債券とは?誰よりも簡単に!わかりやすく解説!

先日友人から「国債を買おうかと思っている
と相談されました。

買おうとは思っているものの、
ぶっちゃけ、債券って何?と聞かれました(笑)

何となくは、わかっているようでしたが、
一度買う前にちゃんと知っておきたい、とのことで、
友人でありFPでもある、管理人に聞いておこうと思ったそうです。


銀行の定期預金では全然増えないし、株はちょっと怖い。

で、債券は?ってなったそうです。

そこで、債券について説明すると、よくわかった!
サンキュー!って感謝されたんですね(^▽^)

なので今回は、債券とは?簡単にわかりやすく
ご紹介したいと思います。

債券とは?簡単にわかりやすく!

お金


債券とは、国や地方自治体、企業など(発行元)が、

お金が必要になった~という時に発行します。

国で言えば、税収が足りない、企業で言えば、
利益が足りない、でもお金は使いたい、という場合です。

この発行した債券を、投資家に買ってもらうことで、
発行元は、資金を得ることができます。


債券には、発行元によって、次のような種類があります。

債券の種類

  • 国が発行:国債
  • 地方自治体が発行:地方債
  • 企業が発行:社債(事業債)
  • 銀行などが発行:金融債
  • 政府機関や特殊法人などが発行:政府保証債

では、投資家はなぜ債券を買うのか?というと、
儲かるから、ですね。


債券を発行した発行元は、償還日と呼ばれる満期日が来たら、
償還金額(元本)を全額返済する必要があります。

また、決まった利息を、定期的に支払う必要もあります。

つまり債券は、借用書のようなものですね。


投資家は、この借用書があれば、発行元から、
お金を返してもらう権利と、利息をもらう権利が発生します。

ただ、借用書と違う点は、株式のように、
市場(しじょう)で売買することが可能な、有価証券という点です。

といっても、株のように値動きは激しくありません。


では、債券はどんなリターン(儲け)があるのでしょう?

次で見てみましょう!

スポンサーリンク

債券のリターン(儲け)は?あらかじめ決まっている

コイン

債券のリターン(儲け)はどのように決まるのでしょうか?

次の内容が、あらかじめ債券の発行時に設定されています。

<債券の発行時に決まること>

  • 満期日(償還日):○年後に償還金額を全額払います
  • 利子・利払い方法:金利は○%で、利払いはこうします
  • 償還金額(額面金額):償還日にこの金額を返済します


上記の内容が決まっているため、債券の購入時に、
投資家は、あらかじめリターンを計算することができます。

例えば、次のような債券が売られていたとします。

<例:○○社債>

  • 満期日(償還日):5年後
  • 利子:金利は年3%
  • 償還金額(額面金額):100万円
  • 売買額:105万円


こんな債券が売られていた場合、投資家は
5年間で次の利息を得ます。

単純計算で、100万円×3%×5年=約15万円得ることができます。

そして、5年後に100万円が返ってきますので、

利息の15万円と、返ってきた100万円で、
115万円を手にします。

ということは、

115万円-投資金額105万円=10万円の儲け

となりますね^^


では、債券のリスクはどうなっているのでしょうか?

これも次で見てみましょう。

スポンサーリンク

債券のリスクは?大きく2つ!

債券のリスクとしては、次の2つがあります。

<債券のリスク>

  • 信用リスク
    その発行元の国や地方自治体、企業が破たん・倒産した場合に、
    償還金額の返済が行われない可能性があります。
  • 金利変動リスク
    また、金利が上がると債券の価格は下がる傾向があり、
    金利が上がりそう、物価が上がりそう(インフレ時)という場合は、
    債券は不利になる傾向があります。

※償還日まで待たずに、売却をする予定の場合は、
 買った金額よりも下がるリスクもあり。

リスクって何?:資産運用でいうリスクは簡単に言うと「損をする可能性のある金額のこと」です。この可能性にも大小があります。

でも、信用リスクって言っても、どのくらいリスクが
あるのかわかりませんので、格付けというモノサシがあります。

格付けとは?発行元の信用度のモノサシ

債券の格付けとは、格付け会社と呼ばれる企業が、
評価してランク付けしたものが、格付けです。

  • 償還金額がちゃんと返ってくるの?
  • 債務不履行(さいむふりこう)にはならないの?

っていう時の、信用度の判断に使う、モノサシです。


最も評価の高い格付けが、AAAで、
続いてAA、A、BBB、BBと続いていき・・・最後、CやDとなります。

会社によっては、Aaa、Aa1、Aa2・・・もあります。

AAAに近いAAは、AA+(プラス)とされたり、
Aに近いAAは、AA-(マイナス)とされることもあります。

+や-ではなく、見通しとして、「ネガティブ」や「ポジティブ」で、
備考みたいな感じで、細くがついたりもします。


信用度が高いほど、利息は低くなり、
信用度の評価が下がるほど、利息は高くなります。

BBB以上は、「投資適格」と呼ばれていて、BB以下は投資ではなく、
投機的格付けと呼ばれます。

おわりに

債券とは?の説明でした^^

友人は、説明を聞いたあと、
変動金利型の10年の国債を購入したそうです。

ちなみに日本国債の格付けは、2014年現在、
Aa3(ムーディーズ)です。

意外と低いという印象ですね。

一応、世界最大の債権国ですし、1,000兆円と言われる借金も、
その9割以上は国内で消化されているため、
今のところ、デフォルトリスクはかなり低いと思います。

財務省も、米国の格付け会社に、意見書を提出しているようですね。

低すぎだろ(怒)!って(^▽^)

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする