人が大勢になったら?

その結果、○○国の人達を差別するようになるかもしれませんし、
腹いせに暴力事件が起こる可能性もあります。

出稼ぎ労働者の子供は、学校でいじめに合うかもしれません。


するとどうなるか?

真面目に働いているのに、迫害された○○国の人達は、
同じ民族同士で、団結します。

できるだけ同じ地域に住み、助け合いますよね。

身を守るための、生き物の自然な行為です。

そして次は、団体同士で敵対します。


つまり、これらのことがもたらす問題点は、治安の悪化です。

対立がエスカレートして、テロの可能性に
つながる危険性もあります。


実際に、移民をたくさん受け入れたヨーロッパなどでは、
こういった対立が起こっています。

ドイツでは、出稼ぎ労働者を多数受け入れた結果、
メルケル首相が、「移民政策は完全に失敗だった」と、
公式に発表しています。


このように、海外からの安価な労働力を受け入れることは、
とても難しい問題に、つながる可能性があります。

おわりに

グローバル化の問題点のご紹介でした!

政府では、移民の受け入れを議論している、
というニュースがたまに流れます。

少子化で労働力不足を補うためですね。

しかし日本は島国で、どちらかというと閉鎖的だと思いますし、
上記のような問題点もありますので、移民受け入れの議論は、
よくよく慎重になった方が良いと思います。

うまく文化が融合して、仲良くできれば最高ですが、
なかなか難しいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook

コメント

  1. キムタロ より:

    大変分かりやすく勉強になります。
    今までの内容をまとめた書籍化等はしないんでしょうか?

    • オトメンパパ より:

      キムタロさま、こんにちは。

      嬉しいコメントありがとうございます^^

      > 今までの内容をまとめた書籍化等はしないんでしょうか?

      お、恐れ多いことですが・・・
      そんな素敵な機会があれば、是非やってみたいと思います^^

      ありがとうございました!

  2. より:

    出典などを教えてもらいたいのですがよろしいでしょうか。

    • オトメンパパ より:

      えーっと、出典は特にありません(^_^;)
      今回の記事は、今までの読書や経験で私の中にある知識から書いていますので。
      宜しくお願い致します。