SEとプログラマーの違いは?仕事内容に相違点はあるの?

コンピューターを覚えたい!!
と、15年前の私は強く思いました。

当時ITバブルがあり、コンピューターがとても流行っていました。

ITの祭りか!というくらい、猫も杓子もドットコムだったのですが、もともと「手に職を!」なんて思っていた私は、ころっと、その先兵になりました(笑)

私は当時営業マンだったのですが、すっかりシステム業界のとりこになってしまい、まったくの未経験で転職をはたします。

それから18年、私は、プログラマ・SE(システムエンジニア)として、正社員とフリーランスという形態で働いてきました。
(最近は開発もしますが、主にアフィリエイトで生計をたてています。)

そんな中、システム業界って3K(きつい・帰れない・給料が安い)って言われたりもします。

または、手に職をつけられる技術職だから食いっぱぐれずに生きていける、とか。

実際はどうなんでしょうか?

今回は、システム業界を支える、SEとプログラマーの違いについて、詳しくご紹介したいと思います。

システムエンジニアとプログラマーの違いとは?

デスクワーク

両者の違いは、ズバリ仕事内容です。

システム開発は、開発フェーズと呼ばれる手順があって、この開発フェーズ毎に担当者がいます(後述)。

システムエンジニアは、顧客からどんなシステムが欲しいのかを聞き、システムの全体から詳細な部分までの設計を担当する人になります。

そして、そのシステムをプログラマーさんを使って作り上げ、テストして、運用するところまで持っていくのが仕事です。

プログラマーは、システムエンジニアの設計通りに動作する、プログラムを実際に作る(プログラミングする)人になります。

以下、プログラマーをPG、システムエンジニアをSEと記載します

スポンサーリンク

システムの開発フェーズ&仕事内容

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_m

システムの開発は、次のフェーズがあります。

システム開発フェーズ
  1. 要求分析(SE)
    ⇒どういったシステムが欲しいのか顧客に聞く
  2. 要件定義(SE)
    ⇒要求分析の内容をまとめる
  3. 基本設計(SE)
    ⇒システムを何で構成するか決める(サーバースペック、ネットワーク、
    セキュリティ、開発言語、データベース等多岐に渡る)
    ※中規模以上の開発では、たいていインフラ専門のエンジニアが加わります。
  4. 詳細設計(SE)
    ⇒プログラミングをするための細かな設計を行う
  5. プログラミング(PG)
    ⇒プログラミングしてプログラムを作成する
  6. 単体テスト(PG)
    ⇒プログラムがちゃんと単体で動作するかテストを行う
  7. 結合テスト(SE)
    ⇒複数のプログラムを連携させてテストを行う
  8. システム(又は総合)テスト(SE)
    ⇒本番さながらに全てのシステムを動作させたテストを行う
  9. 運用テスト(SE)
    ⇒本番稼働前に顧客に使ってもらい最終チェックを行う
  10. 本番稼働(カットオーバー)
    ⇒システムが実際に動き出す

開発フェーズってたくさんありますね(笑)

ちなみにSEは、システムの規模(小さい場合)にもよりますが、プログラミングも担当することもあります。

また会社にもよりますが、新入社員として入社後PGをしつつ、じょじょに数年かけてSEの仕事も覚えていく、という流れが多いです。

スポンサーリンク

システム業界は3K(きつい・帰れない・給料が安い)って本当?

悩むサラリーマン2

これは、会社の規模と時期、個人の感じ方によります。

人によって、辛さや楽しさの感じ方が違うので難しいのですが、一般論でいうと、他の職種に比べて、ややきついかな?という気がします。

短い納期で大量のプログラムを作らなければならない場合は、体力的にかなりきつくなります。

実際に1年はかかるだろう、というシステムの場合でも、なぜか顧客との契約では、10カ月後に本番稼働、みたいな案件が多いのです。

その足りない2か月どうするの?

って仕事をとってきた人に聞きますが、無視されるか、逆ギレされるかのどちらかが多いです(笑)

実は、営業さんとのコミュニケーションも大切です。

逆ギレの言い分
  • この納期じゃないと仕事なんか取れないんだぞ!
  • それを間に合わせるのかお前の仕事だ!
  • そんな弱気でどうする!
  • そんな事言ってたら仕事なくなるよ?

そして、納期が近づき、いよいよヤバくなってきた場合、予算に余裕があるシステムは、追加で人が投入されます。

予算の厳しい場合(だいたいがこちら)は、気合いと根性(涙)で、なんとかしなければならなくなります。

そして、なんとかならないことが多いのですが、そういった場合にはデスマーチと呼ばれる、

残業⇒徹夜⇒残業⇒土日出勤⇒点滴⇒残業⇒徹夜・・・

みたいなローテーションが発生します。

まあ、実際にデスマーチはそんなにありません。
(私の場合、3、4年に1回あるかないかくらいでした)

それにこの期間ってあとから思い返すと、だいたいが話のネタになり、面白おかしく語られます。

そのため、こういう時期は2K(きつい・帰れない)になります。

残業代が多くなるので、給料が安いは該当しなくなります( ´∀`)

そうでない比較的おだやかな時期は残業代が出ないので1K(給料が安い)ですね。

営業のお仕事のように、売上関連のストレスなどは少なくなります。会社によっては仕事とってこい!と言われるSEもいますが、基本は営業マンがいるはずなので、営業マンに比べると、ノルマなどはあってもマイルドです。

おわりに

SEとプログラマーの違いや、仕事内容はいかがでしたでしょうか?

この業種は、常に勉強が必要ですが、逆にスキルアップの勉強が好きならかなりおすすめで、食いっぱぐれることはないでしょう。

また、こちらのTechAcademyのブートキャンプでは、オンラインでプログラミングを学ぶことができますので、自分のペースで学びたい時に、オススメです。

日本e-Learning大賞でプログラミング教育特別部門賞を受賞しているので、安心ですね^^
無料体験レッスンから試してみるのも良いでしょう。



どこの会社にも、コンピューターオタクな人がいますが、そういう人が、コミュニケーション能力もそこそこあるなら天職になり得ますね^^

また、気になる年収についても記事にしました。良かったらご覧ください!

プログラマーとSEの年収!低いの?高いの?SEが暴露!

6 Comments

Shinya

どのサイトより参考になりました。また、非常に読みやすかったです。

有難うございます(*^^*)

返信する
まる

とても分かり易い説明でした。自分はまだ学生なのですが、将来SEになるか、プログラマーになるか悩んでます。

 あと、このサイトは何と言うテンプレートで作られているのでしょうか? 

もし宜しければご回答頂けると幸いです。

返信する
オトメンパパ

まるさま、初めまして!
コメントありがとうございます。
テンプレートはリファインSNOW2です。

これ、使いやすくておすすめですよ~

返信する
まる

なるほど。ご回答有難うございます。
 今後どちらを目指すか更に迷いました(笑)
 あと、リファインSNOWは私も使っているのですがどうやってスマホ版に対応させているのでしょうか?
 ご回答頂けると幸いです。

返信する
オトメンパパ

まるさん

リファインSNOW「2」です。
そのため、自動でスマホ対応してくれますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。