量的緩和を日本一わかりやすく解説することにチャレンジします!

先日、日銀による、量的緩和が決まりました。

量的緩和するよ~と発表しただけで、
株価は上がりました。

ということは、不景気に苦しむ日本にとっては、
良い金融政策になるわけですね。

では、この量的緩和って一体どういうものなのでしょうか?


これ、気になりますよね。

本当に、いいかげん景気が良くならないと、
我々国民にとっては、死活問題です(≧_≦)

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーでもある管理人が、
この量的緩和を、日本一わかりやすく解説したいと思います。

量的緩和とは?わかりやすく!

日銀


量的緩和とは、日本銀行が、

市中に出回るお金をたくさん増やす

ことを目指す、金融緩和政策の1つです。


そして、たくさんお金が出回るようになった結果、
企業や個人の持つお金が増えて、たくさん使うことで、

景気が良くなることを目指します。

スポンサーリンク

じゃあ金融緩和って?

では、金融緩和で、具体的にどうやって市中に出回る
お金を増やすのでしょうか?

まずは、金利の引き下げです。


貸出金利が下がると、企業や個人は、お金を借りて、
設備投資や、大きな買い物をしやすくなります。

そうすると、経済が活性化します。

以前は、公定歩合の引き下げで、民間銀行の金利も
連動して引き下げることができました。

公定歩合って何?
民間銀行が日銀から資金を借りる場合の金利

今は金利が自由化されているので、公定歩合の引き下げでは、
金利の操作には、ほとんど効果がありません。

今は、短期金融市場の金利を引き下げることと、
国債を買い取る、買いオペレーション(買いオペ)により、
金利が下がるように誘導します。

その買いオペって?

買いオペは、民間銀行が過去に購入した日本国債を、
日銀が買い取ることです。

すると、国債の代金は銀行に渡されますが、
実際に現金を用意して、払うわけではありません。

帳簿上、代金を払ったことにして、銀行に渡します。

この時の日銀が払う代金は、無から生み出されます


こうして銀行に渡された(増えた)お金は、
銀行から、融資などにより、市中へ出回ることになります。

それまでは存在していなかったお金が増える

この結果、市中の金利は下がり、資金の流通量も増加します。


こうして、短期市場金利の引き下げや、買いオペによって行う政策を、
金融緩和と言います。

じゃあ金融緩和と量的緩和の違いは?

そして、実際に金利が下がった時点で、買いオペをやめれば、
これは量的緩和ではありません

通常の金融緩和政策です。

これをやめずに、さらに日銀の当座預金残高を目標値に、
買いオペをし続けることが、量的緩和です。

日銀の当座預金残高って何?
銀行や証券会社などの金融機関が、日銀に持つ当座預金口座の残高


つまり量的緩和は、従来の金融緩和とやっていることは同じで、
その達成する、目標が異なります

  • 通常の金融緩和:ゼロ金利になれば、目標達成で買いオペ終了
  • 量的緩和:ゼロ金利でも当座預金残高まで買いオペを続ける

2013年から、アベノミクスの3本の矢の内の1つとして、
異次元の量的緩和を行うことになりましたね。

スポンサーリンク

じゃあ、量的緩和ってデメリットないの?

ここで疑問が生まれますよね?

  • お金を増やす?紙幣をたくさん印刷する?
  • そんなことして本当に良いの?


はい、やはり量的緩和をし続けると、
いくつかのデメリットがあります。

<量的緩和のデメリット>

  • 民間銀行から企業・個人への融資が限定的
    不景気なので、進んで借金をして、投資や大きな買い物はしにくい状況です。
    そのため、銀行に資金は増えても、市中に多く出回らない可能性があります。
    こちらはデメリットというより、問題点といえます。
  • 増えた資金が投機に向かう
    上記の問題点に関連しますが、銀行として資金を寝かせておくのももったいないので、金融資産で運用しようとするかもしれません。
    その結果、その金融資産に対する、バブルが発生する可能性があります。
  • インフレの可能性
    増えた資金が、インフレを引き起こす可能性があります。
    ゆるやかでコントロールされたインフレは、経済に良いのですが、インフレが進み過ぎる可能性があります。

また、量的緩和だけでは、景気の回復には不十分と考えられているため、
アベノミクスでは、あと2本の「矢」が用意されていますね^^

  • 成長戦略:規制緩和、新しい産業
  • 財政政策:緊急経済対策


なんとか、景気回復に向けて進んでほしいものですが、
消費税の増税は強烈な足かせになってしまいますね(*>Д<)   [adStatement_link2]

おわりに

いかがでしたでしょうか(^^)

量的緩和は、

お金を実際に市場に増やし、景気を刺激しますが、
同時にお金の価値を下げてしまう恐れや、効果が必ず出るとは限りません。

でも、今はやらざるを得ない状況というわけですね。

しかし、デフレ、株価低迷に苦しむ、
2013年の日本にとっては、良い結果が出ました。

量的緩和を行い、通貨価値を下げたことで、
異常な円高が是正され、日本は円安になりました。

デメリットの反対で、

輸出業界には通貨価値が下がることは良いことです。

こちらも今度、物語調で書きたいと思います(笑)

このあとは、実体経済が本当に良くなっていくのかどうかが、正念場ですね!

コメント

  1. 名無し より:

    非常に分かりやすく理解できました。

  2. だいがくせい より:

    テスト勉強で徹夜中です、、、、

    大変助かりました!
    どの参考書も理解するのご大変な中、
    とてもわかりやすい記事で驚きました!

    テストがんばります!
    本とうにありがとうございました、

  3. だいがくせい より:

    わかりやすい記事で
    大変助かりました(O_O)
    感謝します!

    • オトメンパパ より:

      だいがくせいさま、テスト勉強、お疲れ様です!

      理解しやすかったとのことで、良かったです。
      テスト、がんばってくださいね~

  4. 某こうこうせい より:

    とても分かりやすく量的緩和政策について理解できました!学年末テストが近いんでとても役立ちました!!

    • オトメンパパ より:

      某こうこうせい様、こんばんは^^

      ありがとうございます。
      学年末テストの時期ですか、懐かしいです。
      頑張ってくださいね!

  5. 匿名 より:

    銀行券発行高、貨幣流通高がこの数年ほとんど変化がないのにマネタリーベースが300兆(日銀当座預金は200兆円)突破している問題点を知りたくてあれこれ検索してる中で拝読しました。
    各銀行が日銀に持つ預金額が行き場を探し今にも爆発しそうな状況ということなんでせうか?
    数字いじくってみんな幸せのウルトラCなんてあるのかなあ。
    個人の現金預金や(労働法が変わらないと)労働価値がなにかのきっかけで崩壊しそうでなんか先が怖いので株を買ってみたりはしてるのですが。
    なんでもいいから将来に向けての安心したいもんですね