基軸通貨とは?メリットについてもわかりやすく解説

アメリカは、衰えてきているとはいえ、
名実ともに世界でナンバーワンの経済力を誇ります。

このパワーの源の1つである、基軸通貨ってご存知でしょうか?

実は、基軸通貨を持つ国は、経済的に世界でナンバーワンになれるのです。

逆に、世界でナンバーワンだから、基軸通貨を持てるともいえますが。


今回は、その基軸通貨とそのメリットについて、
わかりやすく解説したいと思います。

基軸通貨とは

ドル


まず、基軸とは何でしょうか?

~引用ここから~

コトバンクより
基軸【キジク】
⇒思想や組織などの根本・中心・基準となるもの

~引用ここまで~


ということは、基軸通貨とは、

世界(国際社会)で基準・中心となる通貨

といえます。

基準となる通貨とは、実際どういうことでしょうか?

具体的な例をあげると、

日本とアメリカで貿易を行う場合、決済はドルで行われます。

では、日本とブラジルではどうでしょう?

決済に使われる通貨は、日本円でしょうか?
それとも、ブラジルの通貨レアル?

いいえ、アメリカのドルですね。

その他の国々も、基本的に国際社会でのやりとりにはドルが使われます。

これって、よく考えると少し変です。

スポンサーリンク

基軸通貨とは?なぜドルを使うの?

これはドルが、円やブラジルレアルよりも、他のどの通貨よりも、
信用力が高く、それゆえ世界中に流通しているからです。


では、なぜ信用力が高く、世界中で流通しているのでしょうか?

この答えが基軸通貨たるゆえんです。

<基軸通貨たるゆえん>

  • 世界一の経済力
  • 世界一の軍事力


それぞれ、詳しく見てみましょう。

世界一の経済力

世界一の経済力を持つ国の通貨は、価値の変動が少なく、安定します。

逆に、経済の安定していない国の通貨は、価値が安定しません。

そのため、商品の代金として受け取るお金は、
安定していて、価値の減りにくい通貨が好まれます。

国際社会で使う時に、通貨の価値が大きく変動していては、
とても不便という理由もあります。

世界一の軍事力

2つ目は、世界一の軍事力です。

例えばアメリカがとても弱い国で、あっという間に
他国に占領されてしまうとしたら、どうでしょう。

そしてその国が、基軸通貨ドルをバンバン印刷したらどうでしょう。

そんな国の通貨、ずっと価値があり続けるでしょうか?

そのうち、紙屑になりますよね。

まあ、今アメリカはバンバン印刷していますが(^_^;)

過去にイギリスが、世界最強国家だった時は、
イギリスポンドが基軸通貨でした。

スポンサーリンク

基軸通貨のメリットは?

では、基軸通貨にメリットはあるのでしょうか?

これが、実はすごいあります( ´∀`)

実は、ここが一番この記事で書きたい部分でした。


このメリットを守るためだけに、
アメリカは行動していると言っても過言ではありません。


打ち出の小づちと同様で、ほぼ無限にお金を生み出すことができます。

(国際社会に対して、ある程度の節度を持ったフリは必要ですが)

どういう理屈かと言うと、ドルは国際社会で使われる通貨という部分がミソです。

例えば、
アメリカが他国から物を買う場合(輸入)、
金庫にお金がなければ、印刷(輪転機を回す)すれば良いのです。

ええ!

そんなのズルい!!

と思いますよね。

でも、ズルいですがマジです。

普通の国がこれをやると、通貨の価値が暴落します。

プリンタで印刷してきたようなお金に価値はない!

と判断されてしまうわけです。

当然ですね。


ですが、唯一無二の基軸通貨の場合はそれがOKなんです。

実際にアメリカはリーマンショックの後、

アメリカ中の森がなくなる

というジョークが出るほど、ドルを発行しましたが、
暴落していません

さいごに:基軸通貨でなくなる時

しかし、この制度も永遠に続くわけではありません。

基軸通貨を持つ国の条件である、

  • 世界一の経済力
  • 世界一の軍事力


この2つが揺らぐと基軸通貨はその地位を失います。

そして、中国が上記の経済と軍事で世界一を目指すべく台頭してきました。

今はまだまだですが、長い目で見ると、
アメリカにとって代わる可能性は十分あります。

そのため、今アメリカはこの基軸通貨を
防衛するための戦いに没頭しています。

「シリア内戦にアメリカが参入する本当の理由とは!?」

よろしければ、こちらもご覧ください^^

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする