北朝鮮の目的!ミサイルを開発するのはなぜ?アメリカに望むこと!

北朝鮮のミサイル開発の目的

歴史的と言われている米朝首脳会談(2018年6月12日)が行われましたね。

暴れん坊な北朝鮮の金正恩はいわずもがなですが、アメリカのトランプ大統領も強硬な姿勢を貫いていたので、どうなるの??と気になってライブで観ていました。結果としては笑顔あり仲良く散歩する映像まであり、両トップがいがみ続ける状態から大きく米朝関係は進展しました。

会談の結果は、北朝鮮にはなかなか満足のいく結果だったと言えるでしょう。その証拠に金正恩さんは最後の方、かなりのニコニコ笑顔でしたね。

スポンサーリンク

アメリカはニュースで観る限りは議会やメディアから不満が出ているようですが、トランプさんとしてはかなり満足な内容だったようです。会談後の記者会見では時間を延長してまでご機嫌に質問に応じていましたし。

今後は、会談ではなかった具体的な非核化にむけての実務者協議を続けていくとのことですので、しばらくは目が離せません。

さて、会談結果に満足したと思われる北朝鮮ですが、そもそもいったい何が目的で核ミサイル開発を続けていたのでしょうか?

なぜ国際社会から非難ゴウゴウで叩かれても、止めずに核ミサイル開発を続けてきたのか?どうしてもどうしても叶えたい目的があったからです。今回はこちらを確認しておきましょう。

北朝鮮は何が目的なの?ミサイルをなぜ打つの?

北朝鮮

少し前までの北朝鮮の目的は、アメリカとの米朝ニ国間対話でした。しかし過去に二度裏切られた米国は「話しても無駄」という姿勢でそれに長い間乗りませんでしたが、今回(2018年6月12日)の米朝首脳会談を受けて、それは叶いましたね。

核を持てば米国と対等に話ができる」という北朝鮮の考え通り、核兵器を交渉に使って粘り勝ちしました。

MEMO
とはいえ、今の時代に核兵器を使っての米国との交渉はリスクが大きすぎますので、普通の国はしませんが(笑)失うものが何もない国の究極の一手ですね。

しかし米朝で対話することが最終目標ではありません。その先があるはずです。

そして、米朝トップ会談でその本来の目的が共同声明に盛り込まれました。北朝鮮が核ミサイルを開発する目的、積年の目標が叶ったと言えます。

北朝鮮の目的その1
北朝鮮の最大の目的は、アメリカによる北朝鮮の体制保証です。

つまり、安全保証、政権維持のことです。

韓国には米軍が駐留しています。あれは何のためかというと、朝鮮戦争中の北朝鮮を攻めるため※であり韓国を守るためでもあります。

MEMO
※1950年から始まった朝鮮戦争は、1953年の休戦協定により一時休戦している状態です。実質終結してはいますが、一応まだ戦争中なんですね。

世界最強の米軍に攻められれば、北朝鮮の金政権は完全に消滅し、処刑されてしまうでしょう。

アメリカの空母

また、軍事攻撃で攻められなくても、米国が支援する組織がクーデターを起こす可能性もあります。米国は外国でクーデターを起こしたあと、傀儡親米政権を作るということをちょくちょくやっています。クーデターの場合も捕まれば処刑されますし、良くて中国に亡命でしょう。

軍事攻撃やクーデターを起こすのはやめてほしい、というのが北朝鮮の目的です。米軍はやる時はやる恐ろしい国ですから(^_^;

今回は、「対話継続中は米韓軍事演習すらも中止」というトランプさんからのプレゼントまであり、北朝鮮は予想以上に目的が達成されましたので、金正恩は今後安心して眠ることができるでしょう。完全に米国を信じてはいないでしょうけど、会談中の笑顔はその現れだと思います。

続いて、北朝鮮のその他の目的です。

スポンサーリンク

北朝鮮の体制保証以外の目的は?

それでは体制保証以外にも、北朝鮮は他に目的があるのでしょうか?
それはやはりあります。

北朝鮮の目的その2
  • 経済制裁の解除
  • 経済支援

つまり、金(カネ)です。

今、アメリカ主導で国際的に北朝鮮への経済制裁が行われています。北朝鮮の同盟国である中国ですらも一応制裁に参加しているほどです。

それなりに効果は出ているでしょうから、制裁を止めてほしい、というのも大きな目的です。また、制裁解除だけではなく経済支援もしてほしいと考えています。

ちなみに、トランプさんは米朝首脳会談のあとのスピーチで、「非核化の費用は日本と韓国が出してくれるだろう」、と発言しています(^_^;)

ナニソレ・・・と思いますが、これが拉致問題を北朝鮮に米国から提起してくれたお代なのですね。きっと。

善意だけでは国は動かない。全ては国益に叶うかどうか。本当に世の中は世知辛いですが、これがこの世界の摂理なんですね。

しかしこれで手詰まりだった拉致問題が進展するなら、価値のあるお金の使い方でしょう。今まで北は「拉致問題は解決済み」としか返答せず、取り付く島もなかったのですから。

しかし、お金だけ取られて拉致が解決しなかった、というのだけは避けてほしいと思います。

さいごに

北朝鮮が核とミサイル開発を続ける目的でした!

あくまで北にとって核兵器は交渉の材料、脅しの道具です。それによって相手国から大きな譲歩を引き出す。もうずっと長い間続いていますが、そろそろこの流れも変わり、非核化や朝鮮半島の平和は進展するのでしょうか?

日本の安全保障はというと、今のところ米朝の一触即発の事態は避けられ、北朝鮮がミサイルを打つことも当面はないでしょう(うまくいけばずっと)。一応の安全度は高まりました。

今後は北朝鮮が本当に非核化を実行していくかどうかが焦点ですが。。。

4 Comments

日本の将来に絶望する学生

今回の米朝首脳会談によって一番まずいのは、「アメリカは核保有国に
軍事攻撃は絶対に仕掛けない」という成功条件を全世界に見せたことだと
個人的に思います。北朝鮮は地図を見れば分かりますが、中国やロシアの
緩衝地帯なので、他の国よりも有利な立場にありますから、他の国が真似を
しても上手く行かないと思いますが、もしどこかの国が突如核実験を行い、
そしてアメリカやヨーロッパもテロ支援国家と話し合いをするようになって
しまったら、核は拡散します。それこそ被爆国である日本の思惑とは違い、
核による交渉が当たり前になってしまうのではないかと心配しております。
つまり暴力で小国やアメリカの同盟国を脅し、そしてアメリカが助けなければ
どんどん欧米や日本に対して高圧的な態度を取る国が出てくるのではないかと。
以前アルジェリアやバングラディッシュ、シリアで日本人が殺されても日本は
何も出来ず、そしてそれらの国は一切謝罪しませんでした。アルジェリア政府は
テロリストに拉致された日本人の安否よりも事件解決を優先し、日本政府の抗議も
耳を傾けませんでした。そしてインドネシアは日本を裏切って中国の高速鉄道に
乗り換えましたが、やっぱり日本製がいいと言ってきました。この時もインド
ネシアのメディアでは「日本人は中国人よりも使える」と、明らかに馬鹿にした
態度みたいでした。どうしてそんな風に日本を見るのか、それを海外の提示版で
英語でインドネシア人に直接聞きました。すると「君の国は戦争できないから
下に見ている人は多い。あとアニメやAKBみたいに弱そうなイメージが強いから
尊敬されない。」と、日本の平和的なイメージが海外では逆に「情けない国」と
見られているのです。もちろん暴力的なイメージよりか良いですが、このままでは
「こいつ脅せば何でもくれるぞ」といじめを受ける国、日本として見られると思う。

返信する
オトメンパパ

日本の将来に絶望する学生さま、こんにちは。

コメントありがとうございます。とても的確で参考になりました。
特に、英語でインドネシア人に直接聞かれた質問の内容と回答、非常に考えさせられます。

> すると「君の国は戦争できないから下に見ている人は多い。あとアニメやAKBみたいに弱そうなイメージが強いから尊敬されない。」と、日本の平和的なイメージが海外では逆に「情けない国」と見られているのです。

この回答には衝撃を受けました。
「弱そうなイメージ」「情けない国」、何とも残念な印象なのですね・・・

実際に、日本が強く出ることは第2次世界大戦後はほとんどなかったのでしょう。
私が国際情勢に興味を持ってからの直近20年ほどでは、最近がすこーしマシなくらいだと思います。

韓国にも何度も謝り倒していましたし、中国にも多額のODAで献金し続けていましたし・・・
竹島なんて完全に国防案件ですが、抗議して終わりですもんね。そりゃあ舐められますよね。

どうしてこうなってしまったんでしょうね。アメリカの戦後の洗脳教育?無事に効果を発揮した結果なのでしょうか。嘆かわしい限りです。

日本は特殊な事情で平和憲法がありますが、そろそろ防衛のための戦争はできる国になって良いと思います。その上で平和主義を貫いて、しっかりモノを言える国、理不尽なことには怒る国になっても良いのではと思います。

あと私が個人的に思うのは、日本人男性に貧弱な人、覇気のない人、根性のない人が増えたと思うのです。
私も体格的には痩せてて見た目は人のことは言えないのですが(笑)、柔道をやっています。大人になってから始めて、頑張って黒帯も取りました。

ですが、柔道人口は以前と比べて激減しているようです。私の住む滋賀県も昔は柔道部が中高にたくさんあったようですが、今はほとんどありません。
ケガをしやすいスポーツなので人には勧めにくいのですが、何か1つ武道を子供の頃から男子にさせるのも大事だと思います。

アニメやAKB、その他好きなものに情熱を注ぎつつも、心身ともに強い日本人を目指せば良いと思うのです。(もちろん身体のハンデがある場合は別です)

返信する
日本の将来に絶望する学生

返信有難うございます。もちろん親日の外国人も居るのですが、
自分がFacebookで本当の日本のイメージを尋ねたら、イタリア人の
女性にも言われました。彼女は現在アメリカに移住している20代です。

「私は嘘をつくのが嫌いだからハッキリ言うけど、日本とアメリカは
カルタゴとローマ帝国に似ていると思う。カルタゴは第2次ポエニ戦争に
負けて、ローマから武装を解除させられ、軍隊を放棄することになったの。
カルタゴは、自由貿易で復興したんだけど、カルタゴの経済を脅威だと
感じたローマ帝国によって、結局は滅ぼされたのね。そしてローマ帝国は
戦線拡大と同化しないゲルマン人によって内部崩壊した。だから日本を
カルタゴ、アメリカをローマ帝国とイタリア人は見ている。日本がカルタゴの
ようにならない為に核武装も最終手段として考えた方がいいよ。それが嫌なら、
もういっそ中国に併合されるしかないわね。その場合、日本語は捨てなさい。
中国は漢字圏の日本にはチベットのようにしないと思う。」と言われました。

個人的には核武装は反対です。しかし、中国の一部になった場合、日本に
アメリカやロシアを攻撃できる核兵器が持ち込まれるのは間違いないです。
そうすると平和国家である日本は中国の前線基地にさせられ、海外からの
イメージも悪くなると思います。なので、日本はアメリカの核兵器を買い、
専守防衛で核による先制攻撃をしないことを明言するようにした方がいいと
個人的に思います。僕は戦争で日本人が死ぬのは嫌ですが、大学の教授から
「戦争は侵略されても起こるよ」と言われ、ハッキリ言って絶望しました。

返信する
オトメンパパ

日本の将来に絶望する学生さま、こんにちは!

> イタリア人の女性にも言われました。彼女は現在アメリカに移住している20代です。

こちらの方のご意見、なるほどと読みました。大変参考になりました。ありがとうございます。
今の日米にとても似ていますね(^_^;) このお話、今度ブログでも取り上げてみようかと思います。

> 大学の教授から「戦争は侵略されても起こるよ」と言われ、ハッキリ言って絶望しました。

そうなんです!当たり前のことなんですが、なぜかこれに気づかない日本人はたくさんいます。
だから、侵略戦争はしないと明言した上で、矛盾している今の「戦争を放棄する」という謎の平和憲法を、私は改憲した方が良いと思います。

もちろん改憲しない、という選択肢もアリですが、その場合は改憲反対派に、中国に攻められないための何か、現状にプラスする「何か」の代替案を出してほしいと思います。
日本が海外になめられないための何かでもあります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。