韓国の異常な反日の本当の理由とは?

日本政府による、竹島の広報動画は見られましたか?

日本にも、ようやく正しい主張ができる時代(=政権)
来たことを嬉しく思います^^

ただ、その広報動画公開の結果、
韓国は、ヒステリックな対抗措置をとりました”(-“”-)”

一体、どんなヒステリックな対抗措置をとったんでしょうか?

今回はこれと一緒に、韓国の反日の本当の理由についても、見てみたいと思います。

ヒステリックな韓国政府の対応

take-off-84229_640


日本の領土である竹島で、駆逐艦や戦闘機を投入した、
軍事演習を行ったのです。

しかも今回の軍事演習は、
極右の民間人が、竹島に上陸してきた場合を想定して、
行ったと発表しています。

実質、
日本人と名指ししているのと同じです。


ちょっと私は疑問に思いました。

なぜ、ここまでやるのか?

反日だけで普通ここまでやるか?

日本との、これ以上の、経済の悪影響リスクは無視できるのか?

広報動画への対抗措置で、
軍隊を動かすことは、国際的に見て異常ではないの?

体裁を犠牲にして得るものは?

もう、私から見た韓国政府はこんな感じです。
troll-162078_640


・・・まあ、冗談はさておき。

動画で、「平和的な解決を目指す」と宣言している日本とは、
対照的なキレっぷりで、イケイケです(^_^;)

そのため、ここしばらくの、
韓国の異常すぎる反日政策は、ずっと不可解でした。

どうも納得できず、
何かメリット(=国益に叶うもの)があるはずと、
考えていました。

そこで、韓国にばかり目を向けていても、
理由が見えてこなかったのですが、

韓国がひたすらに敵視する、我が国日本を中心に考えてみると、

ある答えにたどり着きました( ̄ー ̄)ニヤリ
portrayal-72264_640

スポンサーリンク

超大国候補の中国と歩むことにした韓国

それは、韓国と同じように日本と領土問題でもめている、

中国の存在と、

日本と韓国それぞれの同盟国、

アメリカの存在です。

妥協しない安倍政権

日本は安倍政権に変わってから、
尖閣に関して、中国に毅然とした態度をとっています。

一歩も譲る気配がありません


領空侵犯した無人航空機に関しては、
撃ち落としても良い許可を与えました。

中国はそのことに対して、
撃ち落とせば「戦争行為」といっています。

必ず反撃する、と。

まさにガチンコ勝負の覚悟です( `ー´)ノ

この日中の問題が、韓国にも影響していました。

スポンサーリンク

韓国は中立ではいられない

china-112116_640


なぜかというと、仮に、日中で軍事衝突が起きた場合、
同盟国アメリカからの、何らかの支援があるはずです。

いざとなったら、アメリカは日本を守らない!

などの意見もありますが、

尖閣と、目と鼻の先にある沖縄米軍基地で、
同盟国日本を、何の支援もせずに見殺しにした場合
アメリカの信用は、世界中で地に堕ちるでしょう。
(それでも良しとする可能性もある)


そのため現時点では、
日本を支援してくれる可能性が高いです。

そして、日米VS中国となった場合に、

韓国は中立ではいられません。

なぜなら、韓国はアメリカの同盟国であり、
韓国にも米軍基地があるからです。

当然、尖閣有事の際は、韓国の米軍基地も、
何らかの支援を行うでしょう。

つまり中国からすると、敵国であるアメリカに、
基地を提供している韓国は、味方ではなく、

韓国=にっくき敵になるわけです。

中国>>>アメリカになっていく韓国

アメリカは現在進行形で、国力が減少傾向にあります。

先日も、財政破たん寸前にまでいきました。

長い目で見ると、アメリカは今後もゆるやかに下降していくでしょう。

逆に中国は経済危機などは経験しつつも、
まだ7%といった高い成長率を維持しています。

軍事費もどんどん上乗せしていくでしょう。

そうなった時、韓国は非常に厳しい状況に置かれます。

北朝鮮問題もかかえながら、

  • すぐそばの大国中国から「敵」扱いされたら・・・
  • 頼みの綱のアメリカは頼りなくなってきている・・・


そういったシンプルな思考から、

中国にだけは睨まれないようにしよう(;´Д`)

と考えたのではないか、と思うわけです。


そのため竹島領土問題では、

尖閣問題の中国と歩調を合わせよう

とするため、

必要以上の反日と、
強硬な対応をとっているのではないかと思います。

今後の日韓関係は?

そのため、今後も韓国は、日本に対して
必要以上に反日敵視政策を続けるでしょう。

日本としては、一切の妥協は不要で、
今の安倍首相の放置がベストと言えます。

そして、その間に日本は、東南アジア各国、インド、ロシアとの関係を改善し、
できれば経済だけでなく、頻繁に軍事演習を一緒に行うくらいの
連携に持っていけば良いと思います。

それが実現すればするほど、韓国は焦り始めるでしょう(^▽^)

その時に、国際司法裁判所への付託を含めて、
日本は竹島問題を話し合えば良いと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする