消費税とは?外国と比較してみた結果は?

消費税が8%から10%に増税されることが、
決定してしまいましたね( ;∀;)

増税は、平成29年4月には10%へ引上げられる予定です。

消費税!10%への増税はいつから?

当ブログでは、過去何度も増税反対を記事にしてきたのですが・・・

まったく世知辛い世の中です( `ー´)ノ


さて、今回はそんな身近な消費税ですが、実際にどんな税金で、
どう使われているのでしょう?

また、日本以外の諸外国では消費税の税率など比較すると、
どうなっているのか?ご紹介したいと思います。

では、いってみましょう!

消費税とは?どんな税金?

percent-76205_640


消費税は、1954年に世界で初めてフランスで導入され、
日本へは最初3%で、1989年に導入されました。

この時から、
老若男女、大富豪もそうでない人も、平等に課せられる税金
誕生しました(ー_ー)

スポンサーリンク

消費税とは?消費税は間接税

税金には、直接税と間接税があります。

直接税は、税金を払う人が直接国に納める税金ですね。


間接税を払う人は、商品やサービスを買った人です。

お店などで、買った商品の値段と一緒に払います。

でも、国に消費税を納めにいくわけではありません

そして、その消費税は、商品を売ったお店が、
預かっておいて、後で国に納めます。

それで間接的に払う税だから間接税といいます。

消費税は国税と地方税が合体?使い道は?

消費税は、5%のうち4%が国税となっていて、
残り1%は地方税となっています。

さらに、国税4%のうちの29.5%は、地方交付税として、地方に交付されます。

使い道は、消費税の国税部分は、
その全てが、福祉関連への予算となっています。


年金や老人医療費、介護などの、
主に老後の安心のために使われています。

今後、増税となる部分については、
公共事業などに使っても良し、となるようです。

また、地方税部分と地方交付税の分の使い道は、
地方にまかされている状態です。

地方税部分と地方交付税の分の使い道

  • 国の予算となる部分が約3%
  • 地方の予算となる部分が約2%

スポンサーリンク

外国の消費税率は?

percent-99376_640


消費税は、外国では付加価値税とも呼ばれています。

各国の消費税率です。

消費税率
イギリス20
フランス19.6
ドイツ19
中国17
韓国10
オーストラリア10
スウェーデン25
メキシコ15


各国とも、けっこう高いですね。

アメリカには国(連邦政府)としての消費税はありません。

州や市で課税しているため、地域によってバラバラです。

例えば、カリフォルニア州サンフランシスコ市では、8.75%ですが、
食材には課税されません。

同じように、イギリスやフランス、ドイツ、中国、オーストラリアや
スウェーデン、メキシコなども、食料品や住宅関連費などは5%や6%と低いか、
または無税となっています。

つまり生活必需品には優しく、ぜいたく品と呼べるものには、多めに課税されます。

この仕組みは、全て一律の日本とは全く違いますね。


また、スウェーデンはとても税率が高いのですが、
医療費や教育費は無料で、老後の心配もいりません(^▽^)

おまけ:世界の幸福度ランキング!

実際に先ほどのスウェーデンは、世界の幸福度ランキングでいつも、
ベスト10入りしていて、2013は5位となっています。

スウェーデンダンス


ちなみに、日本は何位なのでしょうか?

なんと、43位・・・orz

低いんですね!

正直、もっと高いと思っていました・・・

消費税を上げるより、
幸福度を上げてほしいな!

と思いました(笑)

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする