サラリーマンが副業で稼いだ!そんな時の確定申告は?

  • 「うわ~!今年のボーナスも少ない・・・」
  • 「ウチは、ボーナスなんて出ないよ!」
  • 「給料が増えないどころか、○%のカットだ~」


最近こんな怨嗟(えんさ)の声を、よく耳にします(^_^;

日本経済も、デフレだ!消費税増税だ!
なんて、あまり良いニュースはありませんよね。


そうした中で、一部のサラリーマンの方は、

もう会社や国には頼れないな。

ヨシ!こうなったら副業するゾ!


という決断をして、副業で副収入を得ている方も、
いらっしゃるようです。

そして、がんばりが実を結び、だんだん稼げるように
なってくると、「アレ」をしなければいけません。

そう、副業収入の確定申告ですね( ̄▽ ̄)


そこで今回は、サラリーマンの方が、副業で稼いだら、
確定申告をどうすれば良いのか、ご紹介しますね^^

サラリーマンの副業の確定申告は?

悩むサラリーマン3

  • まだ金額や規模が小さいから・・・
  • 本業でちゃんと所得税を納めているし・・・
  • ややこしそうだから・・・


こんな理由で、なんとか確定申告から逃れたい気持ちは、
すごくよくわかります。

税金を払うのがイヤとかでなく、ただただ、
「面倒」なんですよね!


国はこういった国民の声を、考慮してはくれないのでしょうか(^_^;

悩ましいところですが、しょうがないので話を戻します。


確かに、金額が小さい場合や、本業で税金を納めている場合は、
税務署からは何も言ってこない、ということも多いようです。

でも、それはあくまで、税務署の限られた職員数の制約で、
その時スルーされただけです。


その後、めでたく副業が順調に拡大して、取引金額が
そこそこの規模になった時、税務署に指摘されるかもしれません。

泣く泣く、加算税や延滞税をたくさん払うハメにならないよう、
やはり、きちんと確定申告はしておく必要がありますよね(^^;


でも、面倒ではあるものの、難易度としては、
サラリーマンの副業の確定申告は、意外と簡単なんです。

なぜかというと、会社が「年末調整」をしているからですね。

スポンサーリンク

サラリーマンは年末調整済

事務員さん


サラリーマンの方は、勤め先の企業で、
年末調整をしてもらっています。

多く払っていた税金が、12月末頃に返ってきて、
ラッキー!となることが多いですよね^^


その年末調整のおかげで、確定申告の手間は、だいぶ軽減されます。


お給料という収入に対する、基礎控除や社会保険などの各種控除を含めて、
すでに税額が算出され、所得税が「源泉徴収票」に記載されています。

これを確定申告で、書き写すことで、利用できます。

その後は、副業で得た収入と必要経費と、そこから求められる所得を、
記入すればOKです。

副業の部分を、プラスアルファで申告すれば良いわけなので、
簡単なんですね。


実際に、私はフリーランスの時、確定申告ソフトを使って、
青色申告※を行っていましたが、なかなかの手間でした。

※65万円の控除が受けられる反面、帳簿をきちんとつける義務がある申告方法。


それはもう、年が明けると、落ち着かなくなり、
2月に入ると焦りだし、3月に入るといよいよヤバくなります(笑)

とまあ、大げさに言いましたが、それに比べると、
はるかにマシではあります。

確定申告の方法については、こちらにまとめました。

確定申告の方法は?初めてでもコレで安心!


続いて、副業の収入による、「所得の違い」について、見てみましょう。

副業の違いによる収入(所得)の違いは?

さて、それでは確定申告で申告する副業収入(所得※)には、
どんな種類があるでしょう?
※収入と所得の違いについては、後述

副業の種類

  • アフィリエイト、せどりやヤフオク転売などの利益:事業所得又は雑所得
  • 株式の売買益:譲渡所得
  • 株式の配当益:配当所得
  • 講演料、執筆料など:雑所得
  • アルバイトをして得た給料:給与所得
  • 賃貸アパートからの家賃収入:不動産所得
  • FX取引の利益:雑所得※(申告分離課税)
  • 競馬に当たった!:一時所得

※「先物取引に係る雑所得等」となり、通常の所得と区別して課税されます(申告分離課税)。


色々ありますが、まずはどの所得なのかを判断します。

だいたいは、すぐに○○所得とわかりますが、
アフィリエイトのように、事業所得又は雑所得の2種類から、
どちらかを選ぶ副業もあります。

決め方は、アフィリエイトやせどりの場合ですと、
継続的に収入が発生する可能性が高い場合、事業所得で、
そうではない場合は、雑所得として申告します。


とはいえ、基本的にサラリーマンの副業は、
雑所得となることが、多いようです。

副業だけでも、食べていけそうな稼ぎになってきた場合は、
もうそれは立派な「事業」なので、
事業所得として、認められる確率も高くなります。

このあたりは、所轄の税務署に問い合わせることをオススメします。


続いて、確定申告が必要な金額は、「いくらから」なのか、
見てみましょう。

スポンサーリンク

確定申告が必要な収入金額は?所得とは?

サラリーマンの方が、副業で稼いだ金額が、
一定の金額以上ですと、確定申告をする必要があります。

そしてその金額は、単純に口座に振り込まれた収入金額ではなく、
所得が一定の金額を超えたら、とされています。

この所得とは、何でしょうか?

所得が20万円を超えたら!

所得とは、稼いだお金(収入)から、その金額を稼ぐために使用した
必要経費を、差し引いた金額(=所得)です。

税金は、その所得に対して課税されます。


そして、確定申告が必要な所得額は、一か所からの給与を得ている
サラリーマンの方の場合、給与所得と退職所得以外の所得の合計が、
20万円を超えたら、となっています。


例えば、アマゾンで中古本を販売して、30万円を稼いだとします。

その場合に、仕入れ原価や通信費、交通費などの必要経費に、
20万円がかかったとします。

30万円(売上)-20万円(必要経費)=10万円(所得)


この場合、所得が10万円となり、確定申告はしなくてOK、となります。


つまり、サラリーマンの方が、

給与とは別で、稼いだ所得が、20万円を1円でも超えた場合、
(20万円までは不要)確定申告をする必要があります。

株の特定口座の源泉徴収ありを選択している場合

証券イメージ


ただし、株の取引で、特定口座で源泉徴収あり
選択している場合は、すでに税金が差し引かれています。

そのため、申告する必要はありません(申告してもOKです)。


また、源泉徴収ありの特定口座で、配当を受け入れた場合も、
確定申告をせずに、譲渡損失と損益通算を行なえます。

しかし、損失の繰越控除※を利用する場合は、
確定申告が必要になります。

※損失の繰越控除:今年100万円の損が出た場合、損失の繰越控除をしておくと、来年の利益と相殺することができ、来年の税額を軽減できる制度。


続いて、20万円以下の所得でも、
確定申告をしなければならない場合です。

20万円以下の所得でも確定申告が必要な場合

副業の所得が、20万円以下の場合でも、
確定申告で、きちんと申告する必要がある場合があります。

例えば、次のような場合です。

  • 住宅ローン控除を受ける場合(1年目)
  • 医療費控除を受ける場合
  • その他確定申告をする場合


ようは、別の理由で確定申告をする場合は、
20万円に満たない所得も申告しなさい、というわけですね。


住宅ローン控除については、以前詳しくまとめました。

住宅ローン控除!確定申告の期間はいつからいつまで?

さいごに

サラリーマンが副業で稼いだ場合の、
確定申告について、いかがでしたでしょうか?

面倒な印象で、本当に面倒な確定申告(笑)

でも、一つ一つ行動していけば、ちゃんと終わりますので、
頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

関連記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする