集団的自衛権!グレーゾーンとは?現在の問題点は?

先日、防衛省関係の方の、講演会に参加する機会がありました。

今、ホットな話題である「集団的自衛権」がテーマです。

その講演会で、特に強調して、
おっしゃっていたことがありました。

それは、

防衛上の事態にしてはいけない

という点です。


そのため、そうならないために、
グレーな事態で抑える事が大切と言われていました。

グレーな事態とかグレーゾーンって、ニュースでも耳にしますよね。

実際には、どういう事態を言うのでしょうか?

そこで今回は、

集団的自衛権のグレーゾーンとは何?

こちらをわかりやすく、ご紹介したいと思います!

集団的自衛権のグレーゾーンとは?

グレーなイメージ


グレーな事態、グレーゾーンとは、どういう事態を言うのでしょうか?

グレーなので、白と黒の間です。

国防上、白(平時)でもなく黒(有事)まではいかない、
でも、危険な問題をはらんでいる微妙な事態です。


どういうことかと言うと、

  • 外国からの武力攻撃というほどではない
  • そのため、自衛隊を出動させることは難しい
  • でも、海上保安庁などの警察権と力では対処しきれない


こういう場合が、グレーゾーン、グレーな事態です。


具体的には、どういう事態なのでしょうか?

こちらも見ていきましょう!

スポンサーリンク

グレーゾーンの具体的な事態とは?

グレーゾーン、グレーな事態では、
次のような場面が想定されています。

  • 離島での武装漁民の不法行為
  • 離島の武装漁民による不法占拠
  • 日本領海から退去しない外国艦船・潜水艦への対応
  • 公海で襲撃された民間船の救援
  • 公海上での不法行為に自衛隊が遭遇した場合
  • ミサイル発射への破壊措置
  • 朝鮮半島での紛争


尖閣諸島の防衛や、中国による領海侵犯
意識したものが多いですね。

武装漁民が、強力な武器を持っていて、
警察の持つ武器では対処できない場合などです。

こういった時に、自衛隊を出動させて対応しよう、
という政府の考えがあるようです。


では、このグレーな事態に対する対応で、
現行法では、どんな対応ができるのでしょうか?

こちらも見てみましょう。

スポンサーリンク

グレーゾーンへの現行法での対応は?

現在の自衛隊法には、78条に、次のように、
警備行動や治安出動が定められています。

自衛隊法78条の治安出動
(命令による治安出動)

第78条 内閣総理大臣は、間接侵略その他の緊急事態に際して、一般の警察力をもつては、治安を維持することができないと認められる場合には、自衛隊の全部又は一部の出動を命ずることができる
2 内閣総理大臣は、前項の規定による出動を命じた場合には、出動を命じた日から20日以内に国会に付議して、その承認を求めなければならない。ただし、国会が閉会中の場合又は衆議院が解散されている場合には、その後最初に召集される国会において、すみやかに、その承認を求めなければならない。

(3は略)


有事の時の「防衛出動」ではなく、緊急事態の時の、
「治安出動」ですね。

要約すると、次のようになります。

  • 侵略や緊急事態により、警察力では治安が維持できない場合、首相は、自衛隊を出動させることができる
  • 出動を命じたら、20日以内に国会の承認を得る必要がある


あれ?

このままでも、グレーゾーンに対応できそうですね?

実際に公明党は、現行法制に隙間はないとして、
集団的自衛権には反対していました。


では何が問題と、政府(自民党)は言うのでしょうか?

グレーゾーンへの対応の問題点は?

例えば、外国の戦闘機が領空侵犯をしてきた場合は、
防衛大臣が命令すれば、迅速に自衛隊が出動できます。

戦闘機イメージ


1秒でも早く対処しないといけない緊急事態なので、
閣議決定や首相の承認はいりません。


しかし、グレーゾーンへの対応の場合は、
そこまでの緊急性がないとされているので、即応できません

そのため自民党は、グレーな事態に対しても、

防衛大臣や首相の命令だけで、迅速に対応することが、

できるようにしようとしています。

おわりに

集団的自衛権のグレーゾーンとは?でした。

集団的自衛権に反対する意見で、アメリカの戦争に加担させられる!

という意見が多いですね。

私も、そんなのは、まっぴらごめんです。

ただ、現在の国際情勢と法整備では、
国防に隙間があるようにも思います。

集団的自衛権について、政府がどうしようとしているのか?

じっくり監視を続けて、国民が正しい判断ができるように
なったら最高ですね。

一時だけ盛り上がるのではなく。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする