シリア内戦にアメリカが参入する本当の理由とは!?

2013年シリアでは、アサド政権に反対する、反政府軍との内戦が、激化しました。一進一退の攻防で、ドロ沼状態だったのですが、ある情報が飛び交います。

アサド政権が、毒ガス兵器を使用した!非人道的な行為だ!という情報です。

これが流れたことをキッカケに、アメリカが、軍事介入することを決定しました。


しかしその後、その毒ガスはアサド政権側ではなく実は反政府軍が使用した、という情報も流れました。

後日、オバマ大統領はシリアへの軍事介入を決定→土壇場で中止しましたが、なぜアメリカは、シリアに軍事介入を決断したのか?

今回は、この本当の理由をご紹介したいと思います。

追記:2017/04/07

オバマ前大統領は、軍事介入を中断しましたが、2017/04/07、次のトランプ大統領はシリアの空軍基地に、巡航ミサイルを59発、発射しました。理由は、前回と同じ、「アサド政権が毒ガスを使用した!非人道的行為だ!これを攻撃することは米国の国益に叶う!」です。対するアサド政権とこれを支援するロシアは、やはり毒ガスの使用について否定しています。

過去とほぼ一緒・・・

ちなみに、アサド政権は2013年、ロシアからの化学兵器を国際管理下に置く提案を受け入れ、国内の化学兵器の廃棄に応じています。

前回のシリア関連記事の続き

戦争の風景


先日の記事で、
「シリア内戦の原因」を記事にしました。

その中で、

なぜ、アメリカを中心とする西側陣営は、シリア問題を長引かせ、シリアとの盟友イランを戦争に引っ張りたいのか?

と書きました。

日本にとっても他人事ではない「ある理由」が原因です。

スポンサーリンク

シリア内戦の「ある理由」とは?

それは、中国をおさえるためです。


え?

なんで?

なぜここで中国(?_?)

ですよね。


近年の中国が明確に覇権を狙いにいっているのはご存知かと思います。問題は山積みですが、数十年かけてでも着実に実現しようと動いています。

追記:2017/04/07

2013年当時に書いた記事ですが、2017年現在ではますます露骨になってきていますね。南シナ海には岩礁を埋め立て、建造物をいくつも完成させ、「軍事施設にします」、と発表までしました。ほぼ「中国の海」になりつつあります。こちらが落ち着いたら、東シナ海(尖閣諸島)です。

そうなると、今の覇権国家アメリカはどうなるでしょうか?

そして、最強国家となった中国は、日本に対して大人しくしているでしょうか?
ここが日本にとって「他人事」ではない部分となります。

スポンサーリンク

なぜ?シリア・イランと戦争??

そして、それを防ぐための、シリア・イランとの戦争です。

なぜでしょうか?


その答えは、石油です。


過去にアメリカは同じようなことをしました。

ご存知、フセインのイラクですね。

当時のブッシュ大統領は、「イラクには大量破壊兵器がある!」
(実際はあとでなかった事が判明した)

といって国連の反対を押し切って攻撃し、イラクを一応無理やりですが、親米国家にしました。


そして、今度の戦争でイランを抑えれば、アメリカは中東をほぼ支配することになります。


そうすると、中国がメキメキ力をつけてきて、いざ本気で覇権を取りにきた時に、アメリカ中東から中国への石油ストップするぞ!という脅しや、実際に止めることができます。


太平洋戦争当時、日本もまさにこれをやられましたね(涙)

有名なABCD包囲網です。
(A:アメリカ、B:イギリス、C:中国、D:オランダ)

石油がとまれば、どんな国でも長くは持ちません。
(日本は当時、迅速に東南アジアに進出して石油を得ることをしましたが、その後はご存知の通りです)

中国もそれがわかっているため、ロシアと組んでエネルギーの購入先の多角化や、アメリカの中東支配の阻止をしようと動いています。


以上が、シリア内戦アメリカが介入する本当の原因です。

そして、もっと根本的な理由の1つに、次の原因があります。

「基軸通貨とは?メリットについてもわかりやすく解説」

よろしければ、合わせてご覧ください^^

さいごに:シリア内戦について思う事

ニュースで現地の子どもが砲弾に巻き込まれているニュース等を見ると、本当に辛く思います。

頭蓋骨が割れて中身がなかった、
体は2つに割けていた・・・

全く罪のない子どもが巻き込まれるのは耐え難いものがあります。

また、大人だって同じですね。

最愛の人を失う辛さは想像するだけで発狂しそうです。

もう人を殺してまで国益なんて狙わなくても良いじゃないですか!って思います。。。

とにかくできるだけ早く落ち着いてほしいです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. aaa より:

    シリアの内戦について調べていたらこの記事を見つけました。
    すごくわかりやすくて、勉強になりました。
    そして改めて考えさせられました。。
    ただの通りすがりですが、コメントさせていただきました。
    わかりやすく書いていただきありがとうございました!

    • オトメンパパ より:

      aaaさま、初めまして!

      コメントありがとうございます。
      日本はずっと平和なので、世界が弱肉強食なことを忘れてしまう時がありますよね。。

      これからもよろしくお願いします!

  2. Davine lu linvega より:

    こんにちは
    Facebookから来ました。
    石油利権が絡まなかったらこんなことにはならなかったでしょうね。
    あるいは石油に変わるエネルギー資源とか・・・
    でも、国益のためにじゃなくて、一部の利己的な者達の利益のために行われることなんですよ、戦争は。
    弾丸一発いくら?砲弾一発いくら?小銃、機関銃、ミサイル、戦車、戦闘機…etc.
    全部値段の付いてる商品なんですよ。
    戦争屋という連中が戦争をコントロールしているのです。
    在庫一掃したい時にも戦争起こします。
    人間の中には悪魔も混じっているようです。

    • オトメンパパ より:

      Davine lu linvega様、こんにちは。

      fbから、ありがとうございます^^
      今はsnsからのアクセスも大きいようですね。

      > 戦争屋という連中が戦争をコントロールしているのです。
      > 在庫一掃したい時にも戦争起こします。
      > 人間の中には悪魔も混じっているようです。

      嗚呼・・・
      怖い世の中です(ノД`)・゜・。

      日本が平和で居続けるために、勉強していきますね。

  3. さく より:

    通りすがりの者です。
    シリア難民の件で記事を色々読み漁っていたところ、こちらの記事に行き着きました。
    とても勉強になりました、と同時に戦争はいつまでも続くのかと思うと本当に悲しくなりました。
    本当の意味での平和がいつか訪れることを願うばかりです。
    とてもわかりやすくて、学生の私でも理解できました。これからもたくさんのことを記事を通して伝えて欲しいです。

    • オトメンパパ より:

      さくさま、こんばんは。

      > 同時に戦争はいつまでも続くのかと思うと本当に悲しくなりました。

      本当にそう思います。
      そんなガツガツしなくても~と思いますよね。。

      > とてもわかりやすくて、学生の私でも理解できました。これからもたくさんのことを記事を通して伝えて欲しいです。

      嬉しいコメントをありがとうございますm(_ _)m
      今後とも、よろしくお願い致します!

  4. たま より:

    結局シリアってどうしてこうなったの?と思って色々見ていたらここに辿り着きました。本当にわかりやすかったです。他の記事も読ませて頂こうと思います。ありがとうございましたm(_ _)m

    • オトメンパパ より:

      たま様、コメントありがとうございます。

      早く解決すると良いのですが・・・

      他の記事もご覧になっていってください^^

  5. たける より:

    池上彰の番組+アホなタレントに、うんざりしてました。基軸通貨を調べてたら、面白くてシリアまで一気にストレスなく読めました、実に解りやすい説明で、冒険物語みたいでした。

    これから、ゆっくりと色々サイト内を探検したいと思いす、ありがとうございました。

    • オトメンパパ より:

      たける様、コメントありがとうございます^^

      テレビは、ためになるようなならないような、よくわからなくなりますので、あまり観ないようにしています(^^;
      是非是非ご覧になっていってください!