国際連盟からの脱退!なぜ?日本脱退の理由とは!

国際連盟脱退の日本の理由

今の国連(国際連合)は、第二次世界大戦の戦勝国で構成されています。日本は常任理事国入りを一応目指してはいますが、今後も難しいでしょう。

しかし、日本は昔、国連(国際連盟)の常任理事国でした。

なんだか今の日本からすると信じられませんが(^^;

国際連盟の発足当時、日本はアジアで唯一の列強であったため、日本も常任理事国でしたが、日本はその後常任理事国でありながら、その地位を捨て脱退しました(もったいない!)。

でも、それはなぜでしょうか?

その頃の日本史は、様々な事が起こった激動の時代ですが、現代の日本としても、国連からの脱退理由がとても参考になるんです。

そこで今回は、なぜ日本が国際連盟を脱退したのか?その理由について、分かりやすくまとめてみました♪

国際連盟とは?事務局次長に日本人も

国際連盟とは、第一次世界大戦の教訓を得て、史上初の国際平和機構として、大戦後の1920年に発足したものです。

その発足当時からの常任理事国であり、事務局次長に日本人が任命されるなど、中心的な役割を担っていた日本がなぜ脱退してしまったのか?

理由と一緒に、当時の世界情勢を観ていきたいと思います。

国連加入:1920年(原敬〈はらたかし〉内閣の時)

発足当時の常任理事国など

国際連盟の発足当時の常任理事国は4カ国でした。

  • イギリス
  • イタリア
  • 大日本帝国
  • フランス

その後、ドイツ、ソヴィエトも加わりました。

  • 原加盟国数:42カ国
  • 最大加盟国数:60カ国


日本は列強としての国力と、当時紛争の絶えなかったヨーロッパから離れていたことから、第三者の立場での公平な調停が行えると評価されたため、常任理事国入りを果たしています。

1934年に加盟国数が60カ国になりましたが、以降脱退や除名があり、加盟国数は減少しました。

ちなみに、連盟の事務局次長を務めていた人物は、新渡戸稲造(にとべいなぞう)さんです。旧5千円札の肖像画と言えば有名ですね^^また、「武士道」の著者としても有名です。1920年~1926年の7年間、次長を務めていました。


それでは、次で脱退の理由を見てみましょう。

スポンサーリンク

国際連盟の脱退の理由とは?経緯は?

ケンカ

国際連盟を脱退した理由は、日本の権利(満州国建国)が国際社会に認めてもらえなかったからブチ切れて脱退した、です。

我慢せずに国際社会に対して、怒ってしまったわけですね。どんな経緯があって日本は怒ったのでしょう?


1931年に、関東軍(日本)の自作自演の策略によって起こった、日本が所有していた鉄道の爆破事件である、柳条湖事件(りゅうじょうこじけん)が起こります。そしてそれを機に、日本が満州全土を制圧する、満州事変が起こります。

しかし、満州事変の結果である、満州国建国に反発した中国※は連盟に提訴します。

※中華民国の中国で、現在の台湾になります。当時は今の中国である中華人民共和国はありませんでした。

それを受けて連盟は、イギリスのリットン伯爵を団長とした「リットン調査団」を満州に派遣しました。

日本の作った満州国が正当なものであるかどうか?のチェックですね。

結果、リットン調査団は、日本の満州での「特殊権益」は認めたものの、満州事変は正当防衛には当たらないとして、日本に満州を返還するようにと、「リットン報告書」を国際連盟に提出します。

1933年に、リットン報告書を基に国際連盟特別総会で審議され、最終的に日本以外の総会に参加した全加盟国が、これ(満州国を認めない)に賛成しました。

なんと、賛成42 対 反対1(日本のみ)!

100%ダメ!という状況ですね(^^;


議論

この時に、日本の代表として全権を任命され総会に参加していた外交官・松岡洋右(まつおかようすけ)は、「国連の決定は、日本は受け入れることができない!」と決別を意味する演説を行い、場を退場しました。

ほぼ全会一致で、日本の非が認められてしまったので、日本国としては脱退やむなし、という決定だったようです。。。

しかしこの松岡さん、帰国の船の中で、「ヤッベエエエ!失敗した~!!」と意気消沈されていたそうですが、松岡さんの乗る船が港に着くなり、日本国民からは拍手喝采※で出迎えられたそうです。

※このことから、当時の日本人の国際世論とのズレが感じられます。


その勢いのままなのか、引くに引けない状況だったのか・・・

後に日本は正式に脱退宣言をする事になります。

リットン報告書が審議された特別総会の2ヵ月後。正式に連盟脱退を日本が表明しています。

この脱退が、その後の戦争への重要なターニングポイントですね。

脱退:1933年(齋藤實〈さいとうまこと〉内閣の時)

脱退宣言に猶予期間が設けられたので、正式に脱退したのは更に2年後の1935年でした。

脱退表明をしたからと言って、連盟と完全に関係を断ったわけではなく、猶予期間中も加盟中に払っていた分担金を払い続けていましたし、アヘンの取り締まりなど、国際警察活動に協力したりと、一定の協力関係を築いていました。

また、連盟正式脱退後も、1940年まで国際労働機関には加盟していました。

しかし、1938年のミュンヘン会談で、連盟が日本への制裁発動を認めたため、今までに行っていた諸機関への協力を廃することに決定しました。

これにて、連盟との関係は完全に断たれたと言えます。

時系列にまとめますと・・・

日本が国連から脱退した前後

  1. 1931年:関東軍(日本)が鉄道を爆破し、中国のせいにする
  2. 満州事変へと発展
  3. 1932年:日本が満州を制圧し、満州国を建国
  4. 中国が猛抗議。連盟へ提訴
  5. 1933年:日本の非が国際連盟で全会一致で認められる
  6. 日本はそれを理由に脱退を表明
  7. 1935年:日本は正式に国連を脱退
  8. 1940年:日本はドイツ、イタリアと日独伊三国同盟※を結ぶ
第二次世界大戦当時の、日独伊三国同盟も、松岡さんが主導しました。是非はともかく、戦争への流れの中で重要な役割を担っていますね。


この後は、皆さんご存知アメリカ、中国、イギリス、オランダ、フランス、オーストラリア、(最後はソ連も)などの大国群を敵に回し、絶対に勝てない第二次世界大戦に突入していきました。

無謀極まりない戦争です。。。

しかしここから、現代の日本は教訓を得ることができます。

スポンサーリンク

孤立と情報不足!国連脱退から日本が教訓とすること

学ぶ

日本は満州国を認められなかったから、それを不服として国連を脱退し、その後国際社会と対立、戦争へと突き進んでいきました。

日本は常任理事国として活動するほどの列強でありながら、そのわずか30年後には東京や他の主要都市は空襲で焼け野原、原爆を2発も落とされ、沖縄はアメリカがその後数十年も占領、憲法もGHQ主導で決まるという、無残な敗戦国になってしまいました。

もう、大失敗です。

このことから、日本は今後、国際社会から孤立することは、絶対に不利な状況に陥りますのでやってはいけません。

ちなみに近年で、大国が国際社会から認められずに、孤立してしまった例を、私達は目撃しています。

大国が孤立した例

  • 2003年:諸外国が反対したイラク戦争
    戦争を強引に主導したアメリカは、その後国際社会から信用を失いました。
  • 2016年:中国の南シナ海占領
    中国は、南シナ海のサンゴ礁を埋め立て、強引に軍事基地を建設しました。それを不服としたフィリピンは国際司法裁判所に提訴し、中国は敗訴。
    中国は「そんな判決は認めない!」とブチ切れて孤立しています。


また、満州事変の結果の満州国を1国も認めなかったことは、日本が間違っていたから、不正なことをしたから、だけではありません。根回し(広報活動・宣伝活動)が不足していたからです。

根回しに必要な情報を集める情報力・諜報活動も足りていなかったのでしょう。

全会一致で糾弾されるような審議をされてしまう愚かさ、この点が大日本帝国の失敗です。


そのため、日本は今後、国際社会との協力関係を維持しつつ、情報を集める大規模な組織が必要です。


アメリカはCIAやNSA、ロシアはFSB(旧KGB)、イギリスはSIS、イスラエルにはモサドなどの諜報機関があります。俗にいうスパイが所属する国の組織です。

日本には内閣情報調査室(内調)がありますが、CIAの職員約2~3万人に対して、内調の職員は約200人とのことです。

非常に少ないですよね( ̄▽ ̄)複雑な世界中の情報を200人で収集・分析するには限界があります。

国際社会からの孤立は、日本は当面大丈夫そうですが、諜報力についてはもっともっと発展させて、情報を活用していくのが今後は超重要ですね!

さいごに

国際連盟からの日本脱退の理由でした!

本当に、第一次世界大戦後からの世界史は大事件ばかりです(゜o゜)

特にこの時代は目まぐるしく情勢が変わるので、当時は大変だっただろうな・・・と思います。

このような過ちを絶対におかさないよう、国民1人1人が政治や国際情勢に興味を持ってもらえたら、と思います^^

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする