北朝鮮!過去の合意と裏切りの歴史をチェック!

北朝鮮の合意と裏切りの歴史

2018年6月12日に、歴史的な米朝首脳会談が行われましたね(*^^*)
会談では具体的な内容はありませんでしたが、米朝トップ2人の関係性が改善し、スタートは順調なすべり出しと言えそうです。今後の実務者協議で、実際にどんな非核化計画が決まっていくのかが、要チェックですね。

さて、そんな米朝の非核化の協議と合意ですが、過去にも似たようなことが何度かありました。

過去の北朝鮮との合意の流れ
北朝鮮、核放棄を約束→その後に経済支援などを受ける→約束破棄して核開発を再開

スポンサーリンク

今回はこんなウソと非核化の失敗は、もう繰り返されないと信じたいところですね(^_^;)

そのため今回は、北朝鮮の過去の合意と裏切りについて確認しておきたいと思います。

北朝鮮は、いったいどんなウソと裏切りをしてきたのでしょうか?

北朝鮮!過去の裏切りは何があったの?

北朝鮮の裏切りの歴史は、次の通りです。

北朝鮮の過去の非核化に関する合意
  • 1992年「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」
    →一応続行中
  • 1994年「米朝枠組み合意」
    →2003年に決裂
  • 2005年「6ヵ国共同宣言」
    →翌年ミサイル発射と第一回核実験
  • 2012年「米朝の合意」
    →ミサイル発射予告を行い、2ヶ月後合意破棄

過去、定期的に非核化に向けて国際社会は努力してきたことが一応は伺えますね。まあ、アメリカの直接の驚異ではなかったので、だいぶ後回しでしたが。。

すべて、北朝鮮が核を放棄する非核化関連の内容でしたが、ことごとく裏切りがあり、現在も非核化がなされていないのはご存知の通り(涙)

そして、2018年の今回の米朝首脳会談で仕切り直しとなります。交渉上手という噂のトランプ大統領には、是非合意しただけで安心せず慎重に具体的に進めてほしいと願います。マジで(´ー`A;)

1992年:朝鮮半島の非核化に関する共同宣言

北朝鮮と韓国の国旗

1992年「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」
北朝鮮と韓国により行われた共同宣言で、別名:南北非核化共同宣言

  • 当時の北朝鮮トップ:金日成(キムイルソン)※
  • 当時の韓国トップ:盧泰愚大統領

北朝鮮は韓国との間で共同宣言に署名し、核兵器の実験や製造、保有や使用しないこと、南北は核を平和利用(発電)のみに利用すること、を宣言しました。

しかし翌年1993年には、国際原子力機関(IAEA)による査察を拒否、核拡散防止条約(NPT)も脱退してしまいました。
「共同宣言、守る気あるの?」と国際社会に疑問を抱かせることになります。

MEMO
※金正恩の祖父

韓国も非核化を一緒に宣言しているのは、アメリカによる核兵器を持ち込みませんよ、という意味合いになります。

その後どうなった?
北朝鮮は核開発に邁進していきますが、一応は現在も続行中です(^_^;)

1994年:米朝枠組み合意

米国と北朝鮮の国旗

1994年「米朝枠組み合意」
北朝鮮とアメリカの間で結ばれた合意

  • 当時の北朝鮮トップ:金日成~金正日(キムジョンイル)※
  • 当時のアメリカトップ:クリントン大統領

北朝鮮がすべての核開発を凍結し、その見返りに軽水炉(費用は韓国負担)、食料、軽水炉完成まで毎年50万トンの重油を提供してもらい、米朝関係も正常化に向けて改善していくという合意です。
さらにアメリカは核兵器を北朝鮮に使用しないと約束も。

MEMO
※金正恩の父

なんと!すでに1994年には核兵器を使用しないという約束があったのですね。今の2018年と似ています・・・

その後どうなった?
アメリカの議会が、合意を結んだ民主党から共和党(合意への反対が過半数)へ、大統領もクリントンからブッシュに変わったりして、軽水炉建設の資金集めや重油供給が遅れました。そのため北朝鮮が怒り、不穏な空気に。(ただし、遅れても重油や食料の提供はされています)
そして2002年に北朝鮮が「ウラン濃縮技術」を取得していることが判明し、2003年に決裂しました。

イラク戦争を開始したブッシュ(子供の方)が大統領となりました。北朝鮮を悪の枢軸と呼んだことを覚えている方もいるのではないでしょうか?

この米朝枠組み合意では、北朝鮮の裏切りも確認できますが、その理由がアメリカにも一応あることがわかります。
そもそも核やミサイルを使って周辺諸国を脅迫・恫喝する北朝鮮が無法者であることは確かですが、合意した以上は正しく履行して、裏切るスキや口実を与えないのも必要かな、と思えます。

スポンサーリンク

2005年:6ヵ国共同宣言での共同声明

2005年「6ヵ国共同宣言(第4回六者会合に関する共同声明)」
北朝鮮、アメリカ、中国、ロシア、韓国、日本で話し合った6カ国協議での共同声明

  • 当時の北朝鮮トップ:金正日
  • 当時のアメリカトップ:ブッシュ大統領

残念ながら、米朝だけではどうしようもなくなったので、上記6カ国による6か国協議が中国の北京で2003~2007年まで、9回行われました。

その中で北朝鮮は「すべての核兵器と核開発計画を放棄する」ことに合意。
この時も米国は、北朝鮮に対して核兵器や通常兵器で攻撃や侵略をしないことを確認しました。さらに米朝は国交を正常化していくことを約束。
日本も日朝平壌宣言の通り、国交を正常化していくことを約束。

つまり、北朝鮮とそれに敵対している(中露以外の)国も、北を攻撃しないし関係を正常化していきましょう!という平和へ向けた素晴らしい内容の共同声明でした。

この時は日本も主要プレイヤーです。

その後どうなった?
翌2006年、日本海に向けて弾道ミサイル7発発射、さらに1回目の核実験成功を宣言。
2007年、非核化の初期段階として、寧辺(ニョンビョン)の核施設の活動停止と封印を合意し、査察を受けるために、追放したIAEA職員の復帰も約束。さらに原子炉の冷却塔を爆破する様子を世界に向け生中継しました。
しかし、科学的な検証や高濃縮ウラン開発の申告は拒否しました。

なぜでしょうね・・・(笑)

アメリカは「先に核放棄」と主張し、北は「先に軽水炉」と主張し難航。その後も六カ国協議は続いたものの、合意の破棄を北朝鮮は一方的に主張。非核化はならず。

今度は米朝2カ国だけでなく、6カ国ですから、また重みが増しています。米国に中国、ロシアという軍事大国と、日本という経済大国も含めての、世界が注目する共同声明でした。

なんとか合意にこぎつけ、期待されていたものの残念ながら結末はいつも通り、合意は破棄され北朝鮮は核開発の時間稼ぎに成功です。

ただ、私は当時ニュースを見ていて、非核化の約束って本当かな~?またどうせ崩壊するんじゃないの?という思いは感じていました。あと、この頃はまだまだ北朝鮮は核ミサイルなんか無理、という印象でした。

この少し前は飢餓がひどくて、根っこを食べている様子がニュースで伝えられていましたから。北朝鮮のおばあさんが、根っこを食べると消化できずにトイレでお尻が痛くなるから嫌だ!と泣き、それをおじいさんが慰めて食べさせている、という内容でしたね・・・国民を飢えさせても核開発を続ける凄い国という感想でした。

2006年のミサイル発射と核実験で、国際社会は今回も北朝鮮に見事に裏切られています。

2012年:米朝の合意

合意破棄

2012年2月「米朝の合意」
米朝で行われた合意

  • 当時の北朝鮮トップ:金正恩
  • 当時のアメリカトップ:オバマ大統領

アメリカから24万トンの食糧支援を受けるかわりに、核実験の凍結、長距離弾道ミサイルの発射、ウラン濃縮を停止し国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れることで米朝が合意しました。

その後どうなった?
北朝鮮は翌月3月に、人工衛星ロケット(実質の長距離弾道ミサイル)の発射実験予告を行います。それを受けて国連は、ミサイル発射を非難する決議を採択します。

・・・まあ、当たり前ですよね(^_^;)

その後の4月、「人工衛星の打ち上げという正当な権利を侵す、国連安保理の不当な態度を断固かつ完全に拒否する」と主張し北は合意破棄を発表。合意は最速でアッサリ破られました。。。

・・・なんでしょう。

人工衛星だと言えばセーフだと思ったのでしょうか?アウトですよね。

その後12月には予告通り人工衛星という名の弾道ミサイルを発射し、その後も何度もミサイル発射、核実験、挑発を繰り返し現在に至ります。

さいごに

北朝鮮の裏切りの過去と歴史でした!

合意の重さに対してドン引きしそうな回数ですが、アメリカを始め国際社会は、長い間なかなか忍耐強く接していることがわかりますね。

ここから学べることは、したたかで駆け引きのうまい北朝鮮だという事実です。トランプ大統領には、是非慎重に最後まで非核化を進めて頂きたいですね。日本はたっぷりお金(私達の血税!)でもってサポートするハメになるでしょうから・・・

どうして国際社会から反対されても、核とミサイルを開発し続けるの?という北朝鮮の目的は、次の記事にまとめました。良かったらご覧ください(^o^)

北朝鮮ミサイル開発
北朝鮮の目的!ミサイルを開発するのはなぜ?アメリカに望むこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。