消費税の増税だけじゃない!?ガソリンはさらに増税!

昨日ガソリンスタンドへ、ガソリンを入れに行きました。

すると、

ん?なんか、値上がりしてる??

ああ、消費税が増税されたからか・・・

と残念に思いながら、給油していると、
隣で給油しているおじさんと、ガソリンスタンドの
店長らしき人が、会話している声が、聞こえてきました。

給油中のおじさん「ガソリン高くて、かなわんわ~」

GSの店長さん「今回、消費税だけじゃないんですよ~」

給油中のおじさん「え?増税って消費税だけじゃないの?

GSの店長さん「地球温暖化関連の税金も上がってるんですわ。」

私と給油中のおじさん「なにー!!!」

どうやら、ガソリンの増税は、消費税だけではないようです\(◎o◎)/!

非常に気になったので、即効で家に帰り、詳しく調べてみました。

すると確かに、「地球温暖化対策税」が、
2014年4月1日から、増税されていました(;∀;)

これは、日本を良くするために、少しでも拡散せねば!

という半端ない使命感で、ガソリンに関する、消費税以外の増税について、
調べてみた内容を、ご紹介します!

ガソリンにかかる税金は?

gs


まずは、ガソリンにかかっている税金と、その金額です。

ガソリンにはどんな税金が含まれている?

  • ガソリン税
  • 石油石炭税
  • 原油関税
  • 消費税(増税)
  • 地球温暖化対策税(増税)

うっわ、5種類ってマジ(?_?)

と言いたくなるほど、たくさん課税されています。

なんでそんなに?

ガソリンって生活必需品ですよね!?

ガソリン税は、1リットルあたり53.8円徴収されていて、
その内の25.1円は、暫定税率です。

でも、1974年以降、全然暫定分が廃止されないので、
暫定ってどうかと思います(^^;

スポンサーリンク

地球温暖化対策税って何?

地球温暖化

そして、問題の地球温暖化対策税ですが、
実は2012年から、すでに徴収されていました。

し、知らなかった・・・orz

この税金は、いったいどういうものなんでしょう?

答えは、環境省のHPにありました。

~引用ここから~

【環境省HPより】

(前略)
平成24年10月1日から「地球温暖化対策のための税」が段階的に施行されており、平成26年4月1日からは2段階目の税率が適用されます。具体的には、石油・天然ガス・石炭といったすべての化石燃料の利用に対し、環境負荷(CO2排出量)に応じて広く公平に負担を求めるものです。

(中略)

地球温暖化対策税の税収は、初年度(平成24年度)391億円、平年度(平成28年度以降)2,623億円と見込まれています。

 この税収を活用して、省エネルギー対策、再生可能エネルギー普及、化石燃料のクリーン化・効率化などのエネルギー起源CO2排出抑制の諸施策を着実に実施していくこと

(後略)
~引用ここまで~

他に記載されていたことを、まとめると、

  • 2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指している
  • 温室効果ガスの約9割はエネルギー利用に由来するCO2である
  • そのためCO2をたくさん出す化石燃料に課税する
  • 集めた税金で省エネルギー対策や再生可能エネルギー普及させる
  • そのため、灯油や電気・ガスの値段も上がる
  • 家計負担は平均世帯で、年間1,228円の試算である

な、なにー!

電気代やガス代も上がるんですか!?

すごくもっともな理由のようにも見えますが、
すでにかなり課税されているガソリンに対して、
さらに課税するのはどうなんでしょうか?

それに、試算結果が少ないような・・・

我が家で試算すると、灯油や電気・ガスの値段も上がると、
年間5,000円くらいの負担増です。

さらに消費税の増税も考えると大打撃です(ToT)

この、地球温暖化対策税は、
3段階に分けて増税される予定で、1Lに対し、

  1. 2012年10月から0.25円
  2. 2014年4月から0.25円
  3. 2016年4月から0.26円

合計で、0.76円/1Lの増税です。

今回(2014年4月)の増税分は、消費税が3%アップ、
地球温暖化対策税が1リットルあたり0.25円アップです。

だいたい、レギュラーガソリン1リットルで、
今回は、5円の値上がりです。

私の車は70リットル入るので、350円のアップで、
満タンにすると、確実に1万円超え・・・orz

さらに、ガソリンには、税の徴収自体に、
納得できない点もあるんです。

スポンサーリンク

ガソリンは二重課税されている!?

通常、税金は二重に課税してはいけない
ことになっていますが、ガソリンの場合、

ガソリン本体代+各種税金の合計額に対して、
消費税がかかるので、二重に課税されています

これはおかしい!と素人でも思うのですが、
徴収され続けていますね。

でも、私も今回調べるまで、知りませんでした

ほとんどの人がそうじゃないのかな?と思います。
(そうじゃなかったらゴメンナサイ)

なので、やはり知ることが大切なんですね。

皆が知れば、だんだん、ソレおかしいんじゃないの?
という議論の声が大きくなるかもしれません。

今は、一般人がこうやって、ブログなどで情報を発信したり、
情報を得たりできますので、そういった意味では、
今後は、希望が持てますよね^^

では、このガソリンに関する税金は、
何に使われているのでしょうか?

ガソリンにかかる税金の使い道は?

電卓

ガソリン税は、2009年までは、道路を作ったり、
整備するための財源でした(道路特定財源)。

道路整備以外には使えないお金でした。

しかし現在、ガソリン税は一般財源となっています。

一般財源は、使途は特定されない、
色々なものに使える財源です。

でも、これってどうなの?と思いませんか?

過去の日本の道路は、今では考えられませんが、
道路の質が良くなかったり、舗装する必要がありました。

だから車に乗る人に、その道路の造成・整備の
費用の負担をさせる(=ガソリンへの課税)ことは、
的を得ていたと思います。

で、現在、道路は整備され、昔ほどの整備費用は、
不要となったはずです。

それであれば、ガソリン税を縮小しても良いのでは?と思います。

それを一般財源化するのは、逆じゃない?

ちょっと待てー!と、筋が通らないように思います( `ー´)ノ

おわりに

ガソリンの増税について、いかがでしたか?

以前は、大きな道路のかたわらに、

「この道路はガソリン税でできています」

といった看板があったのですが、
今後はあれ、撤去されていくのでしょうか。

当ブログの消費税の増税に関する記事にも、
コメントをたくさんいただきました。

私も含め、皆さん増税には、
かなりシビアに感じておられるようです。

こういった声が届くのか届かないのか、
目を光らせていましょうね!

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする