税金の種類は?数はいくつあるの?一覧で!

先日、「身近な税の使い道」について、娘と話したことを、ご紹介しました。

税金の使い道は?身近なくらしの中で何に使われている?

すると娘は、「使い道はわかったけど、税金って何種類あるの?」という疑問が出てきたようです。

私も気になったので、日を改めて調べてみたのですが、これが、かなりたくさんありました(^^;

スポンサーリンク

もう少しまとめられないの?できるでしょ?

断捨離しましょうよ~!

というような数でした(笑)

そこで今回は、税金の種類や数を、国税と地方税に分けて、一覧でご紹介しますね。

税金の種類は?数はいくつあるの?

がま口

税金は、国に納める国税と、都道府県や市町村の地方自治体に納める、地方税に分かれています。

それぞれの数は、次のようになっていました。

国税と地方税の数
  • 国税の税金の数:25種類
  • 地方税の税金の数:26種類

数については、国税の直接税と間接税、地方税の道府県税と市町村税をそれぞれ分けてカウントしました。

法律は残っているものの、2018年現在徴収されていない税金は、一部割愛しています。また、固定資産税など、都道府県と市町村で徴収されるものに関しては、重複してカウントしています。

では、国税から見てみましょう。

国税:国に納める税金の数は?一覧で!

国税は、直接税が9種類、間接税が16種類でした。

国税の直接税:9種類
  1. 所得税
    個人の1年間の所得(収入から必要経費を引いたもの)に対して課税される。
  2. 復興特別所得税
    東日本大震災による、復興に必要な財源を確保するための特別措置。平成25年から49年までの所得について、所得税を納める義務のある人が課税される。
  3. 法人税
    法人(企業)の所得に対して、課税される。
  4. 地方法人税
    平成26年3月に公布された地方法人税法により、創設。法人税の納税義務のある法人が課税対象。
  5. 地方法人特別税
    法人事業税を申告納付する法人に対して、課税される。
  6. 復興特別法人税
    東日本大震災による、復興施策に必要な財源を確保するための特別措置。廃止が決定され、平成26年4月1日以降に開始する事業年度については、課税されない。
  7. 相続税
    亡くなった人から、遺産を相続(受け継いだ)した際に課税される。
  8. 贈与税
    財産を譲り受けた際に課税される。ただし、個人からの贈与が対象で、法人からの贈与は所得税となる。
  9. 地価税
    個人や法人が、一定の土地等を保有しているときに課税される。1戸当たり1000平方メートル以下の土地や、1平方メートル当たりの価額が3万円以下の土地などについては非課税。固定資産税とは別。

復興特別所得税が課税されていることに、サラリーマンで気がついている人はどのくらいいるのでしょうか?

天引き(源泉徴収)って、すごい徴収しやすいシステムです( ̄▽ ̄)

ちなみに、同じ東日本大震災のための復興特別法人税に関しては、1年前倒しで廃止されることになりました。

所得税は残り、法人税は廃止となるわけですが、どういう基準なのでしょう?

まだ復興は全然進んでいないようですが・・・

続いて国税のうち、間接税についても見てみましょう。

国税の間接税:16種類
  1. 消費税
    商品の購入や、サービスの提供などの取引に対して、課税される。地方消費税と合算して、2015年現在は8%。
  2. 酒税
    お酒(日本酒やビール、ウイスキーなど)に対して課税される。
  3. 揮発油(きはつゆ)税
    ガソリン税とも言われ、ガソリンなどを製造所から出荷する際に課税される。
  4. 地方揮発油税
    揮発油税と同じもので、地方自治体に、財源を譲与することを目的としている。
  5. 石油ガス税
    自動車に石油ガス(タクシーなどの営業用車両に使用される燃料用のガス)を充てんする際に、課税される。
  6. 石油石炭税
    国産の原油、天然ガス、石炭を採取する際、又は原油、天然ガス、石炭及び石油製品を輸入する際に課税される。
  7. 航空機燃料税
    飛行機(航空機)に積み込まれた燃料に対して課税される。
  8. 電源開発促進税
    一般電気事業者(電力会社)が、一般家庭などへ電気を販売する際に課税される。
  9. (国)たばこ税
    たばこを製造する際に課税される。
  10. たばこ特別税
    たばこを製造する際に課税される。平成10年以降、当分の間課税される。
  11. 自動車重量税
    自動車の車検を受ける際に課税される。税額は重量に応じて定められている。
  12. 登録免許税
    不動産の登記、船や飛行機の登記や登録、会社の登記、特許業務に関する許認可などの際に課税される。
  13. 印紙税
    一定額以上の取引に対して、契約書や領収書などの文書を作成する際に、課税される。
  14. 関税
    輸入した商品に対して、課税される。
  15. とん税
    外国の貿易船が、日本へ入港する際に、その大きさに応じて課税される。船の大きさをトン単位で表すため、とん税。
  16. 特別とん税
    とん税とほぼ同じで、地方公共団体に財源を譲与するため、課税される。

ちなみに、ビール大好きな管理人が気になる、ビール類の酒税です。

けっこう高い額を、徴収されているんですね~

ビール類の酒税3種類
  • ビール:約77円
  • 発泡酒:約47円
  • 第三のビール:約28円

※缶350mlあたり

2018年現在、ビール類の酒税を一本化して、一律54円とすることが決まっています。10年かけて段階的に統一していくそうですよ。

すると、ビールは少し安くなり、発泡酒や第三のビールは少し高くなります。それに伴い、ビールメーカーは販売戦略を練り直す必要があるそうです。

お酒メーカーも、大変ですね(^^;

次は、都道府県や市町村の、地方税を見てみましょう。

地方税:都道府県に納める税金の数は?一覧で!

持つだけで税金

都道府県に納める地方税は、
直接税が9種類、間接税が4種類です。

直接税からです。

地方税(都道府県)の直接税9種類
  1. 道府県民税(住民税)
    所得に対して課税される。国税の所得税との違いは、その年の所得に対して課税されるのが所得税で、地方税である住民税は、前年の所得に対して課税される。個人と法人にかかるものがある。
  2. 事業税
    定められた特定の事業を営んでいる場合(個人、法人とも)に、課税される。
  3. 不動産取得税
    土地や建物といった、不動産を取得した際に課税される。
  4. 固定資産税
    本来、市町村でかかる固定資産税だが、大規模な償却資産を所有する場合、一定の額を超える分について課税される。
  5. 自動車取得税
    自動車を取得した際に、課税される。消費税が10%に増税される際に、廃止される予定。
  6. 自動車税
    自動車を所有している場合、排気量(トラックの場合は最大積載量)に応じて、年に1回課税される。
  7. 鉱区税
    鉱業権のある鉱区を所有してと、課税される。
  8. 狩猟税
    野生動物を、狩猟する人が毎年課税される。地方自治体に協力して、有害鳥獣を捕獲する場合は、2015年度から免除される。
  9. 核燃料税(法定外普通税)
    原発の発電用原子炉に挿入される核燃料の価格に応じて、原子炉の設置者に課税される。再処理施設での取扱いにも、核燃料等取扱税(茨城県)、核燃料物質等取扱税(青森県)が課税されている。

核燃料税なんてものまで、あるんですね!

続いて、間接税です。

地方税(都道府県)の間接税4種類
  1. 地方消費税
    商品の購入や、サービスの提供などの取引に対して、課税される。国税の消費税と合算して、2015年現在は8%。
  2. 地方(県)たばこ税
    日本たばこ産業(株)などが小売販売業者に売り渡したたばこの本数に応じて課税される。
  3. ゴルフ場利用税
    ゴルフ場を利用したときに課税される。
  4. 軽油引取税
    軽油の引取りをしたときその数量に応じて課税される。

消費税って、国税の6.3%分と、地方税の1.7%分で、合わせて8%だったんですね。

10%になることが決まりましたが、増税すると高確率で経済が悪化すると思うので、今からでも中止してほしいものです・・・

消費税10%への増税はいつから?再延期されました!

続いて、市町村が徴収する、地方税です。

スポンサーリンク

地方税:市町村に納める税金の数は?一覧で!

市町村に納める地方税は、
直接税が11種類、間接税が2種類です。

地方税(市町村)の直接税11種類
  1. 市町村民税(住民税)
    所得に対して課税されるが、国税の所得税は、その年の所得に対して課税され、地方税である住民税は、前年の所得に対して課税される。個人と法人にかかるものがある。
  2. 固定資産税
    土地や家屋などの不動産、及び事業に使う機械設備などの償却資産に、課税される。
  3. 軽自動車税
    原付バイクや、軽自動車などを所有している場合、1年に1回課税される。
  4. 鉱産税
    鉱物の採取を行う鉱業者に課税される。
  5. 特別土地保有税
    一定規模以上の土地を取得、又は所有する際に課税される。平成15年度以降は、新たな課税が停止されている。
  6. 事業所税
    人口30万人以上の都市(指定都市等)の、一定の規模以上の事業所が課税される。
  7. 都市計画税
    市街化区域内に所在する、土地や建物に課税される。固定資産税と一緒に納付する。
  8. 水利地益税
    水利に関する事業や、都市計画法に基いて行う事業などの、利益を受ける際に、土地や家屋に対して課税される。2015年現在も課税している市町村は、非常に少ない。
  9. 共同施設税
    共同施設の維持管理のために、共同施設利用者や受益者に課税される。2015年現在、課税している市町村はない。
  10. 宅地開発税
    市街化区域のうち、公共施設の整備が必要とされる地域内で宅地開発を行う場合に、面積に応じて課税される。2015年現在、課税している市町村はない。
  11. 国民健康保険税
    国民健康保険を利用する、被保険者に課税される。国民健康保険税と国民健康保険料があり、両者はほとんど同じものだが(時効年数などが違う)、自治体によって、どちらかが採用されている。

国民健康保険税と、国民健康保険料が2つあるって、意外と知られていないのではないでしょうか?

私も以前に、税金だったんだ!と、思ったことがあります(#^.^#)

さいごは、市町村に納める税金のうち、間接税です。

温泉

地方税(市町村)の間接税2種類
  1. 地方(市町村)たばこ税
    たばこの製造業者が、たばこの販売業者に売り渡す際に、本数に応じて課税される。
  2. 入湯税
    温泉に入浴する際に課税される。減免措置を行っている市町村もある。

たばこもお酒と並んで、税金の負担が大きい商品ですね。
しかし、4種類も必要なのでしょうか?
徴収後に、分配しやすい仕組みなのでしょうが、たばこを扱う業者さんは面倒でしょうね。

また、すでに課税されていなかったり、一度も課税されていない項目もあるんですね。

たばこ税もそうですが、これらを統廃合してもう少しスッキリできないものでしょうか?

まあ、ウソかホントか、中世の時代から課税する側は、あえて税の体系を複雑にして徴収しやすいようにしている、と、何かの本で読んだことがあります(^_^;

おわりに

税金の種類や数のご紹介でした!

こうやって調べてみると、ありとあらゆる取引に対して課税されていることがわかりますね。

ゴルフ場利用税なんて、最初冗談かと思いました(笑)
遊園地利用税とか、キャンプ場利用税とかはいらないんですかね?

まるでクモの巣のようで、人間が動けば、何かの税金に引っかかりますね( ̄▽ ̄)

まあ、税金は大切なものだとは思うのですが、少し取られすぎのような気も(ボソッ)・・・

税金とは?についてわかりやすくまとめました!

図書館
税金とは何か?中学生にも簡単にわかりやすくご紹介!

43 Comments

オトメンパパ

道府県民税(住民税)、市町村民税(住民税)と、それぞれの項目の先頭に記載してありますが・・・(^^;

返信する
っっっっっっ

たくさんあって、大変そうです。  こんなにたくさんの税金をはらってたとは!!

返信する
オトメンパパ

っっっっっっ様、こんにちは。

コメント、ありがとうございます^^

返信する
Takuminnnnnn

税金作文の参考にさせていただきました!
税金には、そんなにたくさんの種類があるんですね!

返信する
オトメンパパ

Takuminnnnnnさま、こんにちは!

参考になり、良かったです^^
税金、種類ありすぎですw

返信する
The Carnivalous Carnival

私も税金についての作文の参考にさせていただきました!
すごく分かりやすかったです!
ありがとうございました!

返信する
蒼きドンだー

ためになりました!有難うございました!宿題の作文もはかどりました!

返信する
機関車トーリマス

とても参考にさせて頂きました!
とても分かりやすかったです!

返信する
ラッキーセブン

税金のことが、なんとなくですが、だいぶわかりました。ありがとうございました。

返信する
ぷぷぷ

宿題に出てる作文の参考にさせていただきました!
とても助かりました!
ありがとうございます

返信する
オトメンパパ

娘も税金の宿題が出ているようです(笑)
コメントありがとうございます!

返信する
サアサチハ

同じコメントをするようですが、税についての作文を書くのにとても参考になりました!
まとまっていてとてもわかりやすかったです^^*

返信する
オトメンパパ

サアサチハさま、ありがとうございます。

確かに似たコメントが多いですが(笑)、とても嬉しいコメントです♪

返信する
mayuko

税のことについてよく分かりました。ありがとうございました。
私も税についての作文が書けそうです。

返信する
mayuko

税についてのことがよく分かりました。私も税についての作文が書けそうです。
ありがとうございました。

返信する
税金大嫌い

こんだけ税金とってても国債が多いのは納得いかないなぁ〜(笑)
まだまだ税金引き上げないと日本はやっていけないのかもしれない。

返信する
オトメンパパ

税金大嫌いさま、こんにちは。

これ以上引き上げられると、庶民は干上がっちゃいます(笑)

返信する
オトメンパパ

ハルルン様、こんにちは。

それは良かったです!宿題頑張ってください^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。