日本史の事件!レポートにオススメな6選!

日本史事件

高校や大学で、日本史の事件をテーマにレポートを提出する課題が出ることってありますよね。

そんな時は、どんな事件を取り扱えば良いのでしょうか?

簡単な事件を扱うより、謎めいていたり、その当時の興味深い情勢を知ることができる事件ですと、見応えのあるレポートができますよね。

そこで今回は、明治以降(近代)の日本史で起こった事件を、いくつかご紹介します。

良し悪しではなく、日本って昔はこういう国だったんだな~と感慨深い内容です。

大津事件(1891年):対ロシアで大ピンチ!

ニコライ皇太子

明治時代の一大外交事件とも言われている、大津事件です。

滋賀県大津市で、ロシア帝国のニコライ皇太子に対し、警備にあたっていた警察官:津田三蔵が斬りかかり、皇太子が負傷します。

皇太子の命に別条はなかったものの、暗殺を試みたという国際的な大事件には変わりなく、対ロシア外交の上で、重大な問題となりました。

近代化して間もない当時のまだまだ弱小な日本に対し、ロシアは強大な存在であったため、国内は一時パニックに。

「加害者を死刑にせよ!」と政府に迫られるも、三権分立の立場を貫いた大審院院長(最高裁判所の長):児島惟謙は、津田に大逆罪を適用せず無期徒刑としました。現在も、一種の英雄として称えられています。

しかし、津田は収監されたあとですぐに死亡し、児島も裁判の翌年に賭博の疑いで辞職しました。なんだかきな臭いです・・・

また、畠山勇子という女性は、当時の日本と強国ロシアの立場を考慮して、「死んで詫びる」と遺書を残し、自殺をしました。このことは国際社会でも大きく報道され各国の同情をかい、ロシア側に報復させず、寛容な態度をとることにもつながったと言われています。

国の将来を心配して、直接の関係はないのに命をかける・・・凄まじい女性です。

スポンサーリンク

千島艦事件(1892年):イギリスに物申す!

明治時代の2つめにご紹介するのは、千島艦事件です。

瀬戸内海で日本海軍の船:千島イギリス商船:ピーオー汽船のラベンナ号が衝突、日本海軍の千島が沈没した事件です。この時、千島の乗員74人が死亡しました。

しかもこの千島、フランスで製造された船なのですが、日本に到着したその足で沈没です。。。

千島

この事件は、日本政府が訴訟の当事者として、外国の法廷に出廷した最初の事件で、領事裁判権の撤廃問題※と絡んで、日本国内外を巻きこむ政治問題にも発展しました。

領事裁判権とは?
外国人が日本で犯罪を犯した場合、日本の法律ではさばけず、日本にいるその外国人の国の領事が、外国の法律に基づき裁判を行うこと。現代ではあり得ない不平等条約の1つ。


日本は、損害賠償を85万円請求し、ピーオー汽船は日本政府へ10万円の損害賠償請求を行いました。

第一審の横浜の英国領事裁判所では日本がほぼ勝訴、次の第二審、上海の英国高等裁判所ではピーオー汽船の勝訴となりました。

これに不服とした日本は、イギリスの枢密院に上告し、結果、ピーオー汽船は約9万円の和解金と、日本の訴訟費用を支払い、和解(実質日本の勝訴)となりました。

加藤老事件(1915年):怖い冤罪事件

大正時代の加藤老事件です。

本来の加害者の嘘の供述によって共犯とされた男性:加藤新一に、事件後62年経ってから再審され、無罪が言い渡された事件です。

いわゆる、ひどい冤罪事件です。

62年経ってからの無罪判決は、日本の司法では最長です。調べてみると、当時のいい加減さが垣間見える悲しい事件です。

本来の加害者は、最初は別の人を共犯だと言いましたが、その人が取り調べの結果、無罪とわかると、加藤さんを共犯だと証言しました。

この時点でこの証言、信憑性がおかしいですよね・・・

加藤さんは無罪をずっと主張し続けましたが、無期懲役を言い渡されます。模範囚として十数年後には出所でき、その後も無罪を主張して再審請求を何度も行いましたが、却下され続けました。

1975年に白鳥事件という別の事件により、「疑わしい時は、被告人の利益とする」という白鳥決定という見解が示されたことがきっかけで、日本弁護士連合会が支援し、6度目にして再審が決まり、無罪となりました。

俺の人生、返せ!ですよね・・・

二・二六事件(1936年):近代日本でのクーデター!

226

激動の昭和時代からは、二・二六事件です。

1936年の2月26日から3日間に行った、軍の皇道派の青年将校によるクーデター未遂事件です。皇道派とは、天皇の親政を力づくでも実現しようとした勢力です。

青年将校らが奸臣※とみなした政府要人を暗殺し、昭和維新につなげるのが目的で、約1,500名の兵士が率いられて起きた、近代の日本で最大規模のクーデター事件です。

※奸臣とは?
高い地位について、賄賂などで私服を肥やすような、天皇と国に対して悪いことをして腐敗している重臣。

総理大臣官邸、内務大臣官邸や複数の大臣達の自宅、陸軍省に参謀本部、警視庁、複数の新聞社などが襲撃を受け、松尾陸軍大佐、高橋大蔵大臣、斎藤内大臣、渡辺陸軍大将、警察官5名が亡くなり、重軽傷者も多数出る大惨事となりました。

国のためを思い、天皇による政治を目指した226事件ですが、昭和天皇はこれに激怒し、反乱軍として武力鎮圧を命じました。


日本にも、こんな激しい時代があったのですね。軍は、本来は武力という力を持っているんだな、ということを思い出せる事件です。

この後、皇道派とは別の統制派という陸軍内のグループが発言力を増していき、太平洋戦争へのきっかけの1つとなったと言われています。

スポンサーリンク

盧溝橋事件(1937年):日中戦争へのきっかけ

盧溝橋事件は、北京郊外の盧溝橋で起きた、日本軍と中国国民党軍の衝突事件です。7月7日だったので七七事変とも言われている、日中による全面戦争の直接の導火線ともなった出来事です。

教科書にも載っていますし、知っている方も多いのではないかと思います。

盧溝橋事件

日本軍への発砲がきっかけですが、どこの誰が撃ったのかはハッキリしていないとされています。また、中国国民党軍にも、発砲がありました。お互い、「誰かに」発砲されたため、日本軍は国民党軍に発砲、国民党軍は日本に発砲されたと思い込み、衝突してしまいました。

4日後に一度は停戦協定が結ばれたのですが、中国側からの「通州事件※」などをきっかけに、再発。

通州事件とは?
7月29日に中国の通州で、在中国の日本人と日本軍が中国人部隊に強襲され、猟奇的な虐殺をされた事件。

通州事件は人間のできることではないほどの、凄まじい惨状だったようです。調べる際はご注意ください。。。非常に不愉快になります。

その後、衝突はエスカレートしていき、支那事変(日中戦争)となりました。さらにそれは拡大して、太平洋戦争へと繋がります(涙)

浅間山荘事件(1972年):テロ組織による人質事件

あさま山荘事件は、長野県軽井沢町で起こった、連合赤軍が人質をとって9日間もたてこもった事件です。死者3名と負傷者27名を出す大事件となりました。

連合赤軍とは?
毛沢東主義を掲げた、1971年頃の日本の革命テロ組織。共産主義。

この事件が起こるまでに、彼らは様々な犯行を繰返し逃走していました。そして、警察に追われ、逃げている最中に軽井沢に出て、そこで浅間山荘にたてこもりました。

極寒の中での犯人と警察の攻防や、鉄球での浅間山荘の破壊シーンなど、衝撃的なテレビ中継の映像は、当時の日本の人々に大きなショックを与えました。

さいごに

レポートにおすすめの日本史の事件でした。

割と有名だと思える事件を挙げてみましたが、興味深いものがあれば幸いです。

やはり、太平洋戦争前後の日本の激動は、本当に凄いですね。生き抜いてこられた先人達に脱帽です(^^;

現代は本当に平和だな、と思えますが、この平和をしっかり守っていくためにも、過去の日本史や国際情勢を勉強するのはとても大切ですね。

興味のある事件、調べてみるとおもしろいですよ♪

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする