衆議院解散とは?なぜ解散するの?わかりやすく!

衆議院が解散することになりましたね!

そのためニュースは解散総選挙のことでいっぱいです。それを見ていた長女が私に聞いてきました。

  • 「衆議院って、なんで解散するの?
  • 「解散して、どうするの?」
  • 「選挙の日って、どうしてテレビは選挙ばかりなの?(笑)」

スポンサーリンク

ああ~確かに不思議だよねってことで、その意味をできるだけわかりやすく説明しました。

説明する中で単語の意味自体が聞き慣れず、そこも噛み砕いて説明する必要はありましたが、最後には納得してもらえました。

そこで今回は、衆議院の解散とは何か?なぜ解散するのか?
こちらを、わかりやすくご紹介したいと思います。

衆議院の解散!意味をわかりやすく!

国会Copyright © 2011 National Diet Building by Dick Thomas Johnson

衆議院を解散する意味はズバリ、

国民の信を問う(こくみんのしんをとう)

ことです。

んん?
それってどういうこと?

はい、国民の信を問うとは、

政権を担当している内閣(政党:自民党など)が、これからも政権を担当しても良いですか?

と、国民に聞くことです。

聞くと言っても、実際に国民一人一人に聞くことはできませんので、代わりに、選挙で選んでもらうわけですね。

そして選挙の結果、衆議院議員が新たに誕生します。

その衆議院議員さんが所属している政党で、一番人数が多い※政党が次の政権を担当できる与党となります。

与党とは?
※人数(議席)は過半数を超える必要もあり、1つの政党で足りない場合は違う政党と協力して議席を数えることもできます。これを連立与党といいます。

政権を担当するために、各政党は選挙で選ばれるよう、魅力的な候補者や政策をかがげます。

MEMO
時には、知名度バツグンで好印象なスポーツ選手やタレントさんが、立候補することもあります。

選挙の結果、過半数の議席を得た政党は与党となり、堂々と政権を担当できることになります。

それではどういう場合に、衆議院は解散されるのでしょうか?

次で見てみましょう。

衆議院が解散するパターンは?

フィンランド議会

衆議院が解散されるパターンは、次の3つです。

衆議院が解散されるパターン
  1. 衆議院で内閣不信任案が可決された場合
    衆議院で、内閣に対して、もうやめてくださいね!クビですよ!と、退陣を求める決議で、これが可決された場合。
    内閣不信任案は、政権を担当していない野党側から出される
  2. 衆議院で内閣信任案が否決された場合
    同じく衆議院で、内閣に対して、このまま行政をおまかせします!という決議で、これが否決された場合。
    内閣信任案は、政権を担当している与党側から出される
  3. (事実上)内閣総理大臣が決定した場合
    首相が、判断した場合。理由は、大きな政策を実行する前に、国民のお墨付きを得たい場合や、ねじれ国会で国会の審議が滞った場合、政権を再度担当するために、今なら選挙に勝てる!と判断した場合など。

衆議院が解散されるパターンは、大きくは上記の3つです。

もっとも多いのは3つ目のパターンですね。解散して再度与党が勝利すると任期が4年伸び、政権を担当できる期間がリセットされますので、魅力的な野党が少ない時などに解散総選挙を行うと、勝利しやすくなります。

1つめと2つめの、内閣の不信任案や信任案については、その後の解散だけでなく「内閣の総辞職」という選択肢もあります。

不信任案が可決・信任案が否決されたその後

  • 内閣の総辞職
    内閣総理大臣(首相)以下、全ての国務大臣が決議通りに辞職して、新たに変わることを意味します。
  • 10日以内に衆議院を解散する
    衆議院議員が一度辞職して、新たに変わることを意味します。

内閣の総辞職は、内閣総理大臣が「わかりました、辞めます。」という、衆議院の意見を尊重した形です。

その後は同じ衆議院議員のまま、新たに内閣総理大臣を選び直します。

衆議院の解散は、「何言ってんの?辞めろっていうなら、国民に聞きましょか!」という、衆議院の意見より、国民の意見を尊重する形です。

その後は、解散総選挙の流れになります。

どのパターンにしても、最終的には内閣総理大臣が決定することになります。

次は、この解散の権限について、見てみましょう。

スポンサーリンク

衆議院を解散する権限は誰が持つ?

サインする偉い人

衆議院の解散をする権限は、内閣が持っています。

そのため、衆議院を解散することに決めた内閣総理大臣(首相)は、閣議を開いて国務大臣に賛否を問います。そこで、国務大臣全員の賛成(署名)が必要とされています。

ただ、そこで国務大臣の誰かが反対したとしても、首相はその大臣をいつでも辞めさせることができます。

そして、首相がその大臣の職務を兼任することが可能です。

兼任した上で「賛成です!」と言えばOKなので、実際には解散する権限は、首相の権限と言えますね。

では、衆議院が解散されたら、その後はどうなるのか見ていきましょう。

衆議院の解散後の流れはどうなるの?

衆議院が解散されると、次の流れで進んでいきます。

衆議院解散後の流れ
  1. 衆議院の解散
  2. 解散から40日以内衆議院議員の総選挙
  3. 選挙の日から30日以内特別国会を召集
  4. 内閣の総辞職
  5. 新たに選ばれた議員を含む国会で内閣総理大臣の指名選挙
  6. 内閣総理大臣(首相)は内閣を組閣(各国務大臣の任命)
  7. 新内閣の発足

この流れは、日本国憲法で規定されています。

そして解散したあとも、内閣はそのまま機能して職務にあたり、選挙後に特別国会が召集された時点で総辞職をすることになっています。国の政治が滞らないようにするためですね。

次は、衆議院の総選挙には費用はいくらかかるのかも、見てみましょう。

解散総選挙にかかる費用はいくら?

それでは衆議院の解散の結果、総選挙をするにあたり、いくらお金がかかるのでしょうか?

2014年12月の、衆議院議員の総選挙の予算がニュースでも取り上げられていました。

~引用ここから~

衆院選に631億円の国費 政府、予備費使用を決定

政府は28日、衆院選の関連経費を賄うために2014年度一般会計の予備費から631億円を充てることを閣議決定した。

(後略)

出典:47ニュースより

~引用ここまで~

631億円・・・

631億円なんて私のような庶民には、まったくピンときませんので、何ができるくらいの金額かネットで検索してみました。
すると、ちょうど良いのがありました^^

東京スカイツリーの総事業費:650億円

東京の新名所、スカイツリーの総事業費が近かったです(笑)

やっぱり、多額の費用がかかるんですね(^_^;

必要とはいえこれだけのお金を使って選挙をするのなら、有効に活用して国を運営していってほしいと思います。

さいごに

衆議院の解散についてでした。

なんだか、漢字が多くなってしまいました。わかりやすかったら良いのですが(^^;

ちなみに、選挙の日はどこのテレビ局も選挙一色ですね。
これは、なんでなのかはわかりません(笑)

10 Comments

匿名

たしか総理がなんらかで死亡したときもそうじしょくという形になりましたよね?

返信する
オトメンパパ

そうですね。

憲法で内閣総理大臣が欠けた場合は、総辞職しなければならない、という規定があります。

返信する
ななぽん

ニュースを見ていても政治の事がいまいち良く分からなかったのですが、大変分かりやすい解説で勉強になりました。

返信する
オトメンパパ

ななぽんさま、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。
政治のこと、もう少しわかりやすく、学校で教えてくれたら良いのですが(^^;

返信する
オトメンパパ

関口さま、こんにちは!
コメントありがとうございます!
(名字だけなのでそのままですが、困る場合はイニシャルに変更しますね)

返信する
sp

目からウロコで、こんなに分かりやすいサイトを初めて目にしました!
サルでもわかりますw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。