投資信託の分配金!ありなしどっちが良いの?理由は?

先日、ブログの読者さんから、こんな質問を
いただきました。

投資信託って分配金ありと、なしがあるけど、
 どう違うの?どっちがお得なの?」

「調べてみると、分配金なしの方がお得そうだけど、
 分配金ありの投資信託も、かなり売れているみたいだし・・・」


わかりやすく教えて~(≧_≦)

というものでした。

そこで、投資信託の分配金ありとなしではどっちがお得なのか?
その理由も一緒に、ご紹介したいと思います^^

投資信託は分配金なしがオススメ!

ファンドマネージャー

投資信託には、次の2つのタイプがあります。

  • 分配金があるタイプ
    毎月や半年、1年毎にお金が支払われる
  • 分配金がないタイプ
    解約するまでお金は支払われない


これってどちらが良いのでしょうか?

毎月、口座に入金される分配金ありは、
けっこう魅力的に見えます。

老後の年金の足しに良いかも~♪

なんて思えたりもします。


でも、お金を増やす!という場合なら、
断然、分配金がないタイプがオススメです。

次で、その理由を見てみましょう^^

スポンサーリンク

分配型のデメリット!分配金ありがおすすめできない理由!

分配型の投資信託がおすすめできない理由は、
いくつかあります。

それらに共通しているのは、
分配金を配ることは資産運用にはマイナス
という点です。

収益で見ると、同じの利率だったらこうなります。

分配金なし > 分配金あり

ではどうして、このようになるのか?
次の2つの理由があります。

分配型(分配金あり)がオススメでない理由

  1. 複利の効果が狙えない
  2. 分配金は利益が出ていない時も支払われる

では、それぞれ見ていきましょう!

複利の効果が狙えない

せっかく資産運用をするわけなので、
効率良く増やしたいですよね?

それなら、複利の効果を活用するのが一番です。


複利は、増えたお金を元手に組み込んで、再投資!
また増えたらそれも元手に再投資!

を繰り返します。


複利については、以前に詳しくまとめました。

確定拠出年金と退職金の違いは?複利の凄さとは!!

この複利ですが、あなどれないんですよ~。

アインシュタインも「人間の最大の発明は複利だ」と
言ってますしね^^


この複利に対して、再投資しない場合は単利と呼びます。

では、それぞれ分配金ありなし(単利と複利)で、
実際に計算してみましょう。

<分配金ありの場合(単利)>

  • 元金100万円
  • 年利3%で運用
  • 分配金は毎年3万円
  • 税金は20%
  • 20年間運用する

1年で3%なので、1年後103万円になる計算です。

その増えた3万円を分配金としてもらいます。

  • 分配金:(毎年3万円-税金6千円)×20年=48万円
  • 税金:6千円×20年=12万円

20年後には、元本は100万円のままで、
単利で48万円のリターンが得られました^^


続いて、分配金なしの場合です。

3%の利益分を再投資しました。

<分配金なしの場合(複利)>

  • 元金100万円
  • 年利3%で運用
  • 分配金はなし
  • 税金は20%
  • 20年間運用する

1年で3%なので、1年後103万円になる計算です。

  • 1年後、100万円⇒103万円になりました
  • 2年後、103万円⇒106万900円になりました
  • 3年後、106万900円⇒109万2,727円になりました
  • ・・・
  • 20年後、180万6,111円になります
  • 税金:(180万6,111-100万)×20%=16万1,222円

20年後には、複利で64万4千円分のリターンが得られました^^


単利では48万円で、複利では約64万円でした。

3年目までだと、単利の時より2,727円増えているだけですが、
20年後は、16万円の差

大きいですよね~( ´∀`)

毎年、分配金からは20%も税金が引かれてしまうのも、分配金ありが、資産形成に向いていない大きな理由です。


投資金額が大きくなると、さらに差も大きくなりますので、
分配金なしの複利運用が、おすすめなんですね。


続いて、分配金は、利益が出ていなくても、
支払われますが、それは元本そのものなんですよ~
というお話です。

スポンサーリンク

分配金は元本なの!?利益が出ていない時ももらえるけど・・・

毎月、お金が振り込まれるのって、なかなか素敵です( ´∀`)

ただ、それが元本を取り崩しているだけだったら、
どうでしょう?

せっかく資産運用をするために、投資したのに、
それを小分けにして、返してもらっているだけだとしたら・・・


利益が出ていない時も、分配金は支払われますが、
この時の原資は、元本の一部です。

元本を取り崩して、受け取っているだけになります。

なので、この時の分配金のことを、元本払戻金※と言います。
※以前は、特別分配金という名称でした。

なんだか本末転倒ですね(^^;


元本を取り崩した分、基準価格と呼ばれる、
投資信託自体の値段も低くなってしまいます。


では、分配金ありの投資信託は、
どんな時も使えないのでしょうか?

こちらも見てみましょう。

じゃあ分配金があるタイプの投資信託はダメなの?

資産を効率良く増やすという点では、分配金があるタイプは、
上記の通り、向いていません。

しかし、年金生活をしている高齢者の方で、
生活費の足しにしていきたいなどの理由がある場合は、
需要がありました

上記の計算の例の場合、20年後よりも毎年利益を得たい!という場合、分配金ありの投資信託は、理にかなっていました。


「あります」でなく、過去形なんです。

なぜなら今は、「投信自動売却サービス※」があります。

これは、毎月など、あらかじめ決めた期間ごとに、
投資信託の一部の決めた金額を、自動で売却していくサービスです。

その売却分のお金を、定期的に受け取ります^^


長い間運用してきた投資信託を、定年退職後も運用しつつ、
このサービスも利用する、という使い方も良いでしょう。


SBI証券が、取扱い投資信託も多く力を入れているようです。

手数料は、無料のものもあり、分配金アリの投資信託よりも、
安くなっていることが多いため、こちらを利用する方が、
お得度は高いと言えます^^

※証券会社によっては、定時受取サービス、定期引出サービスなど、サービス名が変わることがあります。

まとめ

資産形成をするなら、分配金のないタイプ!

というお話でした^^

理由は、次の通りです。

  • 分配金は再投資した方が複利効果が狙える
  • 分配金には税金がかかる
  • 利益が出ていない時は取り崩しているだけ


また、ある程度は長期で運用しつつも、
定期的にお金を引出したい、という場合には、
投信自動売却サービスがオススメですよ^^

というお話でした。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする