老後の貯金は1000万で足りるの!?計算してみました!

朝から晩まで忙しく働いてらっしゃるサラリーマンの皆さん、
子育てと家事とパートを両立して頑張っている主婦の皆さん、
お疲れ様です!

突然ですが、今頑張っている分、
老後は楽しくゆったりと過ごしたいですよね^^

例えば、

  • 引退したあとは、趣味に没頭したいな~
  • 都会から引っ越して、田舎暮らしをしてみるのもいいな~
  • 忙しくて嫁さんにサービスできなかったし、老後は夫婦で温泉めぐりもいいな~(^▽^)

なんて、老後の楽しい想像をするのも良いですよね。


ただその前に、
避けては通れない現実があります。

それは、

老後の資金問題です(*´Д`)

先立つものがないと、旅行どころではありませんから。


では、老後の貯金って一体いくらあれば、足りるんでしょうか?

よく耳にする、1000万円という貯金があれば十分なのでしょうか?

そこで今回は、

不安を感じつつも、「まあ、なんとかなるだろ」と、
意外とスルーしてしまいがちな老後の貯金について、
いくらあれば、楽しく豊かに暮らしていけるのか、

ファイナンシャルプランナーでもある管理人が、
実際にシミュレーションしてみた結果を公開します。

老後に必要な貯金額の計算方法は?

ジョギングするシニア夫婦


定年退職後は、お勤め先からのお給料が当然なくなります。

そして、すぐに公的年金が支給されれば問題ないのですが、
残念ながら、定年60歳に対して、年金の支給開始は65歳です。


また、自分に必要な生活費が、年金でまかなえるのかも不安が残ります

そこで計算するわけですが、必要な貯金額については、
今回、次の計算で求めますね。

老後の貯金額の計算式

(A:定年退職後の年間支出-B:定年退職後の年間収入)
×C:年数=定年までに貯めておく貯金額


例えば、

Aの年間支出が500万円として、
Bの年間収入が400万円とした場合に、
Cが5年なら、

(500万円-400万円)×5年=500万円

計算した答えが、必要な貯金額(500万円)となります。

もしも計算した答えがマイナスになった場合は、収入が支出を上回っているので、
ここでは貯金は不要となります^^


期間については、次のように2つに分けて計算します。

計算する老後の期間は2つに分ける

  • 60~65歳まで(公的年金が支給されない空白期間)
  • 65歳以降(公的年金が支給される期間)


この2つの期間で、それぞれ計算し、出た貯金額を合計すれば、
おおよそ引退するまでに、いくら貯金しておけば良いかがわかります。

スポンサーリンク

老後の支出について

食事するシニア夫婦


ではまず老後の支出についてですが、
以前こちらにまとめました。

老後の生活費をシミュレーション!一体いくら必要なのか?


こちらの記事では、老後の支出をシミュレーションした結果が、次の通りでした。

毎月22万円×12カ月+その他年単位の支出47万円
=合計311万円(夫婦2人世帯、持家一戸建て住宅ローン済の場合)


共通して、この311万円を年間の支出として使用します。

少ないよ~、いやいや、多いよ~と思われる場合は、
ご自分にあった金額に置き換えてください。

老後の支出は年間311万円

老後の収入について

老後の収入について最低限、次の収入源があります。

老後の収入源(最低限)

  • 公的年金(国民・厚生年金)


勤め先の状況や、個人によって、
次のような収入源もありますね。

老後の収入源

  • 企業年金
  • 個人年金(生命保険など)
  • 確定拠出年金
  • 退職金
  • 金融資産(預貯金・株)
  • 不動産収入(売却や家賃収入)
  • 労働収入


今回のテーマでは、「老後までにいくら貯金する必要があるのか?」

なので、人によってはあったりなかったりするものは省いて、
公的年金以外は「ないもの」として計算します。

公的年金(国民・厚生年金)でいくらもらえるの?

では、公的年金はいくらもらえるのでしょうか?

これは、「ねんきん定期便」を活用することで、
ほぼハッキリします。

ねんきん定期便に、将来の年金見込額を試算することができる
用紙が入っていますので、それを利用します。

老齢基礎年金の計算↓
老齢基礎年金

老齢厚生年金の計算↓
老齢厚生年金

ちょっと面倒ですが、数字を当てはめていくだけなので、
一度計算してみてください。

当記事の計算では、厚生労働省の平成18年発表の平均値で計算します。
(ちょっと古くてスミマセン(≧_≦))

平均値は、昭和41年生まれの方が、65歳から支給される額です。

年金の受給額(平均値)

  • 経済パターン1(平成18年の経済動向をふまえた場合)
    夫婦2人(夫40年間サラリーマンで妻は専業主婦の場合)で27.8万円
  • 経済パターン2(平成13年頃の経済動向をふまえた場合)
    夫婦2人(夫40年間サラリーマンで妻は専業主婦の場合)で24.1万円


今回は、少ない方の24.1万円で計算します。

老後の収入(公的年金のみで)は、
月24.1万円で年間約289万円

スポンサーリンク

老後の資金(貯金額)はいくら?計算開始!

それでは、老後の貯金額を計算していきたいと思います。

60~65歳までの、年金が支給されない期間と、
65歳以上の、年金が支給される期間に分けて、計算しますね。

60~65歳まで(公的年金が支給されない空白期間)

お仕事を60歳で定年退職したとして、
公的年金が支給される65歳までの期間です。

60~65歳までの期間の必要な額

(A:定年退職後の年間支出 311万円-B:定年退職後の年間収入 0円)
×C:5年間=定年までに貯めておく貯金額 1,555万円

60~65歳までに必要な金額は、1,555万円です。

65歳以降(公的年金が支給される期間)

やっと年金が支給されるようになった、
65歳以降の期間です。

Cの年数については平均寿命(2012年:約83歳)で計算します。

65歳以降に必要な額

(A:定年退職後の年間支出 311万円-B:定年退職後の年間収入 約289万円)
×C:18(83-65)年間=定年までに貯めておく貯金額 396万円

65歳以降83歳までで必要な金額は、396万円です。

老後の資金(貯金額)は夫婦でいくら必要か?

60~65歳まで:1,555万円
65~83歳まで:396万円

合計:1,951万円

が老後に必要な貯金額となりました。


この金額を、60歳の定年までに貯金すれば良いわけです。
しかし、なかなかの大金です(^^;

貯金箱


実際にはここから、
退職金や確定拠出年金で支給される金額を引き算します。


例えば、退職金はなくて、代わりに確定拠出年金で、
月に2万円ずつ掛金を拠出し、年に3%複利で30年間運用できたとしましょう。

この例の場合、

元利合計:約1,176万円が定年後に受け取れます。

そうした場合、

1,951万円-1,176万円=775万円

となります。

だいぶ軽くなりますね^^


確定拠出年金の複利運用について詳しくはこちら

確定拠出年金と退職金の違いは?複利の凄さとは!!

仮にこの金額を、20年で貯めるとすると、

月に約32,292円です。

30年で貯めるとすると、

月に約21,528円です。

この金額を、定年退職までに貯金することで、
計算上は、老後を心配せずに暮らせます^^

仲良し老夫婦

最後に

前提条件が人それぞれ様々ですが、計算の金額を変えたり、
企業年金がもらえる場合は、その分を収入に追加したりすることで、
計算することができますので、一度計算してみてはいかがでしょうか?

私も老後のテーマを何度かにわたりブログでとりあげ、
調べたり、計算する事で、

漠然としていた「老後に関係するお金」について、
自分の中で、リアルに想像することができました。

その結果、

なんとかなりそうね♪

ヤ、ヤバイ・・・(;゚Д゚)

あ~けっこう余裕だわ。

・・・などなど様々だとは思いますが、
60歳の時に、ヤバイ!!は、辛いので、ぜひ。

自分で計算しておきながら、私は毎月の貯金額には正直ビビりました(*´Д`)

でも、早めに知ることで、準備することができると、
前向きに考えることにします(^▽^)

長くなりましたが、
読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする