従軍慰安婦問題の真実!アメリカ報告書でも潔白が証明!

今回は、嬉しく重要なお知らせがあります。

日本敵視政策をとる韓国が、大きな声で叫ぶ
従軍慰安婦問題」についてです。

この従軍慰安婦の問題で、日本は長い間、
劣勢に立たされてきました。

アメリカには、従軍慰安婦の碑や慰安婦の少女像が設置され、
国際社会でも「やった」事になっています。


しかし強制連行の証拠も、性奴隷にした証拠も
出てきていません。


慰安婦の根拠は、元慰安婦と「自称」する方からの証言と、
朝日新聞の誤報、河野洋平元官房長官の発言です。

具体的な証拠は、1つもありません。


それが今回、ある素敵なアメリカ人男性のおかげで、
米国が1944年に行った、調査(尋問)の報告書が広まりました。


この調査の目的は、ズバリ、

日本政府・軍は、朝鮮人女性を性奴隷にしているのか?

です。


さあ、実際はどうだったのか?

従軍慰安婦問題の真実を、証拠付でご紹介しますね!

従軍慰安婦問題とは?

アメリカの慰安婦像


まず、さらっとおさらいします。

従軍慰安婦問題とは、第二次世界大戦(太平洋戦争)当時、
日本政府と軍が、朝鮮人女性を強制連行し、
無理矢理に性奴隷にした、とする問題を言います。

そしてこの問題のおかげで、加害者である日本は、いつまでも、
賠償※と謝罪を、被害者である韓国に求められています。

※1965年の日韓基本条約において、日本から韓国への莫大な経済協力が決まり、それに伴い韓国から日本に対する、一切の請求権は解決されました。
つまり、色々あったけれども、全ての過去を水に流し、今後は前を向いて、お互い歩んでいきましょう、という国と国の約束事ですね。
このことも、韓国は反故(ほご)にしようとしています。


さらに、韓国のロビー活動(広報活動)に伴い、米国には、
慰安婦の碑や慰安婦像が、公園などの公共の場に設置されました。

そこには、
日本は、うら若き朝鮮人女性を、20万人も性奴隷にした。
と書かれています。

そして、そんな像や碑を見たアメリカ人の子供たちの中には、
信じる子もいて、米国在住の日本人の子が、いじめに合ったりもしているようです。


さらに今後も、アメリカの別の都市や、
オーストラリアでの設置が、検討されています。


続いて、日韓両国の主張を、見てみましょう。

従軍慰安婦問題の日本の主張

民間業者が、慰安婦の募集を行い、
応募に応じた女性を、給料を払って雇用した。

実際には、あからさまな性の職業という書き方はしていなかったようです。
しかし、異常な高給での募集のため、普通はどんな仕事か、ピンとくる内容だったようです。


そして、政府や軍の関与はない。

もちろん強制はしていないし、性奴隷ではない


また、実際の慰安婦には、日本人女性も多く含まれていました。


しかし、朝日新聞も認めた有名な誤報で、愚かなことに、
日本自らの手で、慰安婦問題を国内外に発信してしまいました。

そして、河野洋平元官房長官は、河野談話という
公式文書の記者会見で、「軍による強制性があった」ということを、
なぜか証拠もないのに、認めてしまっています(涙)


その後、日本の政権はずっと、河野談話を継承するとしています。

しかし安倍政権では、河野談話は継承するけど、
性奴隷の証拠はなかった、というのが政府の見解です。


そのため、日本を海外から見ると、
やったのかやってないのか、どっちなのよ?」という状態です。

また、当ブログでは、
あくまで、「従軍慰安婦問題の真実がどうなのか?」
について記事にしています。
決して、慰安婦を正当化したり、女性の尊厳を傷つけるような意図はありません。


続いて、韓国の主張です。

スポンサーリンク

従軍慰安婦問題の韓国の主張

日本軍が若い朝鮮人女性20万人を強制連行して、

戦場を連れ回し、性奴隷にした( `ー´)ノ


日韓基本条約は、個人の賠償までは含めていないので、
今後も謝罪と賠償を請求していきます!


非常にシンプルです。

日本の主張と、だいぶ開きがありますね(--;

強制連行はなかった!アメリカの証拠が見つかる

日韓の主張には、だいぶ開きがありますが、
本当のところはどうなのでしょうか?

そこで、今回の本題です。


なんとこの答えが、

アメリカの報告書にありました!

テキサス親父さんの快挙

テキサス親父


問題の、米国の報告書ですが、

テキサス親父さんという方が、発見し、
紹介してくれたことで大きく広まりました。


テキサス親父さんとは、トニー・マラーノさんという、
アメリカのテキサス州に住む、63歳の、
義理と人情に厚い親日家のナイスガイ(^▽^)


最初、この米国の報告書を、ネット上で発見されたそうです。

この興味深い報告書の真偽はどうなのか?


普通は疑問に思って終わりですが、行動力バツグンの
テキサス親父さんは、アメリカのワシントン郊外にある、
国立公文書館へ問い合わせを行います。

もう、本当に素晴らしい(涙)

スポンサーリンク

従軍慰安婦問題の真実!米国の報告書

米国の報告書


そして、この報告書が本物であるかどうか問い合わせたところ、

国立公文書館の回答は、「本物」でした( ´∀`)


米国が1944年に、ビルマ(現在のミャンマー)で、日本軍の慰安婦を捕まえ、
取り調べを行った時の「尋問(調査)報告書」
でした。

全文はこちらです。

※htmlファイルがダウンロードされます。ファイルを開くとページを見ることができます。

または、↓からzipファイルがダウンロード可能です。


内容を一部抜粋しますね。

日本語訳に、誤字もありますが、そのまま掲載します。

~引用ここから~

この報告は、1944年8月10日ごろ、ビルマのミッチナ陥落後の掃討作戦において捕らえられた20名の朝鮮人「慰安婦」と2名の日本の民間人に対する尋問から得た情報に基づくものである。

(中略)

多くの女性が海外勤務に応募し、2~3百円の前渡金を受け取った。

(中略)

彼女たちが結んだ契約は、家族の借金返済に充てるために前渡された金額に応じて 6ヵ月から1年にわたり、彼女たちを軍の規則と「慰安所の楼主」のための役務に束縛した。

(中略)

ビルマでの彼女たちの暮らしぶりは、ほかの場所と比べれば贅沢ともいえるほどであった。

(中略)

欲しい物品を購入するお金はたっぷりもらっていたので、彼女たちの暮らし向きはよかった

(中略)

彼女たちは、ビルマ滞在中、将兵と一緒にスポーツ行事に参加して楽しく過ごし、また、ピクニック、演奏会、夕食会に出席した。彼女たちは蓄音機をもっていたし、都会では買い物に出かけることが許された

(中略)

慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否 は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった。

(中略)

1943年の後期に、軍は、借金を返済し終わった特定の慰安婦には帰国を認める胸の指示を出した。その結果、一部の慰安婦は朝鮮に帰ることを許された

(中略)

これらの慰安婦の健康状態は良好であった。彼女たちは、あらゆるタイプの避妊具を十分に支給されており、また、兵士たちも、軍から支給された避妊具を自分のほうからもって来る場合が多かった。

~引用ここまで~


ざっとまとめますと、次のようになります。

  • 彼女らは大金を稼いでいた
  • 彼女らは街で買い物に出かけていた
  • 彼女らは借金を返し終わったら朝鮮に帰った
  • 彼女らは将兵とスポーツやピクニックや夕食会に出席した
  • 彼女らは接客を断る権利を持っていた


驚きの事実が浮かび上がりませんか?

強制連行されたのに、大金をもらって将兵と遊ぶ?

接客を断る権利を持っていた?

借金を返し終わったら、朝鮮に帰った・・・!

この報告書の本当の価値

特筆すべきは、この報告書は1944年のアメリカのもの

ということです。


終戦の1年前ですね。

日米は激しい戦争真っ只中なので、お互い
相手の不利になることなら、何でもやってやろう

という気持ちのはずです。


つまり、今の日本の同盟国であるアメリカではなくて、
当時はバリバリ戦争中の、敵国であるアメリカです。

当時、次のように考えていたはずです。

  • 「朝鮮人女性はヒドイめにあっている!」
  • 「日本人はとても非人道的なやつらだ!!」
  • 「よって、徹底的に日本をぶちのめそう!!!」


このように、国際的な非難を、日本に向けたかったハズです。

でも、できませんでした。

なぜなら、そんな事実はなかったからです。


これが、この慰安婦問題の真実です。

最後に

従軍慰安婦問題の真実、いかがでしたでしょうか?

この、強制連行を否定する、アメリカの報告書は、
これ以上ないくらい強力な証拠といえます。


やはり、真実が明らかになることも、ちゃんとあるんですね。


あとは、日本はこの資料を機会がある毎に、
配り、きちんと反論すれば良いと思います。

テキサス親父さん、本当にありがとうございました!!

この件に関する、テキサス親父さんの動画です。


しかし、この事実を、日本人でも知らない方は
いらっしゃいます。

もし、ブログやツイッターなどをお持ちであれば、
この情報を、日本のために拡散していただけると有難いです。

<追記>
その後、日韓でこの問題に関する進展がありました。

慰安婦問題で日韓合意!でも像を撤去する気はなさそうな件

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook

コメント

  1. miyumiyu より:

    テキサス親父には感謝してもしきれません。
    この米軍報告書はもう20年前から知られていて、テレビでも小林よしのりとかが反日サヨクの反論に使ったりしてたんですよ。
    アメリカは当然、知らないわけはないのですが、知っててしらばっくれています。旧日本軍の悪事は欧米にとって心地よい情報ですからね・・
    でも、最近アメリカのネット上でも慰安婦の売春婦説が知られるようになってきたみたいだし、これってテキサス親父の功績が大きいです。
    こんなこと、日本政府がちゃんと広報活動していればここまで酷いことにならなかったものを・・・悔しいです。

    • オトメンパパ より:

      miyumiyuさん

      コメントありがとうございます^^

      > この米軍報告書はもう20年前から知られていて、テレビでも小林よしのりとかが反日サヨクの反論に使ったりしてたんですよ。
      > アメリカは当然、知らないわけはないのですが、知っててしらばっくれています。旧日本軍の悪事は欧米にとって心地よい情報ですからね・・

      そうですね。

      こういった「正しい証拠」を、全ての日本人に知ってもらいたいですね。
      これだけ日本が侮辱されているのに、あまりにも知らない人が多すぎる。

      そのため、私もブログにて紹介しました。
      1人でも多くの人に正しいことを知ってもらえるように。

      日本政府には、しっかり対応してほしいですね。
      もうこれ以上の侮辱には耐え難いです。

      私も世論の声が大きくなるように、本当に微力ですが、できることをやっていこうと思っています。

  2. shige君 より:

    いつまであのお国は蒸し返してくるのか

    • オトメンパパ より:

      shige君

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      いつまで・・・どこまで・・・

      本当にそう思います。

      反日政策するより、せっかくの隣国が
      経済大国なんだから、上手に付き合えば良いのに。

      あまりにも失政が続いて、それを反日に向けないとやっていけないのでしょうか。

      または、本気で今の日本が軍事大国化して攻めてくるとでも思っているんでしょうか?

  3. tekitou より:

    私はこの問題に対して、恥ずかしながら今まであまり関心を持っていませんでした。今回この問題に少なからず関心を持ち、このブログを拝見したのは、中国がそうだったように(南京大虐殺など)、韓国はこの問題を自国の不利な面を隠し、矛先を日本に向ける為に捏造しているのではないかという気がしたからです。やはり、捏造だった様ですね。中国も韓国もこんなことをして恥ずかしいという感覚は無いのでしょうか?日本はおとなしすぎるのでは?と思います。もしかすると、日本の政治家の方々は反論できるだけの歴史認識がないのですかね?私も今まで歴史認識が希薄でしたが・・。

    • オトメンパパ より:

      tekitouさん

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      今まで、あまり関心を持たれていなかった方も、この問題に目がいくほど、韓国はひどい騒ぎ方をしていますよね。

      あまりに酷さに日本人もついに目覚めたように思います。
      こうなればしめたものです。

      今後、政治家が弱腰すぎると、選挙で支持を得にくくなりますので、
      それなりの態度をとってくれるでしょう。

      日本は今までおとなしすぎました。
      その点、安倍政権の今の韓国への態度はとても素晴らしいと思います。
      焦らずに毅然とした態度をとっていますね^^

  4. N・T より:

    こんばんは。
    このレポートの存在はかなり前から知られていましたが、テキサス親父さんが米国公文書館に真偽を確認したことにより米軍の正式文書であることが明らかになりましたね。
    で、オトメンパパさんが言っておられる「調査の報告書」ですが、原文のInterrogationは調査と言うより「尋問」ですから、『捕虜尋問報告書』とすべきでしょうね。 1944年当時の米軍は第3者ではなく交戦中の当事者であり、敵である日本軍の肩を持つどころか、少しでも日本軍の汚点を摘発しようとしていたわけです。 その米軍が彼女らを解放するのではなく『捕虜』として扱い、尋問の結果 // nothing more than a prostitute or “professional camp follower”// と結論づけている事実は、単なる第3者の調査報告書以上に重い意味があると思います。

    • オトメンパパ より:

      N・Tさま

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      > このレポートの存在はかなり前から知られていましたが、テキサス親父さんが米国公文書館に真偽を確認したことにより米軍の正式文書であることが明らかになりましたね。

      本当に、感謝してもしきれません。
      日本国として、何か正式なお礼をしていただきたいくらいです。

      > で、オトメンパパさんが言っておられる「調査の報告書」ですが、原文のInterrogationは調査と言うより「尋問」ですから、『捕虜尋問報告書』とすべきでしょうね。

      なるほど、正しくは尋問や取り調べなんですね。

      > 1944年当時の米軍は第3者ではなく交戦中の当事者であり、敵である日本軍の肩を持つどころか、少しでも日本軍の汚点を摘発しようとしていたわけです。

      そうなんです。
      ここが、まさに「最も大切な部分」で、当記事でも、強調したい部分なんです。
      加えて、日本人がこの報告書を使って、捏造だと主張しているわけではなく、
      第三者のアメリカ人が、主張している点が重要でありがたい部分だと思っています。

  5. kumie より:

    報告書に客観的事実として売春婦の容姿についての記載があるのはわかりますが、女性の容姿につきビデオであの様にとりあげる必要があったのでしょうか。韓国人だけでなく韓国のやり方に批判的な立場にいる日本人でも不快感を抱く人たちが少なくないでしょうか。女性なら二度と見たくないビデオです。残念です。

    • オトメンパパ より:

      kumieさま

      コメントありがとうございます。

      確かに、やりすぎている感じはしますね(^^;
      (youtubeへのリンクは削除しました)
      私も、容姿についてけなしすぎていて、無駄な反感を買ったり、このビデオの価値を下げてしまうんじゃないか?という印象を受けました。

      せっかくの貴重な日本の援軍なので、もったいないとは思います。

  6. ペイトリオット より:

    ビルマ・ミッチナの従軍慰安婦の尋問調書は『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』政府調査文書(アジア女性基金1997年刊)には2つの調書が既に収録されています。

    http://www22.atwiki.jp/doc_exam2007/m/pages/41.html

  7. ユアン より:

    こんにちは。いつも、いまさら人には聞けないことを、こちらで調べ、もとから知っていたかのように、いばっている私です・・・・。

    わたしの尊敬する日本人のひとり、西岡力氏がかなり前から従軍慰安婦の嘘についての本を書いておられます。これをよみ、わたしは考えが大きく変わりました。
    ネット上ですと、ここからもよめます。
    http://www.ianfu.net/opinion/nisioka.html
    書籍もアマゾンで取り扱いがありますので、お読みになることをお勧めいたします☆

    このかたは、自費で現地に行き、取材をしてその事実を本にまとめています。
    今は拉致被害者を救う会の会長をしておられ、その働きに尊敬と感謝を持っております。

    従軍慰安婦の事実がわかったから、勝ち誇るような気持ちは決してありません。ただ、いつも日韓問題の中心になる、いざこざのもとの、この歴史的な嘘を消し去りたいという思いです。韓国の方たちは、教育の中でも刷り込まれているので、いまさらこれが出たとしても、認めることはないかもしれませんが・・・

    フェイスブックにも拡散したいのですが、韓国人の友人も多く、仲良しですが、ちょっと刺激が強すぎるので、個人的にお会いしたときに、この記事についてどう思う科を話してみたいなと思っています。

    オトメンパパさん、夏休みはとれましたか?ご家族で楽しい思い出がたくさんできますように(*^_^*)いつもわかりやすい記事をありがとうございまーす。

    • オトメンパパ より:

      ユアン様、こんにちは。

      リンク先の記事、読ませていただきました。
      とても詳しく時系列にまとまっていて、勉強になりました。
      ありがとうございます。

      私がこの問題を考える時、よく気になることがあります。

      それは、日本人でありながら、こうしたウソを真実であるかのように言う人達のことです。

      韓国の人は、ウソとわかっていたとしても、それが国益に叶うなら、
      という理由があるかもしれません。

      しかし、先ほどのリンクにも出てくる、日本人でありながら、
      日本をおとしめるようなことを言う人や、朝日新聞に対して、
      「なんのためにやってるの?」と、本当に疑問に思います。

      私は日本人であることに、誇りを持ちたい普通の人間なので、
      サッパリ理解できません。

      この問題、もはや日韓の情報戦争になりましたね。
      白黒つくまでは、うやむやにならないでしょうし、してほしくないです。
      本来、いがみあう必要のないことなんですけどね(ーー;

      夏休みは、瀬戸内海の小島に遊びに行ってきました!
      泳いだり、釣りをしたりで楽しかったです^^

      こちらこそ、読んでいただき、感謝です!

  8. サザエさん より:

    尋問報告書の一部をみましたが、ファイルダウンロード式の方が見ることができませんでした…
    もしよければ、一枚目の報告書のようにそのままアップしていただけたらと思います。
    それにしても、日本政府はこの事実は知っているはずですよね。にもかかわらずなぜ使わないんでしょう…
    事実性もあると思うのにな…
    アホすぎるくらい大人しい日本人は、韓国人の爪の垢を煎じて飲むべきです。(笑)
    それくらいしないと、いつの間にか不利な状況になってしまいますね。(もうなってますけどね)

    • オトメンパパ より:

      サザエさん、こんにちは!

      全てのpdfを、ダウンロードできるように致しました。
      圧縮されていますので、解答して、ご覧くださいませ。

      > 日本政府はこの事実は知っているはずですよね。にもかかわらずなぜ使わないんでしょう…

      ですよね。
      日本国民として、切望したいです。

      > アホすぎるくらい大人しい日本人は、韓国人の爪の垢を煎じて飲むべきです。(笑)
      > それくらいしないと、いつの間にか不利な状況になってしまいますね。(もうなってますけどね)

      日本政府として、きっちり反論する姿勢がないので(強気の安倍政権ですら)、
      今後はよくて現状維持でしょう。

      やってないことまでやったとされて甘んじるのは、おかしいですよね。。。

  9. まさゆき より:

    通りすがったのでコメントを残していきます。

    まずは貴重な情報をありがとうございます。
    私は慰安婦問題に関心を高くもっておりますが、この事実は知りませんでした。
    また慰安婦問題を客観的に見て、国の強制はなかったと思っております。ただし慰安婦によっては個人的にひどい扱いを受けた方はいるかも知れませんね。

    さて記事の内容についてなのですが、まとまってわかりやすく書かれておりました。
    あえて希望を言うと、日本人としての立場ではなく客観的な立場(自身の感情等を排除)で書かれると第三者へのインパクトが高くなると思いました。

    • オトメンパパ より:

      まさゆきさま、こんにちは。

      コメントありがとうございます。

      > あえて希望を言うと、日本人としての立場ではなく客観的な立場(自身の感情等を排除)で書かれると第三者へのインパクトが高くなると思いました。

      そうですね。今後の記事の参考にさせていただきます!
      ありがとうございます。

  10. ななし より:

    最近河野さんがかわいそうに思う。ちょっと軽率、お人よしだった。河野談話って呼ぶのやめたら?仮につけられた名称ですよね。韓国の要請で出されたもの。金泳三が日本に金銭的補償を求めないと明言して出させたもの。これ、金泳三の要請で出された談話=金泳三談話のほうが、わかりやすいですよね。

    • オトメンパパ より:

      うーん、一理あるのかもしれませんが、河野氏のその後の発言をみていると、とても可愛そうだとは思えません。。。
      変な部分で妥協する必要はなかった、これが正解でしょう。

  11. ななし より:

    日米でいうと、アメリカは宗教上の理由で公娼禁止、日本は公娼だったから悪という理屈。公娼は性病の予防のために必要で、公娼でないアメリカは基地周辺の女性を売春婦扱いし、売春婦予備軍として性病チェックを強制した。公娼が宗教上タブーになったのは、南米から持ち帰った性病がイギリスで大流行したためだ。日本は、植民地搾取反対、人種差別反対で、もちろん奴隷制度は太古になくなっている。アメリカは、ネイティブや黒人、中国移民を差別し、フィリピンやハワイで侵略行為をし人種差別をしていた。人権での日本たたきは、妥当でない。ヤルタとか米国で議会承認されてないようです。ルーズベルト、トルーマンの暴走ぎみで原爆まで落としたので、東京裁判などという不条理な裁判が必要だったようです。ふつうは、条約を結ぶものでしょう。

    • オトメンパパ より:

      ななしさま、こんにちは。

      そうですね。日本は戦争に負けてしまったので、言われっぱなし、謝罪しっぱなしです。
      私が思うに、人類史上の一番の非人道的な行いは、赤ちゃんから大人まで、妊婦や老人も含む一般市民全てを無差別に虐殺した、原爆投下(しかも2発!)だと思います。

      アメリカは敵にすると最悪ですが、現在は同盟国ですので、そのメリットを最大限に活かして、国土防衛を考えていきたいですね。

  12. M・勝(イニシャルに変更しました) より:

    20万人という数字には疑いを持つべきとは思うが、数字はさておき、「調査した結果、本人の意に反し、強制的に連行された」「軍が直接間接に関与した事例もあった」という趣旨の河野談話は嘘だということでしょうか。なんの調査もせずにそのような談話を閣議決定し、発表したということなのでしょうか。

    • オトメンパパ より:

      M・勝(イニシャルに変更しました)様、こんにちは。

      > 「調査した結果、本人の意に反し、強制的に連行された」「軍が直接間接に関与した事例もあった」という趣旨の河野談話は嘘だということでしょうか。なんの調査もせずにそのような談話を閣議決定し、発表したということなのでしょうか。

      そうなります。現在、強制連行された証拠と、軍が直接関与した証拠は見つかっていません。

      そのため、河野談話は問題となっていて、非常に悔しい結果を招いています。