確定申告の方法は?初めてでもコレで安心!

私が初めて確定申告をしたのは、20代前半に、
株で利益が出た時でした。

とても小さな利益でしたが、確定申告をすることで、
誇らしげに思えたりもしました( ´∀`)

とはいうものの、非常に難しかったのが、
強く印象に残っていますが・・・


今回は、そんな確定申告の方法や手順初めての方にも、
FPでもある管理人が、できるだけシンプルにご紹介しようと思います。

ただ、税金に関しては、法改正で詳細な部分が、
毎年ちょこちょこと変わっちゃいます。

そのため当記事では、あまり変わらない普遍的な部分についての、
確定申告の方法や手順について、ご紹介しますね。

では、一緒に見ていきましょう^^

確定申告の方法は?種類は?

税金の書類


まず、確定申告を行う方法です。

  • 確定申告用紙に記入
  • 確定申告ソフトを利用
  • 国税庁HPの確定申告書等作成コーナーを利用


オーソドックスな方法は、確定申告用紙への記入ですが、
これは、オススメできません

初めての場合は、とても面倒で難しく感じます。

(?_?)になってしまいます(^^;


また、確定申告ソフトの利用は、個人事業主の方が、
青色申告をする場合で、帳簿付けの必要がある場合、最適です。

きちんとデータを入力していけば、確定申告書類を、
自動で作成してくれます。

ただ、初めての方で、帳簿付けまでは必要ない申告の場合、
一番のおすすめはズバリ、国税庁HPの確定申告書等作成コーナーです!(^^)!


確定申告をできるだけ簡単にするなら、こちらが鉄板です(笑)


画面の案内に従って、記入していき、
最後はプリンタで印刷すれば、出来上がりです。

または、作成した確定申告データを、
e-Tax(電子申告・納税システム)へ送信することも可能です。
(事前に準備が必要)


さすが国!と言える、使いやすさですし、
気になるセキュリティも、安心して利用できますね。

私も、何度もお世話になっています^^

スポンサーリンク

確定申告の期間は?いつからいつまで?

確定申告の期間は、1月1日から12月31日までの所得については、
翌年2月16日から3月15日までとなっています。

3/15がお休みの場合は、基本的に翌日が締切となることが、多いです。


還付申告の場合は、翌年1月1日から可能です。

続いて、用紙について、見てみましょう。

確定申告用紙の種類

確定申告の用紙は、所得※によって、2種類あります。
※所得は収入から必要経費を差し引いたものです。

  • 申告書A様式
    給与所得・配当所得・一時所得・雑所得を申告する人用
  • 申告書B様式
    A様式の所得または、不動産所得や事業所得を申告する人用
  • 申告書第三表(分離課税用)
    株や土地・建物の譲渡などの、申告分離課税に該当する場合、申告書Bに添付


サラリーマンの方が、副業の収入を申告する場合や、
医療費や住宅ローン控除をする場合は、A様式でOKです。

個人事業主の方や、株の譲渡所得がある場合は、B様式ですね。

でも、ケースバイケースなので、所轄の税務署に
電話して確認するのが、一番手っ取り早く、確実です。


では、確定申告は、どんな手順で進めれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

確定申告の手順は?進め方は?

確定申告の手順は、ざっくりと次のようになります。

  1. 年間を通して該当する領収書を保存しておく
  2. 源泉徴収票や住宅ローン残高証明書などの必要書類を用意
  3. 収入を整理する
  4. 確定申告書類を作成する
  5. 税務署に提出する
  6. 納税する又は還付金を受け取る


それぞれ、見ていきましょう。

年間を通して領収書を保存しておく

カメラ


※こちらは、個人事業主の方や、副業をされている方を想定しています。

税金は、収入に対して課税されるのですが、
収入の全てに課税されるわけではありません


収入から、そのお金を稼ぐために必要だった、
経費を引いた額(=所得)に対して、課税されます。


例えば、8万円で仕入れたライカの輸入カメラを、
10万円で売ることができたら、2万円の儲けです。

そしてさらに、その2万円から各種の経費を引きます

その時の証明書として、領収書が必要です。

ライカのカメラを8万円で買った(仕入れた)事の証明ですね。

他に、ライカについて知識をつけるための書籍代、
ライカのカメラを仕入れるための、お店までの交通費、
などの領収書を保存しておきます。

あ、公共機関の交通費は、領収書は不要ですね(^^;


今回は、その他の経費を2,000円として考えると、
1万8千円が所得となり、その所得が課税対象となるわけですね。
(ただし所得が20万円を超えない場合、確定申告は免除)

なので、経費の証拠となる領収書は、きちんととっておきましょう。

経費になるかどうかの判断基準は、

その収入を得るために、必要な出費だったかどうか?

です。

記事を書くために、必要な書籍や雑誌の出費は、
経費としてイメージしやすいのですが、講師として呼ばれた場合に
スーツを新調した、などの場合は認められにくいようです。

源泉徴収票や住宅ローン残高証明書などの必要書類を用意

年末調整の結果の、所得税や社会保険の金額が、
源泉徴収票に記載されています。

確定申告の用紙に、その金額をそのまま記入しますので、
源泉徴収票を用意しましょう。


住宅ローン控除を利用する場合は、秋頃に金融機関から送られてくる、
住宅ローン残高証明書を用意しましょう。

収入を整理する

電卓


収入は、銀行振り込みであれば、通帳を用意します。

講演会などで、手渡しの謝礼であれば、先方の名称や金額を
メモなどに残しておきましょう。

それらを用意して、確定申告用紙の収入欄に記入します。

確定申告書類を作成する

上記でご紹介した、国税庁HPの確定申告書等作成コーナーを利用するか、
気合と根性でボールペンで記入するか、です、

質問に答えていく形式で、申告書類が作成されますので、
確定申告書等作成コーナーを、強くオススメします(笑)

確定申告書が作成できたら、いよいよ提出です。

税務署に提出する

確定申告書の提出には、いくつかの方法があります。

  • 税務署へ持参
  • 税務署へ郵送
  • 利用者の多い駅に設置された出張所など
  • 役所などに設置された出張所など
  • e-Tax


私はいつも、郵送でした。

ただ、郵送の場合は、提出期限内に届くかどうか
気を付けましょう(当日消印は有効)。


また、主要な駅や市役所などには、確定申告用紙を
受け付けてくれるコーナーが設置されることがあります。

そういうところが、通勤途中などにあるとラッキーですね^^


e-Taxは、ネットで申請が完結するため、とても便利ですが、
事前にカードリーダーなどの準備が必要です。

思い立ってその場でe-Tax・・・は、ほぼできないので、
前もって準備しておきましょう。


続いて、納税と還付金の受け取りです。

納税する又は還付金を受け取る

納税の期限も、確定申告の提出期限と同じです。

ペナルティを受けないよう、余裕を持って納税しましょう。

  • 現金で納付
    金融機関又は所轄税務署にて納付します。納付書は税務署にあります。
  • 金融機関の口座から振替
    あらかじめ口座振替依頼書を提出します。
  • ネットバンキングを利用して電子納税
    e-Tax(国税電子申告・納税システム)の場合、あらかじめ開始届出書や、ダイレクト納付利用届出書を提出することで、ネットバンキングなどで納税できます。
  • コンビニで納付
    税務署からコンビニ支払が可能な納付書を交付された場合(督促など)は、コンビニで納付できます。


相続税などは、物納も利用できますが、今回はあまり関係ないでしょうか。

注意点として、税務署から納税の通知書みたいなものは、
基本的にこないので、自分で期限内に納付する必要があります。


還付金は、指定した銀行に振り込まれます。

確定申告書の提出者本人の口座を記入して、
楽しみに待ちましょう(笑)

還付される時期は私の場合、4月の上旬~中旬頃が多かったです。

さいごに

確定申告の方法は、いかがでしたでしょうか?

ややこしいようで、実は本当にややこしい確定申告も(笑)、
国税庁HPの、確定申告書作成コーナーのおかげで、
かなりマシになりました。

次回は、サラリーマンの副業の確定申告について、
ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする