安倍首相が談話発表!その意味は?わかりやすく!

平成27年8月14日に、安倍首相による、
談話が発表されましたね!

今回も先の大戦についての侵略を謝罪するのか?
それとも村山談話を否定するのか?

安倍首相は以前、「いつまでも謝り続けるのはよくない
という意味の発言を、されたこともあります。


そのため、右も左も含めた国内外が注目していましたが、
実際は、とても計算された、文句のつけようがない談話でした。

でも、文章がけっこう長いので、
今回は安倍談話をわかりやすく
次の部分を意識してご紹介しますね!

  • 客観的に
  • その背景も紹介


同じ日に、総理大臣記者会見も行われましたので
その内容もふまえつつ、一緒に見ていきましょう!

安倍談話の意味をわかりやすく!

安倍談話をわかりやすく


それでは、重要な部分※を抜き出しつつ、
それ以外は切り捨てて、ご紹介していきますね。

※もちろん全て重要ですので、お時間のある時に全文を読まれることもオススメします。
出典:安倍首相談話

スポンサーリンク

安倍談話の注目点1!冒頭から!

まず、冒頭で注目したい部分は次の内容です。

~引用ここから~

百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。

~引用ここまで~


しょっぱなからコレです。

さすがです(# ̄v ̄#)


日本は、太平洋戦争の時に、韓国や東南アジアを
植民地にした、極悪人のような存在とされています。
(その真偽は今回の記事の趣旨ではないのでふれません)

戦勝国※によって。

※アメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランスなど


しかしそもそも、植民地支配をガンガン行っていたのは
上記の戦勝国に含まれる西洋諸国です。

植民地支配の歴史と規模においては、
日本なんて足元にも及びません( ̄▽ ̄)

そのため、侵略やら植民地について、
日本ばかりしつこく言われることないよね?

というメッセージが読み取れます。

やんわりと、しかし鋭くクギを刺しています。

素晴らしい( ´∀`)b


続いては、日本の過ちについてです。

安倍談話の注目点2:日本の政策の誤り

間違い


日本が第二次世界大戦に進んでしまった、
政策の過ちを、具体的に反省しています。

とはいえ、その戦争に至った
原因の一つは、西洋諸国にもあるんだよ、
ということも、さりげなくふれられています。


この部分です↓

~引用ここから~

世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。
~引用ここまで~


ブロック経済とは簡単に言うと、仲間内だけで商売をして、
仲間以外は締め出す作戦です。


植民地を持たない日本は締め出されて、
経済がアップアップで大不況。

このままではヤバイ!ということで、
日本は力の行使で解決しようとしました。
という意味ですね。


その結果、世界中が第一次世界大戦の教訓から作った、
国際連盟を脱退して、戦争へ突き進んだことが誤りであった、
と明確にしています。


本当にその通りだと思います。

日本はなんと、イギリス、フランス、イタリアと
並んで国際連盟の常任理事国でした。


満州国を否決され、ブチ切れて脱退したのですが、
この時点で、世界の大多数を敵に回したわけですね。

結果、戦争にボロ敗け。

これが誤りでなくて何なのでしょう?


村山談話では曖昧だった、この部分を
安倍談話では、明確にしています。

この点を、談話発表の会見でも安倍首相が
おっしゃっています。

村山談話の問題をゆるく指摘:会見から

村山談話では、何をもって「国策を誤った」のか、
「どの政権が間違った」のかが曖昧だった
ので、
議論の元になりましたが、この点を明確にされています。

~引用ここから~

今回の談話を作成するに当たりまして、「国策を誤り」といった抽象的な用語に終わらせることなく、どのように針路を誤ったか、歴史の教訓を具体的に酌み取らなければならないと考えました

出典:平成27年8月14日安倍内閣総理大臣記者会見

~引用ここまで~


詳しくは、以前記事にしました。

村山談話の問題点とは?わかりやすく解説!

安倍談話の注目点3:平和への誓い

平和


安倍談話では、武力での解決を否定し、
平和な国で居続けるための誓いも立てています。

~引用ここから~

我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります

~引用ここまで~


今後、我が国は自らが武力に頼るだけではなく、
他国に対しても、平和の使者として、
「戦争やめましょうね!」と働きかけていくそうです。


この文章から、「安倍首相って戦争支持者なの?
と不安に思う国民の方は、必要以上に心配しなくても、
大丈夫と言えませんか?

談話で、国内にも国際社会にもここまで宣言しておいて、
戦争を画策するでしょうか?

論理的に考えて、あり得ないですよね(^^;

嘘つき首相として、歴史に名を残す不名誉な
ことになりますよね。

安倍首相にとって、何のメリットもありません。


本当のところは安倍首相しかわかりませんが、
答えはNOの可能性が、圧倒的に高いと言えます。

注目点4:他国への感謝

ありがとう


敗戦国である日本が、ここまで復活できたのは、
他国のおかげです!と、丁寧に感謝しています。

~引用ここから~

敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

~引用ここまで~


これで国際社会の皆さんは、
「日本、わかってるね~感心感心(#^.^#)」
と、上から目線で納得してくれるでしょう。


最後は、特に管理人が個人的に気になっていた、
談話内で謝罪するのかどうなのか?という点と、
未来永劫、日本は謝り続けないといけないのか?
という点です。

スポンサーリンク

最後の注目点5:安倍談話の謝罪について

気になる「謝罪」ですが、安倍談話では、
明確に謝罪していません

しかし、似た意味のことは書かれています。

こんな感じ↓

~引用ここから~

  • 痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます
  • 計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実
  • 歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないもの

~引用ここまで~

今までの、謝罪外交に終止符を打つ
宰相の誕生ですね(#^.^#)


とはいえ、談話はとても謙虚で、
傲慢な印象は全くありません。


そして、日本人としてとても気になる超重要な、
「子孫への謝罪を続けさせる」ことを否とする
ことも言われています。

~引用ここから~

あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

~引用ここまで~


有難いことです(ノД`)・゜・。

さいごに

安倍首相の談話をわかりやすく説明してみました!

突っ込みどころが少ないにも関わらず、
日本の言いたいこともちゃんと言っている
高評価のできる談話だと思います。

これで、過去の談話はより良くアップデートされました(#^.^#)

あとは、河野談話をなんとかしてほしいところですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook