憲法9条の改正!メリットをわかりやすく3つで!

前回、憲法9条や、その問題点について、
ご紹介しました。

憲法9条とは?問題点も簡単にわかりやすく!

その中で、憲法9条の精神は素晴らしいものの、
日本の現状とは合っていない!という問題点がありました。

そこで、憲法9条を改正しましょう
という議論につながるわけですが・・・


実際、改正した方が良いのか?しない方が良いのか?
賛成か反対か?

どっちなんでしょうね?

この問題って、それぞれのメリットデメリットがわかって始めて、
それに対する賛成か反対がある、と思います。

そこで今回は、憲法9条を改正することのメリットを、
わかりやすくご紹介したいと思います。

※デメリットはこちらです^^

憲法9条!改正するデメリットは?解決策は?

憲法9条を改正することのメリットは?

手を上げる


まずは、憲法9条を改正することの、
メリットから見てみましょう。

3つにまとめました。

憲法9条を改正するメリット

  • 現状と憲法との相違をなくせる
  • 自衛官の負担を減らし命を守れる
  • 海外での邦人救出


憲法9条を改正すると、上記のメリットがあります。

それぞれ、見ていきましょう。

スポンサーリンク

メリット1:現状と憲法との相違をなくせる

メリットの1つ目は、憲法と現状の相違をなくせる、です。


憲法9条は、確かに素晴らしい憲法です。

理想的で、世界中の国々が憲法9条を持ち、軍隊をなくせば、
平和な世界が訪れるでしょう。

しかし残念ながら、それは綺麗事ですよね。


そのため日本には、憲法では「保持しない」と明記されている、
陸海空の戦力(自衛隊)があります。


「国権の発動としての戦争を放棄し」、
「国の交戦権は、これを認めない」とありますが、
実際に攻めてこられたら、自衛戦争も行えます。


崇高な憲法の理念を、守れていません

口先だけの状態というのは、言い過ぎでしょうか。


実際には、自衛権も認めているし、国防のために、
陸海空の戦力である自衛隊も認めているのですから、
憲法にもそう明記するのは、自明なことかと思います。


また、こんな意見もあるかもしれません。

「理想をかかげて、それに向かって軍縮して、
 いつかは軍を撤廃する努力が必要なんだ!」

しかし、今の国際情勢を見ると、これは実現不可能でしょう。


現実にある脅威に、対応する方法を考え、
憲法は?自衛隊は?これからどうあるべきか?
をしっかり考える時期が来ましたね。

様々な憲法解釈ができるのってどうなの?

それに、現憲法は人により解釈が異なる
という曖昧な部分が多いです。

でもこれって、逆に怖くないですか?


集団的自衛権も、憲法解釈でOKになりましたよね。

現在の憲法解釈は、その解釈する幅が、大きいような気がします(^^;


自衛権を保持していることを憲法に記載し、
自衛軍なり国防軍なり、その役割を憲法に明記することで、
矛盾点をなくせるメリットがあります。

メリット2:自衛官の負担を減らし命を守れる

自衛隊ヘリ
Copyright © 2013 陸上自衛隊 東京消防庁 警視庁 立川防災航空祭 2013 by Инариский


メリットの2つ目は、自衛官の負担を減らし命を守れる、です。

自衛隊の任務に、海外でのPKO(平和維持活動)があります。

今までに、カンボジアや南スーダン、イラクなどで
活動されています。


しかし、カンボジアでは、国連の選挙ボランティア中田厚仁氏や、
警官の高田晴行氏は殺害されましたし、南スーダンでは、
PKOの拠点のある宿営地などで銃撃戦が発生し、死傷者も出ています


そのため、自衛隊員も、危険な地域で身の安全を守るために、
武器を必要とする場合も出てきます。

当然ですよね。

当然なんですが、この「武器使用」に関する制約が、
他国の軍に比べ、自衛隊は多いんです。

それも、自衛官のPKO活動は、満足にできるの?
というレベルです。


なぜかというと、憲法で「武力行使」は禁止されています。

ただ、「武器使用」は、正当防衛と緊急避難に限って
認められています。

だから、武装ゲリラに襲撃された場合に、拳銃や小銃といった、
心許ない弱い装備で、正当防衛として応戦するのはOKですよ、
という状態で、派遣されました。

強力な武器は、持たせてもらえませんでした。


イラクのサマーワでは、自衛隊は道路補修などの
人道支援を行いましたが、治安の維持は、他国の軍
まかせるしかありませんでした。

自衛隊の武器使用基準では、治安の維持が難しいから、です。


また、「駆けつけ警護」は、武力行使に当たるため、
認められていません。

例えば、仲間である国連の職員が、離れた場所で襲撃されている!
という場合があったとします。

他国のPKO部隊であれば、当たり前のように駆けつけて助ける、
一緒に応戦するという状況です。

軍隊ですから、当たり前ですよね。


でも、自衛隊はこれができません

憲法で禁止されているからです(涙)

禁止ゼスチャー女性


当然、他国の隊員や、国連の職員からは、
「なんで?」となります。

軍事費で世界トップテン入りしていて、装備も充実、
経済大国第3位の日本の精鋭部隊なのに、なんで助けてくれないの?

私達を見殺しにするの?

理解できません。

と、なるわけです。

日本はPKOに参加できる状態ではない!?

これは、まだ日本が、

自衛隊をそういった地域に、送ることのできる状態ではない

と言えます。

でも、PKOの参加を決定した政治家としては、
国際社会で連携していくためには、国債貢献は必要
日本は大国だ、という事情もあるでしょう。

ごもっともです。

日本は、米軍に安全保障の面で、頼っています。

都合の良い時だけ、日本を助けてね~は、通用しません


だから、先に法律を整えてから、憲法が足かせなら、
憲法を改正してから、自衛隊(自衛軍?)を、
PKO活動に参加させるべきだと思います。

現場で活動される自衛官に、
全てのしわ寄せが来ているように思えます。


こういった不都合から自衛官を守ることも、
憲法を改正するメリットの1つです。

スポンサーリンク

メリット3:海外での邦人救出

メリットの3つめは、海外での邦人救出です。

現在の法制度では、邦人が海外で何らかのトラブルに遭い、
救助が必要な場合に、自衛隊が対応できるのは、輸送に限定※されています。

※アルジェリア人質事件(2013年):イスラム過激派グループが、日本人10人を含む41人を人質として拘束した事件。この後に自衛隊法が改正され、邦人の輸送が可能に。


ISIL(イスラム国)による人質事件などの場合は、
自衛隊は対応できません


そのため、政府内でも検討はされているようです。

~引用ここから~

自衛隊の海外邦人救出「枠組みが必要」…稲田氏

自民党の稲田政調会長は15日のNHKの番組で、外国でテロ事件などに巻き込まれた日本人の保護について、「(自衛隊が)救出できる枠組みを作ることは必要だ」と述べ、自衛隊による救出を可能にする法整備の必要性を強調した。
 一方、公明党の石井政調会長は同じ番組で、「昨年7月の閣議決定に書いている厳しい条件の下でどうしていくか、これからの議論だ」と語り、安全保障法制に関する与党協議で慎重に検討する考えを示した。
 昨年7月の閣議決定は、〈1〉テロなどが起きた領域国の同意〈2〉自衛隊の活動は領域国政府の権力が維持されている範囲に限定――を条件に、邦人救出などを可能にする法整備を進めるとしている。

出典:2015年02月15日 読売ニュース

~引用ここまで~


自衛隊が、邦人を救出できる枠組みが作られるのは、
良いことです。

しかし、ここで検討されている救出活動には、
厳しい条件が付きます。

テロが起きた国の同意が必要なのはもちろんですが、
自衛隊の活動は、

領域国政府の権力が、維持されている範囲に限定

されています。


つまり、治安が維持されている地域でのみ、
救出が可能というわけですね。


なぜかというと、テロ組織に支配されている地域に
救出に行くと、当然ですが武力衝突の可能性が高くなります。

すると、メリット2のところでお話した、
憲法で禁止されている、武力行使に該当するわけですね。

そのため、現行憲法の枠内では自衛隊を、
邦人救出のため、派遣することはできません。

実際には、法整備以外にも、人質の所在地を得るための、情報収集などの救出能力が必要です。

さいごに

憲法9条の改正によるメリットのご紹介でした。

始めは、デメリットも当記事でご紹介する予定でしたが、
かなり長くなりましたので、記事を分けました(^^;

憲法9条!改正するデメリットは?解決策は?

また、私は顔文字を使うことが多いのですが、
今回はシリアス過ぎて、あまり使えませんでした(笑)


あと、憲法9条の記事を書いてみて思うんですけど、
当たり前ですが、かなり難しいし、奥が深いです。

でも、しっかりと国民は向き合わないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook

コメント

  1. ゆらちー より:

    分かりやすかったです!
    最後にもう一度デメリットのリンクを貼っていただけると読みやすくなると思います(^_^)

    • オトメンパパ より:

      ゆらちーさま、こんにちは!

      嬉しいコメントをありがとうございます。

      > 最後にもう一度デメリットのリンクを貼っていただけると読みやすくなると思います(^_^)

      了解です。貼りました^^

  2. しゅうちゃん より:

    こんにちは。
    憲法改正のメリットとして教えていただきたいことがあるのですが、改正草案で、憲法13条に「全ての国民は個人として尊重される」が「全ての国民は人として尊重される」とあります。この個人から人へ変えることで、どのようなメリットがあると考えられるでしょうか?

    • オトメンパパ より:

      しゅうちゃん、こんにちは。

      > 改正草案で、憲法13条に「全ての国民は個人として尊重される」が「全ての国民は人として尊重される」とあります。この個人から人へ変えることで、どのようなメリットがあると考えられるでしょうか?

      この点、私は何もメリットはないと思います。なぜあえて変えたのでしょうね?何か意味がありそうですか?

  3. ビラ より:

    こんにちは。初コメです。
    憲法9条を変えるメリットに矛盾点をなくすことでねじ曲げて解釈される危険を減らす、とありましたがこの点疑問です。
    現行の文言でも自衛隊を持てるというムチャな解釈をする政治家たちなのですから改正した暁にはそれこそ(改正後の文言がどうあれ)国民徴兵くらいやってのけかねない人種だと思います。
    端的に言うと政治家を信用できません。
    徴兵制がー、というのは安直な感じもしますが自分はそれだけ政治家を信用できないと思います。
    長文失礼しました。

    • オトメンパパ より:

      ビラさま、こんばんは。

      コメントありがとうございます。

      それは確かに一理あるかもしれません。

      ・・・が、それを言っても、どうしようもないです(´ー`A;)

  4. M・勝(イニシャルに変更しました) より:

    「個人」として「人として」のちがい、「個」が尊重されるか否かの大きな違いが潜んでいるように思います。「個」の集合体が社会であるという現行憲法と、「個」をなくしてしまいたい意図が見受けられる改正案の違いは、明白であると思います。

    • オトメンパパ より:

      なるほど~ 今あるものを変えるのは難しいですが、乗り越えていかないといけませんね。

  5. M・勝(イニシャルに変更しました) より:

    自衛隊員が胸を張って職務に専念できるよう、9条は改正すべきと考えます。
    しかし、国民は自衛隊を戦地に送ることがないよう、政府をしっかり監視する必要があります。絶対に戦争に加担せず、死に物狂いの外交努力を政府に要求することが、主権者たる国民の責務になります。死を覚悟して入隊する自衛隊員を、本当に死なせてしまうことは、国民の恥です。

    • オトメンパパ より:

      M・勝(イニシャルに変更しました)さま、こんにちは。

      本当にその通りですよね。

  6. ある高齢者 より:

    わかりやすい議論いいですね。

    学者さんも含め、憲法議論に、以下の観点が欠落していると思われます。
    ①他者の欠落: 他国や敵対国を忘れて議論している。自己中。
    ②過度の忖度: 忖度が多過ぎ
    ③英文憲法:  世界に向かって発信している英文憲法を重視していない、学者さん、文学者さんの翻訳が自己中

    例:
    憲法前文:平和を愛する諸国民(周辺では、韓、北、ロシア、中)の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した … まさに究極の②忖度そのものです。
    ここで、平和って日本人の考える平和と同じと思っている人多いです。①他者概念がないんです。他者の平和とは、例えば、北朝鮮の言う平和ということです。まさか、日本人の言う平和を武力で押しつけるわけじゃないですよね。北朝鮮は日本が無くならないと平和じゃないとおもっているかもしれませんが、北がそう考えていたら甘んじて受容するという宣言が前文だということ。そう考えないと論理的におかしいです。

    自衛隊を持てる理屈として、「国際法がー」というのがありますね。でも、韓国は日本に対しては国際ルールまもらなくて平気ですよね、中国も常任理事国すが、南シナ海「国際判決はゴミくず」といっています。「国際法が-」と言っても、諸外国に②忖度しているだけで国内はOKでも、外国へ出ると「憲法に書いてないじゃん」と言わておしまいですよね。

    自衛隊を持てる理屈に「13条幸福追求権がある-」というのをご存じでしょうか? 日本人の中では通用しますが、海外へ出ると、10億人以上が、「解放軍が占領することが最大多数の最大幸福だ」と考えていますよね。 日本人の理屈、世界には通用しませんね。「自衛隊書いてないじゃん」でおしまい。

    9条③英文が明確。日本人が平和に対して出来ることは何んですか? ….「祈ること」としか書いてない。 
    あとは、けっしてXXしない…という文だけです。….『日本人は平和を祈るだけです。 戦争したり、抑止力で国際紛争を防いだりしません。その約束を証明するため、戦力や戦力と疑われるものは決して持たちません。交戦権や戦時国際法は憲法は認めない』…と読めます。 

    あたりまえですよね。日本は独立はさせてやるが、「日本がまた変なことを始めたら再占領できるように書いとくね。あとで改正してもいいけど」ということで書かれた憲法でしょうから。 それを日本語化するとき少し有利に脚色したのでわかりにくい日本語になっている。

    米国が引いたら、他の国が日本を占領しやすいというか、「日本人の80%が支持する日本国憲法に基づき占領する!憲法に反して権力を持っている者を撲滅する!」と敵国なら平気で言えるように書かれた憲法です。まさに敵国から見たら強力な「武器」か「錦の御旗」ですね。

    いかがでしょうか? ①②③見て考えてみるとこの70年間日本人が自己中と忖度論理で考えてきたのではないか? と考えて再考してみるのも良いのではないでしょうか?

    長文失礼。

    • オトメンパパ より:

      ある高齢者さま、こんにちは。

      なるほど~
      こういう読み方や分析もできるのですね^^

      つくづくこんな憲法を大事に大事にする意味がわからなくなります。
      米国から与えられた憲法。原爆を「2発も」落とし日本を蹂躙した国から与えられた憲法。
      いつまで改正しないのでしょうか(涙)

      良い部分は残して、問題のある部分はさっさと改正しましょうよ?