看護師の仕事内容!具体的には何をするの?

元看護師のMさんのご協力のおかげで、
3回目となった、看護師シリーズです(笑)


今回も、前回に続き看護師さんの仕事内容について、
聞いてきました!


しかし、想像していたよりも、看護師さんには、
たくさんの作業がありました。

「白衣の天使というイメージだけど、実はけっこうハード?」
なんて思っていましたが、本当にハードなお仕事でした(´ー`A;)

今後は、病院で看護師さんを見かけると、
必要以上に優しく接してしまいそうです!

それでは、白衣の天使予備軍の方も、白衣の天使に憧れている方も、
皆気になるお仕事の内容と勤務形態、いってみましょう!

スポンサーリンク

看護師の仕事内容を一覧で!

pcを使うナース


看護士さんの、具体的な仕事内容の一覧です。

看護師の具体的な仕事内容

  • 朝の申し送り(カンファレンス)
    患者さんの前日から夜の状態を夜勤看護師から聞き、情報収集を行う。
  • チームで話し合い
    その日の患者さんにどんな援助をするか、2チームに分かれてミーティングを行う。患者さんもチームで分かれ、看護師一人に対し5~8人を受け持つ。
  • 患者さんの経過観察
    受け持った患者さんの病気や経過を把握する。
  • 医師への報告
    患者さんに変わった事があれば医師に報告し、一人一人のニーズに合わせた援助を行う。
  • 血圧、体温、脈などの測定
    治療の補助を行う。
  • 全身清拭
    体を清潔に保つために拭く事。道具を持ち、訪問して回る。
  • 食事介助
    自分で食事を食べられない人の介助。
  • 入浴介助
    自分で入浴できない人の介助。
  • 患者さんの移送や誘導
    検査、手術、リハビリと患者さんの予定に合わせ、移送や誘導などを行う。
  • ナースコールの対応
  • 患者さんとの雑談
    患者さんの話に耳を傾けたり、時には患者さんの家族の相談にのったり。
  • 次の夜勤担当の看護師への引き継ぎ
    1日の終わりには、次の夜勤担当の看護師のために、その日担当の患者さんの記録をつける。


以上が、看護師の具体的な仕事内容になります。


う~ん、しかしなかなかの仕事量ですね(^_^;

実際に、看護師の業務は山積みで、
時間が足りないと思うことが、度々あるそうですよ。

その日一日の、行動計画を立てながら行わないと、
仕事は終わらない、とMさんは話していました。


患者さんとの会話も、中々忙しくて、
したくても業務に追われてできないことも多々あるそうです。


ちなみに、Mさんの病院は電子カルテになって、
記録を書かないだけ楽になった~と言っていました。


ついでに、夜勤などの勤務形態についても、
聞いてきましたので、次で見てみましょう。

スポンサーリンク

勤務形態は2交代制と3交代制どっちがキツイ?

ナースと患者


病院などの勤務に夜勤があるのは、素人にも有名ですよね。

こちらは交代制で行われていて、
主に、2種類の勤務形態があります。

早出勤務や遅出勤務などもあり、勤務形態の種類は多いそうです。


そして夜勤には、2交代制と3交代制の、2つがあります。

  • 2交代制
    日勤と夜勤に分かれている。
    日勤は夕方5時か5時30分頃まで勤務し、夜勤は途中2~3時間の仮眠をはさんで、翌朝10時頃まで勤務を行う。
  • 3交代制
    日勤、準夜勤、深夜勤と8時間毎に区切られている。


体力的にキツイのは、3交替制の方みたいですね。

2交替制の方は仮眠を取れるので、2交替制の勤務形態を
好む看護師さんも多く居るようです。


Mさんの勤務する病院は柔軟で、両方選択できるそうですが、
やはり2交代制を選ぶ人の方が、多いそうです。


夜勤明けは、もう家に帰ったらぐったりで、
Mさんは最高15時間、眠り続けたことがあるんですって( ̄▽ ̄)

さいごに

看護士の仕事内容と勤務形態でした!

いや~しかし、Mさんの話しを聞いて、分かってはいたのですが、
看護師さんの仕事は、本当に大変ですね。

医学技術も日進月歩で、それに追いつくために、
日々の勉強も、ちゃんとしなければいけないそうです。

Mさんの病院でも、研修会や事例発表会など、
出席しなければならない会が多くあった、とのことでした。


しかし、仕事もハードで責任も重いもの、患者さんの笑顔を見たり、
感謝されると頑張れる!
とも話されていました。

う~ん、マジ天使!ですね( ´∀`)b

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

facebook