PM2.5とは?原因は?おすすめ対策はコレ!

PM2.5ってたまにニュースなどで見聞きしますよね。

中国の大気汚染がひどくなり、その汚染物質である、
PM2.5というものが、日本にも飛来することがあるようです。

でも、

  • どの程度良くないのか?
  • 健康への被害はあるのか?
  • あるなら、どのくらいなのか?
  • 原因は何なのか?
  • 対策はあるのか?


などなど、気にはなっていたのですが、
つい忙しさにかまけて、見て見ぬフリをしていました(^^;

でも、健康被害があってからでは、困りますので、
きちんと調べる事にしました。

すると、やはり知らなかったアレコレが、詳しくわかりましたので、
PM2.5とは何なのか?原因や、おすすめの対策など、ご紹介しますね^^

PM2.5とは?

スモッグ

PM2.5とは、ズバリ、

超細かい大気汚染物質です。

英語では、Particulate Matter(微小粒子状物質)といい、
PMはその略ですね。

2.5は、2.5マイクロメートル以下という、
大きさを表しています。
(1マイクロメートルは1ミリメートルの1000の1)

うーん、よくわかりませんね(^^;

だいたい髪の毛の直径の、1/30の大きさです。

その細かさゆえ、肺の奥深くまで入りこんでしまい、
健康への悪影響が懸念されています。

では、原因は何なのでしょう?

スポンサーリンク

PM2.5の原因は?

煙突からの煙 (2)

PM2.5は、空気中に排出された時点で、粒子状となる一次粒子と、
空気中に排出された時点では気体で、化学反応により粒子となる、
二次粒子の2種類があります。

これら、一次粒子と二次粒子が、PM2.5の原因です。

<一次粒子>

  • 工場や焼却炉から排出される煙
  • 鉱物を扱う施設などで発生する粉じん
  • ディーゼルエンジンの排気ガス
  • 家庭のガスコンロ
  • 土壌
  • 火山活動
  • 海洋

※他にも発生源は多岐に渡ります。

昔のディーゼル車の黒煙って、見るからにヤバそうでしたもんね(^^;

一次粒子も二次粒子のどちらも、
人為的なものと、自然が原因のものがあります。

<二次(生成)粒子>

  • 揮発性有機化合物
  • 窒素酸化物
  • 硫黄酸化物

※他にも発生物質は多岐に渡ります。

上記の成分が、紫外線などで化学反応を起こし、
PM2.5となりますが、現在研究されている途中でもあり、
まだ未解明な部分が残っています。

また、中国のPM2.5が、
風で運ばれて日本へ飛来すると言われています。

これは、南九州などの、PM2.5の発生源の少ない地域でも、
数値が上がっているため、中国からの飛来の確率が高いとされていますが、
明確な証拠がない、という理由で日本政府として、
中国に何か言うといったことは、今のところないようです(2014年3月現在)。

経済が発展し、工業化が進むと出てくる環境問題ですが、
日本は長い期間をかけて、環境対策を行って乗り越えてきました。

中国などの新興国も、これから対応はしていくのでしょうが、
まだまだすぐには解決しなさそうなので、
個人として、しっかりと対策をとる必要がありますね。

では、対策の前に、大気汚染物質なので、
基準値のようなものがあるはずです。

これを超えたらまずいですよ!
という基準値はどのくらいなのでしょうか?

これを調べてみました。

PM2.5の基準値はどのくらい?

日本のPM2.5の環境基準値は、次の通りです。

<日本のPM2.5の環境基準値>

  • 35マイクログラム以下(1日平均)
  • かつ、15マイクログラム以下(1年平均)

※1立方メートル当たり

これなら、健康に問題ないとされています。

WHO世界保健機関は、もっと厳しいですね。

<WHOのPM2.5の環境基準値>

  • 25マイクログラム以下(1日平均)
  • かつ、10マイクログラム以下(1年平均)

※1立方メートル当たり

しかし、この基準値を大きく超えてしまう場所が、
日本のいたるところに存在することがわかりました(;゚Д゚)

スポンサーリンク

え!?中国からのPM2.5よりもヤバい場所??

ケムリ

日本やWHOの定めた、環境基準値を大きく超える場所・・・

それは、喫煙OKの飲食店※などです。
(※以下の調査結果の平均で、全ての喫煙可能なお店が該当するわけではありません。)

それはなぜかと言いますと、

なんと、たばこの煙にも、
PM2.5が含まれていることがわかりました。

~引用ここから~

PM2・5 たばこの煙にも 高濃度でがん、脳卒中リスク

【msn産経ニュース 2013年4月2日】

大気汚染の原因となる微小粒子状物質「PM2・5」。中国から日本へ飛来し健康への影響が心配されているが、たばこを吸うことでPM2・5をまき散らしていることを喫煙者はご存じだろうか。PM2・5はさまざまな病気のリスクを高めるだけに、専門家は「禁煙でない飲食店などのPM2・5濃度は北京並みかそれ以上。身近にリスクがあることを認識してほしい」と警鐘を鳴らしている。(平沢裕子)

(中略)

 禁煙でない飲食店のPM2・5濃度はどの程度なのか。日本癌(がん)学会など18の学会でつくる「禁煙推進学術ネットワーク」が喫煙可能な喫茶店を測定したところ、平均同371マイクログラムと北京市の屋外と同レベルだった。分煙としてガラス壁で喫煙席が分離されていても、出入り口がエアカーテンの場合、禁煙席にも煙が流れ込み、同200マイクログラムを超えることが確認されている。

(後略)

~引用ここまで~

PM2.5がたばこにも含まれているなんて、驚きです。

私は吸わないので、必ず禁煙席に座るようにしていますが、
分煙されていても、けっこうな値が検出されているんですね。。。

特に、たばこの先端から出る、副流煙に多く含まれています。

これは、中国からのPM2.5への対策も大切ですが、
喫煙がOKされている場所の方に、気を使うことも必要ですね。

では、どういった対策をとれば良いのでしょうか?

PM2.5のおすすめ対策は?

まず、国が提供している、「そらまめ君」では、
HPで1時間ごとの、全国の測定結果を見る事ができますので、
PM2.5の大気中の汚染状況を確認します。

そして、

  • 大気中の飛散量の多い日は屋外に出ない
  • 喫煙OKの場所はなるべく避ける

といった対策を、まずはとりましょう。

とはいえ、仕事を休むわけにもいきませんよね。

また、家の中にも、空気と一緒に入ってきてしまいますので、
次のような対策アイテムで、体内や室内に、PM2.5を入れない対策をとりましょう。

<PM2.5を体内・室内に入れない対策>

  • 高性能マスク
    ⇒N95規格、サージカルマスクなどの高性能マスク。
  • ゴーグル
    ⇒目からの侵入を防ぐ。
  • 空気清浄機
    ⇒室内のPM2.5を除去してキレイな空気。
  • エアコンの空気を取り込む吸気口用のフィルター
    ⇒室内に入れないため。
  • 網戸用フィルター
    ⇒これも室内に入れないため。
  • 洗濯物を外に干さない
    ⇒乾燥機や部屋干しをして、洗濯物に付着するのを防ぐ。

PM2.5は、呼吸器系の悪影響が最も大きいとされています。

そのため、マスクはやはり良いモノを使いたいですよね。

しかし、マスクにも色々ありましたので
次はマスクについて見てみましょう。

N95規格マスクって?サージカルマスクって何?

調べてみると、マスクには、種類がいくつかありました。

マスクの種類

  • 不織布マスク
  • サージカルマスク
  • N95規格マスク

マスクには大きく、3種類ありました。

まず、一般的にどこでも入手できる不織布のマスクですが、
性能はピンキリです。

マスクに使われている、フィルターの性能を判断する数値がない場合、
PM2.5を防げるかどうかは、わかりません

PM2.5への対策には、数値で確認できるマスクを選びましょう。

次のようなマスクですと、フィルターの性能を、
数値で確認できますので、安心です。

サージカルマスク

サージカルマスクは、医療用の規格のマスクです。

フィルターの性能は次の2種類で表されます。

  • BFE:細菌ろ過効率
    ⇒細菌を含む約3マイクロメートルの粒子が除去された割合(%)
  • PFE:微粒子ろ過効率
    ⇒約0.1マイクロメートルの試験粒子が除去された割合(%)
  • ※どちらも97%、99.5%などの数値で表示

N95規格マスク・N99規格マスク

N95規格マスク・N99規格マスクは、
約0.3マイクロメートルの粒子を、95%以上防ぐことができるマスクです。
(※N99規格は、99%以上)

このマスクですと、PM2.5は、
2.5マイクロメートルなので、ちゃんと防げますね!

ただし、高性能なマスクも、きちんと顔にフィットさせないと、スキマから侵入しますので、フィッティングは正確に!

さいごに

PM2.5とは?原因や対策はいかがでしたか?

私は、たばこの煙が原因となる可能性があって、
ビックリしました。

愛煙家の方は、ますます吸いにくくなるので、
困られているかもしれませんね・・・

これを機に、いっそ禁煙してしまうのも、
奥様やお子様に喜ばれるかも!?しれません(#^.^#)

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする