投資!安全性の高い商品を選ぶなら?おすすめはコレ!

先日、友人の家に遊びに行った時に、
こんなことを聞かれました。

安全な投資ってどんなのがあるの?

詳しく聞いてみると、ある程度のお金が貯まったけど、
銀行の定期預金ではほとんど増えないから、
何か投資をしたい、でも元本割れはできれば避けたい
とのことでした。


そこで、金融機関に相談する前に、FPでもある、
管理人に前もって聞いて、予習しようと思ったそうです。

超低金利が続いてますもんね(^_^;

そして、安全性重視にこだわった商品と、
少しのリスクがあるものをいくつか答えると、けっこう感謝されました^^

なので今回は、安全な投資商品はどんなものがあるの~?
ということで、いくつかご紹介しますね!

安全第一!日本国債の金利変動型

国会

定期預金よりも増やしたい、でも安全性重視で・・・
という場合は、日本国債です。

国が発行する債券なので、日本国にお金を貸すわけですね^^

債券ってどういうもの?という場合は、こちらをご覧ください。

債券とは?誰よりも簡単に!わかりやすく解説!


個人向けの日本国債には、固定金利3年、5年のものと、
変動金利10年のものがあります。

  • 固定金利:満期日(償還日)まで、金利が固定
  • 変動金利:半年毎に適用される金利が変動する

おすすめは変動金利型・10年です。

今は超低金利なので、今後はこれ以上下がる可能性は低く、
下がったとしても、しれています。

さらに下がったとしても、最低金利0.05%以下にはなりません。

上がった場合は、変動金利なので市中金利についていきます

つまり金利は下がるより、上がる可能性が多いため、
金利に連動する変動型がおすすめです。

<国債変動型のメリット>

  • 申込手数料が無料
  • 定期預金に比べて利回りが高い
  • 最低金利0.05%以下にはならない


購入は、1万円から買うことができ、
利払いは半年毎となっています。

売却したくなったら、発行されてから1年が経てば、
途中で売却することができます。

その場合も、それまでの利子は支払われますが、
直近2回分の利子の「税引前※金額」×0.79685が、
中途換金調整額として、差し引かれます。

※2014年5月現在です。以前は「税引後」だったこともあるので、
購入の際、金融機関で確認した方が良いでしょう。


そのため、できれば満期の10年、
または5年以上は保有する方がお得です。

スポンサーリンク

日本国債のメリット!手数料が無料!

そして、日本国債の大きなメリットは、
購入する際の、手数料が無料なところです。

通常、金融商品を購入する時は、金融機関に
手数料を払いますが、これを支払う必要がありません。

ローリスクローリターンの商品は、
手数料が、リターンに大きく影響します。

国債の場合、金融機関への手数料は国が払ってくれます^^


続いて、国債よりも解約しやすい、
MMFを見てみましょう。

元本割れリスクが少なくて引き出しやすい!MMF

MMF(マネー・マネージメント・ファンド)も、
おすすめできます。

安全性と安定性の高い、短期の債券で運用されている、
投資信託(ファンド)です。


投資信託なので、元本保証ではありませんが、
元本が割れるリスクは、かなり低くなっています^^

1円以上、1円単位で購入することが可能※で、
証券会社や銀行などで購入することができます。
※証券会社により、10,000円~もアリ。


また、債券は一般的にインフレ時に弱い傾向がありますが、
MMFは短期の債券で運用しているため、金利の変動に
ついていきやすい商品です。

1か月分の収益は、次の月に元本と合わせて運用されるため、
複利の効果が期待できるのも、嬉しい特徴ですね^^

では次で、MMFのメリットも見てみましょう。

スポンサーリンク

MMFのメリット!手数料が無料!解約しやすい!

MMFも手数料が無料となっています。

購入後30日間は、解約手数料が0.1%発生しますが、
30日以降は、いつでも手数料なしで引き出せます。


この、いつでも引き出せる(=流動性が高い)点が、
国債よりMMFが勝っている点です。

金利でみると、国債の方が高くなることが多いのですが、
解約しずらいという点があります。

その点、30日を過ぎればいつでも解約可能です。

<MMFのメリット>

  • 申込手数料が無料
  • 定期預金に比べて利回りが高い
  • 1か月経てば解約手数料が不要


さらに、もう少しリスクをとって、リターンも狙いたいなら、
外貨MMFもオススメです。

リスクをとれるなら?外貨MMF

ドルとユーロ

国債よりもMMFよりも、リスクをとって、
リターンをもっと狙いたい!

そんな場合は、外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド)も、
検討する価値アリです。


外貨MMFは、上記のMMFと同じように、安全性が高い、
高格付けの短期債券
で、運用されている投資信託です。

外貨建てで、米ドルや豪ドルなどがあり、
高利回りなのも大きな特徴です。

購入金額は、証券会社によりますが、
1,000円や10,000円からと、少額から始められます。

メリットは次のようなものがあります。

<外貨MMFのメリット>

  • 申込手数料や解約手数料が無料
  • 自由に解約できる(流動性が高い)
  • 外貨預金に比べて利回りが高め
  • 為替手数料(スプレッド)が外貨預金より安い

リスクは、安全性重視の国債よりもリターンが大きい分、
元本保証はなく、さらに為替リスクが発生します。

まとめ

最後にまとめますと、

  • とにかく安全性重視で、長期保有が可能なら、国債の変動10年
  • 安全性重視で、いつでも解約※ができるものなら、MMF
    ※最初の1か月は除く
  • 多少のリスクをとって、リターンも狙いたいなら外貨MMF

比較的、安全性を重視した投資商品のご紹介でした。

ちなみに私が好きな商品は、外貨MMFです^^

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする